争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●【米海軍の新兵器】見えず音..
at 2017-10-17 20:09
●第三次世界大戦は起こるか?
at 2017-10-13 09:36
●北朝鮮の「浸透工作員」とは
at 2017-10-08 10:26
●【永久保存版】北朝鮮から見..
at 2017-10-02 19:49
●ソウルの慰安婦像「撤去不可..
at 2017-09-28 21:41
●「韓国化」する朝日新聞
at 2017-09-22 00:09
●北朝鮮が、日本への核攻撃予..
at 2017-09-16 08:17
●金正恩は「無血開城」せよ ..
at 2017-09-14 20:22
●今こそ、日本は核論議を活発..
at 2017-09-09 10:24
●日本はスイスの高い危機意識..
at 2017-09-06 22:39
●中国人が考える、中国人の「..
at 2017-08-29 23:46
●中国が目指すのは侵攻型の空..
at 2017-08-21 10:28
●「狂気の独裁者」金正恩、グ..
at 2017-08-19 12:56
●北朝鮮「有事には米国より先..
at 2017-08-06 16:47
●比大統領、金正恩は「ばか者..
at 2017-08-03 23:42
●よくぞ、やった!!「AIキ..
at 2017-08-03 16:44
●印度軍 vs 中国軍
at 2017-08-02 09:23
●北朝鮮の核兵器、2020年..
at 2017-07-24 22:27
●北朝鮮が日本攻撃を決めれば..
at 2017-07-14 08:23
●護衛艦「いずも」+F-35..
at 2017-06-22 21:48

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

カテゴリ:元気がもらえる!( 59 )

●ありがとう、マルローさん。

e0199834_12551561.jpge0199834_12552840.jpg

・貪とはむさぼりの心なり・瞋とは怒りの心なり・痴とは愚かな心なり
[PR]
by cosmic_tree | 2016-05-16 10:06 | 元気がもらえる!

●(閑話)旭日旗デザインの商品がフランスで即効完売したらしい。

おもしろいね、これ。一足欲しいわ。
e0199834_10185074.jpg
↓ここに掲載されていた。
https://sneakersaddict.com/asics-gel-lyte-5-japan-flag-custom-par-rudness-117816


asics Gel Lyte 5 “Japan Flag”
e0199834_22132149.jpg
e0199834_2213367.jpg
e0199834_22134913.jpg
e0199834_2214753.jpg
e0199834_22142328.jpg


フランスのカスタマイズスニーカー業者である「RUDNES」がヒール部分に旭日旗を描き、ミリタリールックに改造して販売したらしい。

「結果、全40足、即・完売したとのこと」

フランス人は、面白いことを考えるものだが、特亜の輩がこれを見たら、フランスをボロクソに非難するのだろうな。困ったものだ。





e0199834_23155113.jpg

●近年、支那・朝鮮が日本をことさらに侮辱する外交攻勢を仕掛けている。しかし日本政府の対応といえば、毎度毎度「遺憾の意」を示すだけである。日本はもう一度、「サムライ国家」としての意気を示し、このふとどき国家を「叱る」義務がある。
e0199834_1553361.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ








[PR]
by cosmic_tree | 2015-11-01 22:22 | 元気がもらえる!

●日本人のノーベル賞連続受賞を報じる中国紙。

日本人のノーベル賞受賞に中国人の賞賛の声が殺到
e0199834_10185074.jpg
e0199834_22585894.jpg




中国人の屠ユウユウ氏がノーベル生理学・医学賞を同時受賞されたが、中国本土で教育を受け、かつ研究を続けた生粋の中国人が、自然科学分野でノーベル賞を受賞するのは今回が初めてのことだった。

そのような快挙を日本の科学界は2日連続で成し遂げた、ということで、中国人の方々にとって大変衝撃なニュースだったようで、記事のコメント欄には、5万を超えるコメントが寄せられている。

コメントのほとんどは、日本への賞賛や自国との差を比較する内容。その一部をご紹介する。


翻訳元
http://comment5.news.sina.com.cn/comment/skin/default.html?channel=gj&newsid=comos-fximeyv2806354




