争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●三隻の空母派遣は米国が本気..
at 2017-05-27 22:16
●韓国には嘘をつくことが恥ず..
at 2017-05-26 13:00
●文在寅は、ガチガチの「従中..
at 2017-05-12 22:52
●くたばれ「吉田ドクトリン」
at 2017-05-07 23:02
●日本は占領憲法で独立国家と..
at 2017-05-03 09:09
●北のテロは日本にとってミサ..
at 2017-04-29 10:10
●北朝鮮が戦争を起こしたら・・・
at 2017-04-25 08:33
●もし水爆が日本に落とされれ..
at 2017-04-21 21:32
●北朝鮮から日本にミサイルを..
at 2017-04-14 08:47
●北朝鮮の危機迫る !!
at 2017-04-13 13:47
●北朝鮮のミサイル4発が、日..
at 2017-04-06 22:24
●南朝鮮の次期政権は北朝鮮の..
at 2017-04-05 21:58
●元北朝鮮兵器開発者は語る
at 2017-04-01 15:21
●中国に迫る経済大崩壊
at 2017-03-30 21:49
●日本にとって脅威、中国が配..
at 2017-03-27 22:08
●レーダー5号機は、他国の軍..
at 2017-03-18 23:18
●中国人曰く、「いつまでたっ..
at 2017-03-12 11:59
●2013年のエドガー・ケイ..
at 2017-03-11 15:20
●第2次大戦中、日本政府や日..
at 2017-02-28 12:28
●海自の新型護衛艦を4年間で..
at 2017-02-18 23:08

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

●プーチン大統領は実はサムライ。オバマよりよっぽど、人間が大きいぞ。とても好きになったわ!


e0199834_2191378.jpg


日本にとって、これからも日米同盟の重要性は変わらない。だが、いつまでもアメリカの顔色をうかがい、盲目的に追随する時代には別れを告げなくてはならない。たとえアメリカと方針が異なったとしても、日本は中国包囲網を築くためにも、ロシアと良好な関係を構築していかなくてはならない。
e0199834_22543473.jpg

「独裁者」と批判される ロシア・プーチン大統領が語る大戦略


2014.04.19

4月23日に訪日を控えたオバマ大統領の守護霊を招霊し、3度目の霊言を収録した翌日、ロシアのプーチン大統領守護霊が、大川隆法総裁のもとに現れた。ウクライナのクリミア半島を併合したことをもって、オバマ大統領に悪魔呼ばわりされたことに対し、一言弁明したいという。

そこで、2012年3月の収録に続き、二度目となるプーチン守護霊の霊言を収録することに。ウクライナの問題を含め、北方領土や朝鮮半島事情、中国との外交など、国際政治の諸問題について見解を聞いてみた。





対ロシア制裁による中露接近で、かつての冷戦が復活

収録日の4月18日は、奇しくもプーチン大統領がクリミア併合の条約に署名してからちょうど1カ月。ロシアが軍隊を送り、力ずくで同地域を併合したことで、国際社会から非難を浴びている。

このウクライナ問題について、プーチン大統領の守護霊は「あの辺はもともとロシアの庭」と述べ、住民投票により、ウクライナ独立を果たしたクリミアを併合しても、何ら問題はないと主張した。経済的に困窮していたウクライナがロシアに救いを求めただけであって、ウクライナを救うことのできないアメリカやEUは、余計な口出しをしないでほしいとクギを刺した。

現在、アメリカやイギリスをはじめとする西側諸国は、ロシアのクリミア編入を強く批判し、G8への参加を停止するなど、ロシアに厳しい制裁を加えつつある。

プーチン守護霊は、欧米や日本までもがロシアを包囲すれば、本当は望んでいないことだが、経済的な事情から中国と組まざるを得ないと吐露した。

もし、ロシアが中国と団結してしまえば、両国の核ミサイルの数はアメリカよりも多くなるとして、「(中露両方から)核ミサイルが撃たれたら、アメリカは反撃できるか考えたらいい」「それこそ冷戦構造に戻すということ」と、核戦略や安全保障上、アメリカの優位性は大きく損なわれると分析した。

こうしたシナリオは、アメリカの「アジア回帰」戦略を根底から揺るがすことを意味する。と同時に、東アジア情勢が一層緊迫化していくだろう。中露接近は、中国に警戒感を寄せるアジア諸国にとっても最悪なシナリオだ。





日露接近で日本の外交問題は一気に解決!?

