争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●北朝鮮が、日本への核攻撃予..
at 2017-09-16 08:17
●金正恩は「無血開城」せよ ..
at 2017-09-14 20:22
●今こそ、日本は核論議を活発..
at 2017-09-09 10:24
●日本はスイスの高い危機意識..
at 2017-09-06 22:39
●中国人が考える、中国人の「..
at 2017-08-29 23:46
●中国が目指すのは侵攻型の空..
at 2017-08-21 10:28
●「狂気の独裁者」金正恩、グ..
at 2017-08-19 12:56
●北朝鮮「有事には米国より先..
at 2017-08-06 16:47
●比大統領、金正恩は「ばか者..
at 2017-08-03 23:42
●よくぞ、やった!!「AIキ..
at 2017-08-03 16:44
●印度軍 vs 中国軍
at 2017-08-02 09:23
●北朝鮮の核兵器、2020年..
at 2017-07-24 22:27
●北朝鮮が日本攻撃を決めれば..
at 2017-07-14 08:23
●護衛艦「いずも」+F-35..
at 2017-06-22 21:48
●北の弾道ミサイルのターゲッ..
at 2017-06-13 22:44
●三隻の空母派遣は米国が本気..
at 2017-05-27 22:16
●韓国には嘘をつくことが恥ず..
at 2017-05-26 13:00
●文在寅は、ガチガチの「従中..
at 2017-05-12 22:52
●くたばれ「吉田ドクトリン」
at 2017-05-07 23:02
●日本は占領憲法で独立国家と..
at 2017-05-03 09:09

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

●和の日本・恨(ハン)の朝鮮。水に流す日本・恨み続ける朝鮮。

本日2月22日は、「竹島の日」。諸君、そろそろ居座り屋(占有屋)さんにお帰り願おうではないか。
占有屋(せんゆうや)とは競売物件を落札した人間に対して居座りながら膨大な立ち退き料を要求する人のこと。善意の第三者を装って不動産競売物件に居座る場合や、暴力団等を背景に示威によって行う場合がある。
e0199834_22282452.jpg


e0199834_22245041.jpg

竹島は、日本政府が1905年(明治38年)1月に島根県への編入を閣議決定。同年2月22日、県が編入を告示した。100年が経過した2005年(平成17年)、県は「竹島の日」を条例で定め、翌年から毎年式典を開催している。

1954年8月15日
●アメリカは韓国に対し「竹島」を国際司法裁判所に付託するように勧告。

1954年9月25日
●日本は国際司法裁判所に付託する提案をするが、韓国は応じず。

1962年3月12日
●日本は2度目の国際司法裁判所に付託する事を提案するが、やはり韓国は卑怯にも応じず。

e0199834_2228167.jpg



和の日本・恨の朝鮮

朝鮮民族の「恨(ハン)」の概念の本質とは、一言で言うと、自分がうまくいかないことを全部他人のせいにすること。日本ばかりが経済的に発展し、韓国がなかなか発展しなかったのも、韓国が日本に長く占領されていたせいだと言って、日本のせいにしてしまうこと。
e0199834_7185724.jpg


朝鮮人を理解するキーワード、「恨」(ハン)とは


火病==マイナスの破壊衝動


「恨」とは、韓国人の精神構造の根底に存在する情念であり、それは韓国人特有のものである。


一つの民族の根底の精神を理解するということは非常に難しいかも知れない。

それは、その民族が辿ってきた、歴史や文化に起因するものであり、それはまた、その民族の歴史や文化に精通しなければならないということでもあるからだ。朝鮮民族にとって「恨」とは、本来の意味は「深く自省」する心を指した。


何かの物事に、深く思いを致し、自分を見つめ直すという意味が「恨」であったのだ。


しかしながら、現在は言うまでもなく「恨」の意味が変わってきている。自省という受動的意味合いではなく、他人を恨み・妬み・嫉みと言った、能動的精神はっきり言えば怨念の意味合いが強く出ているのである。

とは、朝鮮民族の情念そのものであり、それは様々に解釈されるものである。この一語の中に、朝鮮民族の歴史と文化が凝縮されていると言ってもよいのだ。


そのは、個人としての「恨」・地域社会の「恨」・国家としての「恨」とその情念を変えていく。恨について書き出すと、本一冊が書けると言われるほど、非常に複雑多岐な情念なのである。

日本人の多くがこの「恨」を理解することが出来ないように、実際、韓国人自身も「恨」を理解しているかというと疑問であろう。

韓国人達は、「恨」を一元的情念として見いだすが、実際には上に書いたように、多種多様な情念の結晶である。



そして、その情念は今まさに「恨み」として韓国人の心に巣くっているのである

この「恨み」は、何時しか歪曲捏造された歴史へと向けられ、その対象を「日本」という隣国に見いだすこととなった。


これまで幾度と無く書いてきた、韓国の古代から現代に至るまでの捏造歪曲だが、彼らはその捏造歪曲された歴史をもって、自国を誇り、日本を蔑み或いは「恨み」の対象としてきたのだ。


そもそも、本来の「恨」から「恨み」へと変化した原因は、歴代中華帝国への事大主義による千年属国としての朝鮮王朝の姿にある。


中華帝国に蹂躙されても、何も出来なかった朝鮮人達。その想いは何時しか「恨」へとつながり、「恨み」へと変貌していった。

e0199834_12472285.jpg

e0199834_12491487.jpg


朝鮮民族の悲哀の歴史こそが「恨」そのものである。

恨みの対象とされる日本にとっては堪らないものだが、韓国人達の自分たちでさえどうしようもない情念に駆り立てられた、欲求であることを少なからず理解する必要があるだろう。

火病と並んで、とは一種の精神病の側面を持っており、多くの韓国人達が「恨の呪縛」に捕らわれているのである。





e0199834_22404198.jpg


この三冊で韓国がとても理解できます。


e0199834_2274586.jpg




水に流す日本・恨み続ける朝鮮。


e0199834_23155113.jpg

●近年、支那・朝鮮が日本をことさらに侮辱する外交攻勢を仕掛けている。しかし日本政府の対応といえば、毎度毎度「遺憾の意」を示すだけである。日本はもう一度、「サムライ国家」としての意気を示し、このふとどき国家を「叱る」義務がある。
e0199834_2312719.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ








[PR]
by cosmic_tree | 2015-02-22 22:25 | ●歴史戦に勝利する