■ 日本を敵としか見なせなければ、この国には自滅の道しかない。日本の科学技術はとにかく素晴らしい! +74 済南


■ 嗚呼、小日本はあらゆる分野で活躍してるな。これは俺達がちゃんと向き合わなきゃいけない現実だ。 +43 北京


■ 世界で日本を嫌ってるのは中国人と韓国人だけ。この2カ国を除いたすべての国は日本が大好きなのに、ハハ。 +14 広州


■ 日本鬼子はほぼ毎年ノーベル賞を獲ってる。マジで何なんだよあいつら。ロシア、ドイツ、フランスあたりの科学分野の先進国は、徐々に没落していってるっていうのに。 +11 深セン


■ 俺は日本が嫌いだ。だけど日本人の科学者の探究心には敬意を抱いてるし、ノーベル賞を獲り続ける日本は凄いと思ってる! +255 成都


■ 率直に、日本人はとてつもない民族だと思う。 +18 安徽


■ 日本の背中はまだまだ遠い。武力とか国力とかそういうことじゃない。学校の机の上で勉強をする段階から負けてるんだよ。これ以上に致命的なことはない。 +89 蘭州


■ あと30年以内に中国の科学は全面的に日本を抜くさ。 +3 山東


■ 300年以内に超えられればまぁよしって感じだろ。 +12 北京


■ 300年? 本気であの国を超えられるとでも? +44 広東


■ 俺は300年あれば超えられると思う。 +4 天津


■ 30年前にも中国は日本を超えるって言ってたっけ。30年経っても何も変わっとらん。今からさらに30年経っても日本は超えられんよ。 +74 上海


■ 俺はもう反日をやめる。間違った愛国心は捨てて、自分達の仕事に取り組もう。そして早く日本に追いつこう! +7 広州


■ 日本の戦略は50年以内に50人のノーベル賞受賞者を出すことだから。中国が勝てるはずがないだろ。 +5 広州


■ だって日本の技術力ってドイツをはるかに超えてるんだぞ?日本製品は作りが精密だし使いやすい。 +21 貴州


■ それは言い過ぎだろ。ドイツ製はなんだかんだ凄いよ。高いけど。日本製は最高とは言えないけど、完成度に対して割安感はあるかな。しかもなかなか壊れない。 +10 新疆ウイグル自治区


■ 無知だな。多くの分野で日本はドイツを圧倒してる。ドイツ人自身日本製品を使うのが好きだしな。使いやすくて値段もリーズナブルだから。 +75 ハルビン


■ ドイツの高速鉄道は事故で100人以上が亡くなってるけど、もっと前から運営してる日本は死亡事故がいまだにゼロだ。ドイツ製のマグレブでもやっぱり10人の人が命を落としてるし、日本のマグレブの品質はドイツ製をはるかに凌ぐ。戦後のドイツは日本に抜かれてしまった。 +29 北京


■ 中国人には基本的に科学的な素養は何もないし、日本のことも一面しか理解してない。芸能人のことには詳しいのに、本は全く読まない。あとはただ自分達の権利とお金を崇拝するばかり。 +454 北京


■ 日本の科学技術と高い教育水準は認めざるをえない! +9 江蘇


■ これは俺の個人的な考えだけど、全面的に日本を憎む必要はないと思う。中国に侵略したのは当時の大日本帝国であって、今は時が流れて、状況が大きく変わってる。日本は多くの領域で世界に貢献してるんだ。改革開放の初期も、日本は中国をかなり助けてくれた。経済でも政治でも文化でも科学技術でも、あらゆる分野で俺達をリードしてるわけだよ。もう少し謙虚に他者に学び、自分達に足りない部分を反省して、そして今みたいな水太りのような状態ではなくて、本物の繁栄を手に入れていけたら良いと思うんだよね。 +148 深セン


■ 日本鬼子はこんな所にまで出張してんのか。 +3 広州


■ 恨みながら学んで自省するって手もありますけど? +3 深セン


■ 永遠に歴史の教科書に載らない真実もあるしね。日本の傀儡国家だった満州がどれだけ発展した地域だったかを、東北部の高齢者の人たちだけは分かってる。 +30 広州


■ 中国にも優れた人間はいるが、日本のような環境がない。 +10 雲南


■ これはとあるインド人が言ってたことなんだけど、日本には小さな国土にあまりにも多くの優秀な人がいるから、中国は領土を少し日本に割譲したほうがいいってさ。 +177 北京