日本は欧米とも歩調を合わせなくてはいけないが、中国の軍事的拡張に待ったをかける意味でも、ロシアへの強硬圧力は避けたいところだ。

さらに経済的な面でも、ロシアと良好な関係を築くことはメリットが大きい。北方領土問題も残っている。

この北方領土について、プーチン氏の守護霊は「(日本が極東地域に)数兆円規模の投資をしてくれたら、北方領土を返してもいい」「震災復興の費用以上までは要求する気はない」と、具体的な値段にまで踏み込んで言及。大震災の復興費用は、約23兆円と試算されているが、日本が官民一体でロシア投資を推し進めれば、十分に可能な金額といえる。

また、プーチン氏の守護霊は、北方領土返還はロシアに領土的野心がないことを世界に示すと同時に、竹島を不法に占拠する韓国や、尖閣諸島の領有権を主張する中国をけん制することにもなるという。

「『戦争末期のどさくさに紛れて掠め取ったことは、誠意にもとることであった』と言って返還すれば、竹島と尖閣問題は急展開し、韓国と中国は国際的に厳しい立場に立つ」と語り、日本との関係が強化できるなら、日米同盟を損なわない範囲で日本を応援し、守ることも厭わないという意向も示した。





ロシアは、暴走する北朝鮮を背後から牽制する

最近、何かと横暴な行為を繰り返し、日本人を拉致して平然としている北朝鮮についても、プーチン守護霊は、日本に協力できると胸を張った。

クリミアへの軍隊派遣は北朝鮮への強力なメッセージになるとして、「地上戦は好きだ。電撃戦は得意だ」と、北朝鮮に具体的に圧力をかけることもほのめかした。

さらに、韓国の修学旅行生を乗せた大型客船が沈没した事故の真相に迫った。

あくまでも可能性としながらも、「北朝鮮は特殊潜航艇を持っているから、軍事演習をやっている可能性がある。船底に穴さえ開ければいいのなら、北朝鮮でもできる」と、北朝鮮が韓国を混乱に陥れるための策略であるとの説を展開した。

張成沢氏の処刑や、ミサイルの発射、韓国に無人偵察機を飛ばすなど、暴走している北朝鮮は、今後何をするかわからないとして、朝鮮半島の情勢は緊迫しているとの見方を示した。

北朝鮮の拉致問題の解決や、核開発などの問題はこれまで先送りされ続けた。これは、中国が北朝鮮をかばってきたからだ。

しかし、アメリカがイランと同程度の制裁を北朝鮮に課さなかったことも原因のひとつといえる。アメリカのブッシュ前政権が北朝鮮へのテロ支援国家の指定を解除したことは、日本にとって理解できない行動であった。

中国との関係もあるため、北朝鮮情勢に対するアメリカの影響力は低下している。

日本に駐留しながら北朝鮮の横暴に対して何もせず、制裁も加えないアメリカを信じ続けるよりも、北朝鮮の背後から牽制してくれるロシアと良好な関係を築くことは、なかなか魅力的な選択肢といえよう。





アメリカは、戦後の「侵略秩序」を守っている

日本は中韓との間で、先の大戦に関する歴史認識で対立している。アメリカすらも、安倍首相の靖国参拝について「失望」との声明を発表した。

17日に収録したオバマ大統領の守護霊霊言では、オバマが本心では、日本と中韓の対立の原因となっている靖国神社を「破壊すべき」とまで思っていることが明らかになった。

これに対して、プーチン氏の守護霊は「靖国神社の大切さが分からないという人は、国際政治を語る資格はない」と、国家のために命を投げ出した先人を弔うことは国際的にも常識であると一刀両断。

