争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●もし水爆が日本に落とされれ..
at 2017-04-21 21:32
●北朝鮮から日本にミサイルを..
at 2017-04-14 08:47
●北朝鮮の危機迫る !!
at 2017-04-13 13:47
●北朝鮮のミサイル4発が、日..
at 2017-04-06 22:24
●南朝鮮の次期政権は北朝鮮の..
at 2017-04-05 21:58
●元北朝鮮兵器開発者は語る
at 2017-04-01 15:21
●中国に迫る経済大崩壊
at 2017-03-30 21:49
●日本にとって脅威、中国が配..
at 2017-03-27 22:08
●レーダー5号機は、他国の軍..
at 2017-03-18 23:18
●中国人曰く、「いつまでたっ..
at 2017-03-12 11:59
●2013年のエドガー・ケイ..
at 2017-03-11 15:20
●第2次大戦中、日本政府や日..
at 2017-02-28 12:28
●海自の新型護衛艦を4年間で..
at 2017-02-18 23:08
●日本の主要メディアはほとん..
at 2017-02-13 20:34
●尖閣と竹島は、昔から「我が..
at 2017-01-29 23:32
●呉善花(オ・ソンファ)さん..
at 2017-01-22 23:41
●トランプに期待するな、「日..
at 2017-01-19 21:42
●国と国の約束を違(たが)え..
at 2017-01-11 22:44
●防衛省、ミサイル防衛「TH..
at 2017-01-05 23:56
●春風献上 2017
at 2017-01-01 00:00

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

●タイも、あんな安かろう悪かろうパッチもんをよく買うな!



タイの国民のためにも、少々高かろうが日本の新幹線が良いに決まっている。世界一の安全と安心をもっともっと日本政府は、アピールしてほしい。なにしろ、1964年(昭和39年)10月1日に最初の新幹線である東海道新幹線が開業して以来、50年近くの長期にわたって列車に乗車中の乗客が死亡する事故は発生していないんだから。下の写真のような、どこかの国のいいかげんな商品を絶対に買わさせてはいけない。



e0199834_7355783.jpg

e0199834_7372923.jpg


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成25(2013)年11月15日(金曜日)      通巻第4065号  



日中新幹線、争奪戦の舞台は東南アジア
  

後発の中国新幹線がタイで成約、日本は技術世界一なのに何故?


タイのインラック首相は先月、中国の李克強首相を迎え、タイに建設予定の新幹線は中国企業と一部契約する意向を伝えた。


日本が熱心に売り込みを図ってきたが、物量作戦とプロジェクト費用の安さに惹かれたようで、日本は技術ならびに「半世紀無事故」という強みも、価格戦争には叶わない側面がある。

しかし日本が売り込みに先行しつつ、後発の中国の新幹線とプロジェクト争奪戦を展開する主戦場は米国ではなく、東南アジアである。


タイの他、ベトナム、インドネシア、シンガポール、マレーシアと日本企業連合の新幹線ビジネスは伯仲している。

中国語新聞『陽光導報』(2013年11月7日付け)は、日本新幹線vs中国高速鉄道(高鉄)の「東盟争奪戦」を特集した。(「東盟」はアセアンの意味)。

いわく「日本は大東亜共栄圏の再構築を狙って新幹線売り込みに官民挙げて躍起となっているが、これはアセアン、ならびに東アジア首脳会議を舞台に繰り広げられる政治抗争の側面があり、後発中国と雖も、アジアに於ける政治主導を重視するための象徴的プロジェクトである」云々と論評した。


むろん、ドイツ、フランスも同じ市場での展開に余念がなく、たとえば車両、信号系統などで日本が全体の事業を請け負えない場面も往々にでてくる(たとえば台湾新幹線は信号系統がフランスに取られた。韓国の新幹線なるものはフランスがつくり、完成後三年ほど動かなかったため日本が技術応援に行った。台北市の地下鉄も同じ問題が起きた)。


各地での新幹線プロジェクトに中国が横合いから参入し、商談を攪乱していることになる。


日本は無償援助、円借款という背景を強みに受注合戦を有利に運ぼうとしているが、かたや中国は猛烈な政府高官による売り込みと、成約への凄まじい政治エネルギーが日本より熱く、そのうえ値段の安さと舞台裏の取引に長けているため、かならずしも日本有利な情勢ではない。