■ さすがに日本人に敬服せざるを得ない。 +116 山東


■ 日本って中国と韓国以外では敬意を払われてる国って知ってた?台湾と香港を含む、すべての国と地域が日本に敬意を抱いてる。憤青たちには理性的になってもらいたいよ。 +9 上海


■ 日本は世界が先進国と認めるアジアで唯一の国。 +13 安徽


■ 日本と中国の差は、教育システムの問題じゃないと思う。若い人間が科学研究に見を投じたくないからだよ。今の悪い状況はすべて中国人自身が作り出したものだ。決して中国人が劣等というわけではないけども。 +22 河南


■ 言い訳をしても仕方がない。差を認めよう。日本人はアジアで最も優秀な民族だ。 +31 ハノイ在住


■ 日本人は聡明。それはもう疑いようがない。それでも世界に害を与える危険性が、日本人の心の中には今なお潜んでると思う。 +4 天津


■ 地理的要因も大きいんじゃないかな。中国はユーラシア大陸にあって国土があまりにも巨大で、歴史上かなり多くの内乱が起こってきた地域でしょ。それに他の国から侵略も受けやすい。日本は小さな島国だから内乱も少ないし、侵略も受けにくい。だから安定的な発展を遂げることが出来たんじゃないかと。中国は最近ようやく他国の背中を追えるようになった段階。 +22 上海


■ 普通はノーベル賞を受賞した時にニュースになるけど、日本では受賞が当たり前すぎちゃって、受賞を逃した時にニュースになりそう。 +94 北京


■ 日本人と中国人は民族性が真逆だから。比べられるわけがなかろうも。 +37 北京


■ 政府だって日本と仲良くするべきって事を本当は分かってるんだよ。だけど国内の矛盾から国民の目を逸らさせるために、「反日」というカードを使い続けてるんだ! +15 山西


■ 俺は日本に留学してたことがあるんだけど、中国人は日本人の一面しか見てないってことを痛感した。もちろん日本にだって欠点はあるけど、それでも中国人が学ぶべき点は沢山ある。アジア一の大国。その呼び名に恥じない国だよ日本は。 +17 山東


■ 素直に日本を賞賛してるお前らのコメントを見て思った。この国も、まだまだ捨てたもんじゃない。 +8 成都














e0199834_23155113.jpg

●近年、支那・朝鮮が日本をことさらに侮辱する外交攻勢を仕掛けている。しかし日本政府の対応といえば、毎度毎度「遺憾の意」を示すだけである。日本はもう一度、「サムライ国家」としての意気を示し、このふとどき国家を「叱る」義務がある。
e0199834_1553361.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ








[PR]
by cosmic_tree | 2015-10-11 22:59 | 元気がもらえる!

●ラグビー日本代表は、本物のサムライ達だった。

肌の色や顔つきが違えども、彼らの心意気は日本人そのものだった。
e0199834_10185074.jpg
e0199834_14482678.jpg
e0199834_1448477.jpg





ラグビーワールドカップ・イギリス大会のグループリーグ初戦で、日本代表は過去2度の優勝を誇る南アフリカに34対32で歴史的勝利を収めた。大金星から3日経つが、いまだにその興奮は冷めない。

南アフリカはニュージランド、オーストラリアと並ぶビッグ3。今大会でも優勝候補に挙げられていた。一方、日本代表のワールドカップでの成績は1勝21敗2分で、勝利は1991年大会のジンバブエ戦までさかのぼる。

