争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●文在寅は、ガチガチの「従中..
at 2017-05-12 22:52
●くたばれ「吉田ドクトリン」
at 2017-05-07 23:02
●日本は占領憲法で独立国家と..
at 2017-05-03 09:09
●北のテロは日本にとってミサ..
at 2017-04-29 10:10
●北朝鮮が戦争を起こしたら・・・
at 2017-04-25 08:33
●もし水爆が日本に落とされれ..
at 2017-04-21 21:32
●北朝鮮から日本にミサイルを..
at 2017-04-14 08:47
●北朝鮮の危機迫る !!
at 2017-04-13 13:47
●北朝鮮のミサイル4発が、日..
at 2017-04-06 22:24
●南朝鮮の次期政権は北朝鮮の..
at 2017-04-05 21:58
●元北朝鮮兵器開発者は語る
at 2017-04-01 15:21
●中国に迫る経済大崩壊
at 2017-03-30 21:49
●日本にとって脅威、中国が配..
at 2017-03-27 22:08
●レーダー5号機は、他国の軍..
at 2017-03-18 23:18
●中国人曰く、「いつまでたっ..
at 2017-03-12 11:59
●2013年のエドガー・ケイ..
at 2017-03-11 15:20
●第2次大戦中、日本政府や日..
at 2017-02-28 12:28
●海自の新型護衛艦を4年間で..
at 2017-02-18 23:08
●日本の主要メディアはほとん..
at 2017-02-13 20:34
●尖閣と竹島は、昔から「我が..
at 2017-01-29 23:32

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

●米元政府高官が警告「米国は日本を助けない」

e0199834_23271512.jpg



オバマ政権最後の今年、中国は尖閣に攻撃を仕掛ける


中国の軍拡、世界中のテロ殺人、年を追うごとに、日本に迫る脅威は増大し続けている。しかし日本は絶対に「奴隷の平和」を求めてはならない。

e0199834_10185074.jpg
e0199834_16131576.jpg



2016.2.3(水) 古森 義久
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45937


米国オバマ政権の最後の年の“緩み”を狙うかのように、中国が尖閣諸島に軍事攻撃をかける見通しが強い──米国の元政府高官らが警告を発した。

中国は南シナ海への活発な進出を続けて国際的な注目を南シナ海に集めながら、突然東シナ海で軍事攻勢に出る。尖閣諸島に攻撃を仕掛けて日本と軍事衝突し、国際調停で領有権の主張を押し通そうと意図している、というのだ。




中国が攻撃を仕掛ける伝統的なパターン

この警告を発したのは、ワシントンの有力研究機関ハドソン研究所の副所長で前ブッシュ政権の副大統領首席補佐官や国防次官補などを歴任したルイス・リビー氏と、同研究所上級研究員で日米近代史を専門とする歴史学者のアーサー・ハーマン氏である。

両氏は1月25日、米大手紙のウォール・ストリート・ジャーナル「北京の次の先制行動は東シナ海だ」と題する論文を寄稿した。

同論文で両氏は「1つの地域で国際的な関心を集める行動を取りながら、他の地域で突然攻勢に出るというのが、中国の伝統的なパターンである」として、中国軍が近い将来、東シナ海の尖閣諸島でそのような急襲に出る見通しが強いとの予測を打ち出した。


中国が違法な埋め立て工事によって南シナ海に建設した人造島で航空機の着陸が始まったことや、ベトナム領海の近くで、やはり国際規範を無視した石油掘削作業を進めていることを指摘し、「米国などの国際的な警戒が南シナ海に集まる間に中国は東シナ海で軍事行動に出て、日本と軍事衝突を起こす可能性がある」と警告している。

e0199834_1747611.jpg


オバマ政権の対応は?

その警告の根拠や背景について、同論文は以下の諸点を述べている。


中国政府と結託した中国人学者たちが、「尖閣諸島をめぐる領有権紛争を中国側に有利にするには、軍事衝突の“危機”を必要とする」と述べるようになった。同学者たちによると、中国軍が日本との実際の戦闘まで進めば日本側は局地での防衛に手いっぱいとなり、すぐに軍事対決から引き下がり、外交的な解決を求めるようになるという。


●これらの中国人学者たちの見解によると、尖閣をめぐる日中の軍事対決は、まず海上での事故的な砲撃、あるいは銃撃に始まり、両国軍が激しく戦闘して艦艇や航空機の損失まで引き起こす。日中両国がさらに多くの部隊を現地に投入しようとすると国際調停が始まり、外交的解決を求める交渉が始まる。両国軍隊の現地からの撤退、あるいは縮小が始まり、国際的な圧力はまず衝突回避へと向けられる。日中両国の領有権主張が対等に扱われ、日本の現在の統治や施政権が大幅に後退することになる。


●こうした想定の下でとくに重要なのは、任期最後の年のオバマ政権がロシアやイランへの対応のように対決や衝突を極端に避けるため、日本側に米国の全面介入への要請を差し控えるよう圧力をかける見通しである。中国側も、オバマ政権は中国との大規模な軍事衝突を避け、国際調停を切望するだろうとみる。その結果、日本側の「中国との間に領土問題は存在しない」という立場は大きく崩れることになる。


●こうした尖閣をめぐる事態の展開は、中国の共産党独裁政権に有利な結果をもたらす。対外的な危機は国内の民族主義、愛国主義を呼び起こし、国内の経済停滞から生じる不満の拡大をくいとどめ、国民の政権への年来の苦情を抑える効果をもたらすからだ。


●オバマ政権は11月の大統領選で民主党候補に勝たせるためにも、中国との大規模な戦闘は絶対に避けるだろう。日本にとっては、同盟国の米国に共同防衛の要請をしたものの背を向けられることで、対米同盟への信頼が一気に低下する。こうした日米同盟の空洞化や侵食は、米国の対外戦略に大きな負の影響をもたらす。他方、中国にとっては東アジアでのパワーが大幅に拡大する成果を得ることになる。



もしも、以上の警告の通りに現実の事態が動けば、日本は尖閣諸島の領有権の喪失や、日米同盟の機能不全という深刻な結果に直面することになる。











e0199834_21484843.jpg
近年、支那・朝鮮が日本をことさらに侮辱する外交攻勢を仕掛けている。しかし日本政府の対応といえば、毎度毎度「遺憾の意」を示すだけである。日本はもう一度、「サムライ国家」としての意気を示し、このふとどき国家を「叱る」義務がある。




[PR]
by cosmic_tree | 2016-02-03 16:18 | ●自分の国は自分で守る