日本軍人を「A級戦犯」と呼んでいるが、「戦犯はアメリカ」「(アメリカによる)東京大空襲や原爆投下はヒトラー以下かどうか検討して頂きたい」と、アメリカこそ歴史観を見直すべきであると強調した。

日本の歴史認識の見直しが進んでしまえば、アメリカは日本に対して行った原爆投下や大空襲といったホロコーストを反省しなくてはならなくなる。となれば、アメリカが主導してきた戦後体制が揺らいでしまう。

だが、プーチン守護霊は、「戦後体制を守ることが正義だ」というアメリカの考え方に疑問を投げかけた。

たとえば、中国が常任理事国にいながら、周りの国々を「自治区」と称してかすめとっている事実があるが、アメリカは何もしないとして、「(アメリカは)戦後体制を維持すると言っているけれど、戦後侵略した体制も維持している」と冷静に分析してみせた。

一方、シリア市民を虐殺してきたアサド政権を容認してきたロシアの行為を追及されると、プーチン氏の守護霊は、「アメリカ軍が入っていたらシリア人は死ななかったのか?」と反論した。

アメリカ軍が介入したとしても空爆をかけるに過ぎず、それならば多数のシリア人が巻き添えになって犠牲者が増えるだけであり、意味がないとした。また、アメリカはシリアを抑えた後はイラン攻撃に入るだろうと予測し、いずれにせよ中東の泥沼化は避けられないと語った。





日本は、インドとロシアと組んで中国を封じ込めよ

プーチン守護霊の言葉は、プーチン本人の本音である。

この本音が徐々に現実化してくるならば、日本とロシアの友好関係を築くことは大いに国益にかなうことだ。

実際、日露関係が進展することによって、ロシアには経済的メリットが得られ、日本は北方領土返還の可能性が高まる。何よりも、安全保障上のメリットが大きい。中国を牽制する上でロシアは欠かせないからだ。

アメリカが「世界の警察官」を降りて、さらなる軍事費の削減を行う中、プーチン氏の守護霊が「インド、ロシア、日本の辺りが力を合わせていく必要がある」と指摘するように、中国包囲網の参加国は多ければ多いほど良い。

特に、ロシアは中国の背後から牽制できる国であるのに加え、中国に武器輸出をしているので、その供給を絶つ意味でも日本との関係を強化しておきたい。

プーチン大統領は最大で2024年まで任期があるため、中長期的な戦略を共有する相手としてふさわしいともいえる。

また、現代のナチスといえる中国共産党の膨張を抑制するために、プーチンが持つ剛腕さに期待したい。

日本にとって、これからも日米同盟の重要性は変わらない。だが、いつまでもアメリカの顔色をうかがい、盲目的に追随する時代には別れを告げなくてはならない。

たとえアメリカと方針が異なったとしても、日本は中国包囲網を築くためにも、ロシアと良好な関係を構築していかなくてはならない。


他にも、プーチン氏の守護霊は、以下のような論点に触れ、国際政治についての見識を披露した。


●なぜ、強い指導者でなければ、ロシアはダメなのか
●アメリカが衰退する理由を分析
●旧ソ連圏と日本の付き合い方
●プーチン守護霊から見た「日本の偉大さの根拠にあるもの」とは
●ソ連崩壊に対する率直な評価
●今後、ロシアをどうしていきたいのか? ロシア発展ビジョンとは
●安倍首相とプーチン大統領の意外な共通点
●2年前の霊言で徳川吉宗として日本に生まれていたことがわかったプーチン大統領。新たな過去世が判明!




e0199834_629852.jpg




e0199834_21225389.jpg

[PR]
by cosmic_tree | 2014-04-19 21:13 | ガンバレ、ニッポン。