開催国である南アフリカが優勝した1995年の大会では、準優勝したニュージランドに、最多失点記録となる17対145で大敗した。

日本チームは、世界ランキングトップ10に近づくなど、近年大きく成長してきたが、まだまだ上位との力の差は大きい。南アフリカの勝利を疑う者はほとんどいなかった。



e0199834_153298.jpg
e0199834_1450429.jpg



あくまで勝ちにこだわる

しかし、大半の予想に反して、試合は前半から一進一退の攻防が続いた。

試合終盤にさしかかった後半29分、五郎丸歩選手がトライ、ゴールを決めて、29-29の同点に追いつく。しかしその3分後、南アフリカにペナルティーゴールを決められ、日本は再び3点のリードを許す。

試合時間は残り2分。日本はゴールラインまであと数センチまで押し込むも、トライは認められない。日本に残された時間はあと1分。

誰もが日本の勝利を諦めかけていたときに、最大のチャンスが訪れる。ゴール前でペナルティを得たのだ。

ここで日本代表には、2つの選択肢があった。ペナルティーゴールで3点を確実にとり、引き分けに持ち込む。もしくはスクラムを組み、トライで5点を取り、勝ち越しを狙うかだ。


時間的にも最後のワンプレー。今までの日本の戦績を考えると、強豪・南アフリカ相手に引き分けでも快挙だ。ただ、日本代表はあくまで「勝ち」にこだわった。

スクラムから一端右に展開した後、ディフェンスが手薄になった左に展開し直し、ゴールに迫る。最後は途中出場のカーン・ヘスケス選手が、迫りくるディフェンスを振り切り、ゴール左隅に逆転のトライ。ロスタイムの大逆転劇。桜のユニフォームににじみ出る血が死闘を物語っていた。



この勝利は、日本のみならず現地のイギリスの各メディアでも「ワールドカップ史上最大の衝撃」などと、大きく報じられている。


ただ選手は、自分たちの力を信じ切っていたようだ。日本代表としてワールドカップ個人最多記録の24得点を叩き出し、勝利の立役者となった五郎丸選手は、「ラグビーには奇跡なんてない」「80分通して勝てると選手は信じ切っていた」と試合を冷静に振り返っている(21日付日刊スポーツ)。




e0199834_14374223.jpg



君が代は歌詞を理解して歌わないとダメ


確かに勝つ予感はあった。

日本代表31人中、海外出身選手は10人と3割を超える。ラグビーでは「他国で代表歴がなく、3年以上日本に住んでいる」などの条件を満たせば、国籍を問わず桜のジャージに袖を通すことができる。


選手たちの肌の色や顔つきだけでは一見、どこの代表か分からない。しかし、それらは大きな問題ではない。彼らの心意気は日本人そのもの、もしくはそれ以上かもしれないのだから。


南アフリカ戦の前に行われた国歌斉唱で、ひときわ大きな声で君が代を歌ったのは、決勝点を奪ったニュージランド出身のヘスケス選手だった


主将のリーチ・マイケル選手は「試合の前の合宿中には、必ず全員で君が代の練習をします」「君が代の中身を自分たちにつなげて、歌詞を理解して歌わないとダメだと思います」と語っている(1月2日付産経新聞電子版)。


五郎丸選手も自身のツイッターで彼らについて、「母国の代表より日本を選び日本のために戦っている最高の仲間だ。国籍は違うが日本を背負っている。これがラグビーだ」と、絆の強さを語っている。


選手全員が日本の代表としての強い誇りを胸に闘い、日の丸の重みを心の底から感じていたのだ。



e0199834_14525190.jpg
e0199834_14553070.jpg






e0199834_23155113.jpg

●近年、支那・朝鮮が日本をことさらに侮辱する外交攻勢を仕掛けている。しかし日本政府の対応といえば、毎度毎度「遺憾の意」を示すだけである。日本はもう一度、「サムライ国家」としての意気を示し、このふとどき国家を「叱る」義務がある。
e0199834_1553361.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ








[PR]
by cosmic_tree | 2015-10-10 14:39 | 元気がもらえる!

