争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●中国が目指すのは侵攻型の空..
at 2017-08-21 10:28
●「狂気の独裁者」金正恩、グ..
at 2017-08-19 12:56
●北朝鮮「有事には米国より先..
at 2017-08-06 16:47
●比大統領、金正恩は「ばか者..
at 2017-08-03 23:42
●よくぞ、やった!!「AIキ..
at 2017-08-03 16:44
●印度軍 vs 中国軍
at 2017-08-02 09:23
●北朝鮮の核兵器、2020年..
at 2017-07-24 22:27
●北朝鮮が日本攻撃を決めれば..
at 2017-07-14 08:23
●護衛艦「いずも」+F-35..
at 2017-06-22 21:48
●北の弾道ミサイルのターゲッ..
at 2017-06-13 22:44
●三隻の空母派遣は米国が本気..
at 2017-05-27 22:16
●韓国には嘘をつくことが恥ず..
at 2017-05-26 13:00
●文在寅は、ガチガチの「従中..
at 2017-05-12 22:52
●くたばれ「吉田ドクトリン」
at 2017-05-07 23:02
●日本は占領憲法で独立国家と..
at 2017-05-03 09:09
●北のテロは日本にとってミサ..
at 2017-04-29 10:10
●北朝鮮が戦争を起こしたら・・・
at 2017-04-25 08:33
●もし水爆が日本に落とされれ..
at 2017-04-21 21:32
●北朝鮮から日本にミサイルを..
at 2017-04-14 08:47
●北朝鮮の危機迫る !!
at 2017-04-13 13:47

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

●勇気あるアシュリー・ブラウン氏(31)は、本物のサムライ。ありがとう。

e0199834_2383492.jpge0199834_2316591.jpge0199834_2385326.jpge0199834_2330975.jpg



ブラウン氏は旭日旗と日章旗を持って単身で乗り込んだ。「日本に対する差別をやめろ!」


e0199834_8492812.jpg
e0199834_2375642.jpg





世紀の番狂わせ的中で1200万!英国の31歳男性が英国で話題に。旭日旗持ってシー・シェパードに抗議も。

e0199834_23115163.jpg


米大統領選は、世界の大方の予想を裏切り、不動産王のドナルド・トランプ氏が次期大統領の座を射止めた。

米国内では、デモ隊が一部暴徒化して銃撃が起きるなどの混乱が生じ、世界情勢も今後どのように展開するか不透明感が漂っている。

そんな中、トランプ氏の当選を早くから予想し、日本円で約1200万円相当の賞金を手にした幸運な英国人男性がいる。さっそく国際電話で話を聞いてみると、この世界一幸運な男性は、大の親日家でもあった。

「人生の中で一番の賭けだったから今は正直ほっとしている。トランプ氏に感謝だね」


ロンドン市から北に約200キロ離れたノッティンガム市に住む、アシュリー・ブラウン氏(31)はこう喜びを語った。

ブラウン氏は、現地のブックメーカー(賭け屋)でトランプ氏の勝利に約180万円を賭け、配当金として約1200万を獲得。地元紙が一攫千金のニュースを1面で取り上げるなど、今ちょっとした有名人になっている。

「賭けのことはずっと秘密にしていたから、両親や友人に大勝ちしたことを打ち明けたときは、トランプ氏がホワイトハウスに入るくらいの衝撃を受けていたよ」と笑う。



英国ではスポーツをはじめ、政治や経済、王室の子供の名前までさまざまな出来事の結果を予想し、正解すると配当がもらえるブックメーカーが多数存在する。今回の米大統領選も賭けの対象となり、トランプ氏のオッズは6~7倍の高倍率となっていた。

ブラウン氏は10月中旬にトランプ氏の演説を聞き、「彼こそホワイトハウスに入る資格がある人だ」と確信。大半の英メディアは民主党候補のヒラリー・クリントン氏の優勢を報じていたが、


「主流メディアは信じていない。自分でいろいろと調べた結果、トランプ氏が勝つ可能性がかなり高いと思った。普段ギャンブルはやらないが、今回は自信があったので思い切って賭けてみた」



その読みは見事的中した。投開票当日、激戦州といわれたフロリダ、オハイオ、ノースカロライナ、ペンシルベニアの各州でトランプ氏が次々と勝利。開票結果に世界中が驚く中、ブラウン氏は「自分の予想は正しかった」と、してやったりだった。

賞金の使い道については「大部分は貯金」と堅実だ。だが、来年1月に予定されている大統領就任式に参加するため渡米する計画を立てている。「トランプ氏に会って『ありがとう』と伝えないとね」と楽しみにしている様子だ。



そんなブラウン氏だが、実はかなりの親日家だった。

以前はアマゾンで勤務していたが、2年前に念願のトヨタの車両生産工場に転職。ステーションワゴン「アベンシス」などの組み立て作業を行っているといい、「日本を代表する会社で働くことができて光栄だよ」とうれしそうだ。


e0199834_23112860.jpg


さらに、こんなエピソードもある。

平成26年2月、ロンドン市内の日本大使館前で、反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)」によるデモ集会が行われていた。「虐殺は伝統ではない」「地獄への切符」。

数十人が物騒なプラカードを掲げて日本のイルカ漁を中止を求める中、ブラウン氏は旭日旗と日章旗を持って単身で乗り込んだ


日本に対する差別をやめろ。

ブラウン氏は、すぐさまデモ集団に取り囲まれ「お前は恥を知れ」などとののしられたが、「SSはテロリストで差別組織だ」と主張し、最後まで抗議し続けたという。




このときの状況についてブラウン氏は

「1人で抗議することに怖いという感覚はなかった。SSの活動や日本のことをリサーチしたが、イルカ漁は明らかに日本の文化だ。他国の文化には敬意を払うべきで、SSの行動はただの差別主義だ」と振り返った。


最後に、来年発足するトランプ新政権を踏まえ、日本の行く末を占ってもらうと、自信ありげにこう語ってくれた。

「トランプ氏の当選で世界は騒いでいるけど、有能なブレーンたちが彼をサポートするから大丈夫。日本は安倍晋三首相がいち早く会談しているし、日米関係はさらに強固になっていくはずだ。日本の幸運を祈っているよ」


ブラウン氏の予想がまた的中することを願っている。(政治部 広池慶一)







e0199834_21484843.jpg
近年、支那・朝鮮が日本をことさらに侮辱する外交攻勢を仕掛けている。しかし日本政府の対応といえば、毎度毎度「遺憾の意」を示すだけである。日本はもう一度、「サムライ国家」としての意気を示し、このふとどき国家を「叱る」義務がある。




[PR]
by cosmic_tree | 2016-11-23 23:12 | 素晴らしい人物!