インドネシアは市場化調査、ベトナムでは日本優勢

具体的にみていくと、まず日本政府はインドネシアと覚え書きをかわし、将来のジャカルターバンドン間の高速鉄道建設のフィージビリティスタディ(商業化可能性調査)を開始する。

すでにジャカルタ市内交通網建設は大林組、清水建設の合弁事業がスタートしており(総額100億円)、近郊都市との交通アクセス整備事情は三菱重工と住友商事が近郊幹線の電化工事を受注し、総額210億円は円借款となる。



ベトナム新幹線は総工費570億円。日立製作所グループはすでに駅舎、プラットフォーム、改札、チケット自動券売機などで合意している。ホーチミン中心部から東北各都市17駅を結びハノイまで全長1570キロを五時間半でむすぶ計画だが、すでに日本企業総体のベトナム投資は1090件、380億ドルに達している。ベトナムが中国に発注する可能性は薄いだろう。


タイではバンコック近郊の交通網整備プロジェクトならびにバンコク地下鉄拡充工事でJR東日本、丸紅、東芝の企業連合が総額400億円。信号系統などを受注した。


地下鉄は2016年に新駅23駅に車両なども納める。安全運行のためJR東日本は完成後十年間、二十名の安全管理要員を常駐されるという条件も契約に含まれ、その安全管理というソフト面をプロジェクト売り込みの主要なポイントとしている。


この分野は中国が明らかに遅れを取っているうえ、2011年の温州駅付近での新幹線事故の悪い印象が依然として尾を引いている。


インラック首相はしかしながら日本の他、中国へも新幹線プロジェクトへの入札を呼びかけ、一部は中国企業と成約した。


将来的にはバンコクーアユタヤのみならず、チェンマイなどとも結ぶ全長1800キロ、四本の新幹線プロジェクトを計画している。


マレージアとシンガポールを結ぶ新幹線は2020年完成予定である。

クアラルンプールとシンガポールを僅か九十分で結ぶ構想で、7月に安倍首相が両国を訪問した折も、日本の新幹線技術を売り込んだ。



松下、東芝などはマレーシアでの生産が急膨張しており、こうした日本企業の評判が背景にあるため、総額100億円プロジェクトは、現在のところ、日本が有利である。


日本の新幹線技術の安全神話は世界中に知れ渡っており、開業以来無事故、あの東日本大震災でも脱線しなかった。

毎日70万人以上の乗客が利用し、遅延は36秒が平均という稀な正確さも、電子、信号、総合統制など、日本のテクノロジーの集大成であり、世界の鉄道史にも例をみない快挙である。



後発だが中国の強みは価格戦争で圧倒できることだ

中国の鉄道関係者の誰もが認めることは各国の要望は根強くあっても、けっきょく鉄道プロジェクトは安全性が最優先するという冷厳な事実である。


しかし中国の新幹線は日本、ドイツのシーメンス、フランスのアルス、カナダのボンバルディア社から技術を習得し、車両技術の一部は盗用し、短期間で世界レベルに達成し、これからは成熟期を迎えるという妙な自信をもっている。

そのうえ中国がもっとも有利なのは日本など西側の価格の半値から四分の三という安さがうりであること。

とはいうものの中国は日本の『アジア+ワン』(中国加一)戦略への転換で、すでに日本のアジア投資が急激に拡大している環境変化に注視しており、その日中のアジア市場争奪戦の象徴として新幹線売り込みを位置づけた。

日本はラオス、ミャンマー、フィリピンへもODA、円借款など積極的な政治戦略を行使して優勢にあり、これらの金融面での支援が新幹線建設の一部に廻されている。





e0199834_12101976.jpg



【中国人のブログより】新幹線に乗車し「あまりのサービスに驚いた」

【社会ニュース】 2011/09/21(水) 13:20



http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0921&f=national_0921_105.shtml