●ロシア人が日本製と中国製のヘルメットを、

命を預ける大事な防具も、この程度か。とても残念だ。
e0199834_22282452.jpg


ロシア人が日本製と中国製のヘルメットを鉄パイプで殴ってみた、



e0199834_21235799.jpg


たった2発で中国製は木っ端微塵。「金」と「金メッキ」は、似ているようで違う、同じように「日本」と「特亜」も全く違うのだ。それが、このヘルメットに象徴されている。ニセモノは必ず消えてなくなる運命にある。




e0199834_23155113.jpg

●近年、支那・朝鮮が日本をことさらに侮辱する外交攻勢を仕掛けている。しかし日本政府の対応といえば、毎度毎度「遺憾の意」を示すだけである。日本はもう一度、「サムライ国家」としての意気を示し、このふとどき国家を「叱る」義務がある。
e0199834_2312719.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ







[PR]
by cosmic_tree | 2015-02-13 21:18 | 元気がもらえる!

●敵を知り己を知れば百戦危うからず、なんてね。

know your enemy, know thyself, and you shall not fear a hundred battles.


これを読むかぎり、僕はどうも中国には住めそうにはないな。
e0199834_22282452.jpg




2014年12月7日、中国のインターネット上に、「中国人が日本で最も“たまらない”と感じる9つのこと」と題する記事が掲載された





今年の秋、日本旅行から帰ってきた友人が、日本はどれだけ良かったかをとうとうと語っていた。気分は良くなかったが、日本が学ぶに値する国だということは認めざるを得ない。友人はまた、中国人が日本で“たまらない”と感じる9つのことをまとめた。

日本に行ったことがある人は、自分の経験と照らし合わせてみてほしい。




1.中国は人が車に道を譲る、日本は車が人に道を譲る。

中国で信号のない道を渡るときは、いつも車を優先しなければならない。しかし、日本では車が止まってくれる。私たちはその意味がわからず10秒ほどボーっとしてしまったことがあった。




2.中国では「トイレットペーパーをごみ箱に入れてください」、日本では「トイレットペーパーをごみ箱に入れないでください」。

中国では、使用済みのトイレットペーパーをごみ箱に入れるのは文明的な行為だ。しかし、日本ではトイレットペーパーを便器に流す。なぜなら、日本のトイレットペーパーは水に溶けるため、詰まることがないからだ。ごみ箱に入れてしまったら、逆に彼らの仕事を増やすことになる。




3.中国のトイレは臭い、日本のトイレは無臭。

中国人は言う。「汚れておらず、臭くもなく、地面に座れるくらい清潔。これでもトイレだと言えるのか?」「こんなにきれいで、臭いもまったくない。これでもトイレなのか?」と。




4.中国は店員がまとめて客を送る、日本は一人ひとりの客に礼を言う。

中国の店では、入口にいる店員が大きな声で「ありがとうございました!」と叫んでいるだけ。買い物をした客をまとめて送り出しているのだ。

一方で、日本で観光バスの運転手は乗客の一人ひとりに声をかけていて、中国人観光客はどのように応じればいいのか困惑していた。バスがホテルを離れるときには、ホテルの従業員が必ずロビーの前に整列して手を振って送り出してくれる。




5.中国の地下鉄は市場のよう、日本の地下鉄は病院のよう。

中国で朝のラッシュアワーに地下鉄に乗ると、さまざまな料理の臭いがしてくる。物を食べたり、おしゃべりしたり、何でもありだ。だが、日本に行って初めて、人はこんなにも静かに秩序を保っていられるということがわかった。

東京の地下鉄は満員でも驚くほど静かで、われわれはおしゃべりするのもためらったほどだ。おかげで、非常に退屈してしまった。




6.中国は成人向け雑誌の販売は違法、日本はガムと一緒に買える。

日本では書店やコンビニなどの、目のつく場所に堂々と置いてある。




7.中国のドラッグストアはただの薬屋、日本のドラッグストアは雑貨屋みたい。

中国のドラッグストアには薬しか売ってない。しかし、日本のドラッグストアには中国の女性が発狂して押し寄せ、2時間経っても出てこないこともざらだ。

なぜなら、店内には薬のほかに化粧品や美容品、サプリメントやお菓子、生活雑貨など何でもそろっているからだ。




8.中国のホテルのシャンプーは使うと髪がワラのようになる、日本ホテルにはDHCのシャンプーがある。

中国のホテルに止まるとき、髪の長い女性はシャンプーを持参しないと大変なことになる。しかし、日本のホテルのアメニティグッズはとんでもなく使いやすい!