中国高速鉄道の死亡事故が発生して以来、中国メディアは日本の新幹線が細やかな整備と複雑な検査により長く安全を保ってきたことを繰り返し取り上げてきた。中国人ブロガーの「老遅」さんは、最近自ら新幹線に乗る機会があったそうだが、その時に感じたことを自身のブログに綴っている。



筆者は京都から東京に移動する際に新幹線を利用したそうだ。以前から映画などのシーンで幾度も新幹線を見てきたこともあってか、初めて乗ったにもかかわらず筆者は「それほど珍しい感じがしなかった」と述べた。



新幹線に乗るにあたり、日本人ガイドと雑談するなかで、どうしても中国の高速鉄道のことを触れざるを得なくなったのだが、筆者は「日本人ガイドは中国高速鉄道の速度に驚いてはいたものの、どこか疑いの気持ちを持っていることが明らかに感じ取れた」と述べた。さらに「高速鉄道の多くの技術は日本から学び取ったものなのですよ」と付け加えたガイドの表情には「誇りも感じられた」という。


筆者は日本人の中国に対する感情には複雑なものがあり、「中国高速鉄道は日本人を驚かせると同時に、新幹線に対する誇りを強めさせた」と述べ、「誇りでも民族精神でもかまわない。生命の安全という最低基準を満たすためにも、日本人のきめ細やかな精神を中国人は学ぶべきだ」と強調した。


新幹線の印象について、筆者は「座席がとても広く気持ちよかった」と語ったほか、乗務員のサービスにも驚いたそうだ。「終始笑顔で乗車券を確認し、車両を移動する際にはおじぎして『お邪魔いたしました』と述べる」と紹介、あまりのサービスに「複雑な気持ちになった」と率直な感想を述べた。


さらにもう1つの感想として「乗車券の値段が高い」と語りつつも、筆者は日本人の収入を考えると、乗車券の値段も驚くべきことではないのだろうとつづった。
(編集担当:畠山栄)


e0199834_12145662.jpg



【米国人のブログより】日本の新幹線は最高「サービスや乗り心地が良い」


【社会ニュース】 2012/11/15(木) 10:09

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1115&f=national_1115_006.shtml

ビジネスに関する情報を発信する米国のブログサイト「darientimes」では、訪日した米国人男性が新幹線について感想をつづった。



新幹線の「のぞみ」に乗って京都から東京へ行った筆者は、徹底したサービスに驚いたという。まず、清掃について記した。「東京駅は終点なので、乗客は全員降車する。乗客が降りるやいなや、制服姿の清掃員が掃除を始め、わずか10分で車内の隅から隅まできれいにする技が見事だった」と迅速な清掃を評価した。



また、新幹線の本数が多いことにも驚いたようだ。「大阪から東京まで約2時間半の新幹線が、5分から10分おきに頻繁に発車している」と記した。ただ座席については、「日本人にはちょうど良さそうだが、体の大きな外国人にとっては少し窮屈」と述べた。


米国ではアムトラックと呼ばれる電車が全米を走っているが、速度が遅くて有名だ。16両あり最高1300人もの乗客を運ぶ新幹線と比較して、「6車両で300人ほどの乗客を運ぶが、新幹線の3倍近く時間がかかり、価格も約2倍」と不満げな様子で語った。


ただ、新幹線に食堂やバーが併設されていないのは残念だと指摘しながらも、スピードが速いので食堂を使用する必要もないようだと述べた。その代わりに乗客は駅にいくつもある店でお好みの「駅弁」を買うことができるのが良いと利点を挙げた。


サービスの良さについても記しており、「乗務員がチケットを集め、それぞれの客にお辞儀をする」ことや、「ワゴンセールスやほかの乗務員も、通路を通るたびにお辞儀をしてくれる」ことがうれしかったと日本の習慣に好印象を感じたようだ。また、「乗り心地も良く、信じられないくらいスムーズに進む」ことや、「駅に着き、出発するまで90秒以上は停車しない」など、さまざまな快適性を列挙した。


最後に筆者は、日本の新幹線は高速列車では歴史が古いが、いまだに最高だと締めくくった。(編集担当:田島波留・山口幸治)




e0199834_1217813.jpg




[PR]
by cosmic_tree | 2013-11-15 07:37 | ●阿呆!