普通のホテルにもDHCのシャンプーが置いてあるくらいだ。中国のデパートでバカ高い値段で売られているものが、日本のホテルでは使い放題なのだ。




9.中国の薬は効くまで3日、日本の薬はすぐに効く。

中国で薬を買おうと思えば、3日分買わなければほとんど意味がない。しかし、日本で買った便秘薬はたった3粒飲んだだけで10年間の頑固な便秘がすっかりよくなった!残った薬はどうすればいいんだ!(翻訳・編集/TK)




悪どいのは、こいつら中共のアホども。
e0199834_22101038.jpg

国民の生活の事など、二の次・三の次に決まってるんだよ。
e0199834_22104725.jpg


習近平が自分を守るために、姉夫婦など親族のファミリービジネスを禁止し、所有している株式や豪邸など数億ドル規模の資産を密かに売却するよう指示。

その結果、北京や香港の不動産物件だけで、その売却益が2億3400億ドル(約234億円)にも達したらしい。また株式による資産は少なくとも21億ドル(約2100億円)にも達するという。

今、こいつは、どうやって釈明するのか必死に考えているところだろう。自分の事しか考えていない悪党だ。中国国民は本当に不幸な国民だ。





e0199834_23155113.jpg

●嘘・偽りは、さまざまな批判・非難・攻撃によって敗れ去る。しかし、真実は、たとえどのような批判を受けても、逆風を受けても、前に進んでいくものなのだ。





[PR]
by cosmic_tree | 2015-01-05 22:10 | 元気がもらえる!

●自衛隊の皆さん、本当にご苦労様です。誇りに思います。



この映像は何度観ても、毎回感動してしまう。本当にすばらしい。
e0199834_22282452.jpg


<2004年の話>


「イラクには友人として助けにきました。」
番匠幸一郎(ばんしょう こういちろう)一等陸佐




何故こうゆう事実が報道されないのか?日本にとって誇らしい事だと思うことは本当に報道しない左翼マスゴミ。赤日やNHKを筆頭に、おまえらがやっていることは、嘘吐き国家と一緒になって日本と日本人の誇りを傷つけてばかりいるのだ。


愚かなマスゴミよ、きっとおまえらには、厳しい成敗がくだされるであろう。日本人は、一見おとなしい風に思えるが、実は正義感の強い民族なのだ。このままでは、済まさない事を、おまえらは身を持って知ることだろう。



他にも報道されなかった事実。

●掃海艇の活躍で感謝の気持ちから原油360億円相当を東北地震の時に送ったクウェート。

●戦争中に傷ついた日本兵をかくまって手当てし、その後処刑されてしまったパプア・ニューギニア人。

●日本兵を助け、友に戦った台湾兵その中でも突出した高砂族。

●日本は何も悪くないと、サンフランシスコ条約に出席しなかったインド。

●ソ連の日本分割占領案に反対を唱えたセイロン(現スリランカ)。


あげればきりがないが、こういった国々を万が一訪れて、日本人と知って親しく接してくる現地人に、少なくともお礼を言えるくらいの知識を学ぶ時間をとるべきだろう。

それこそが、サムライの国民ではあるまいか。







e0199834_8541868.jpg










[PR]
by cosmic_tree | 2015-01-01 21:47 | 元気がもらえる!

●日中韓は、暗い過去ではなく明るい未来に、そろそろ目をむけようではないか。

e0199834_8181412.jpg

”優しさ”には、日本も中国も同じ。必ず、お互い分かり合える時がくるだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141026-00000026-rcdc-cn&pos=2


2014年10月24日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、あるユーザーが日本の北海道にある「盲導犬老犬ホーム」を写真入りで紹介した。

盲導犬の役目を終えたイヌたちが、職員やボランティアの温かい介護を受けながら、静かに余生を送る様子を伝えた記事は、中国ユーザーの大きな反響を呼んでいる。

以下は主なコメント。


「涙で写真が見えない」

「泣きたくなった」

「なんて素晴らしい施設なんだ!」
「盲導犬に心から感謝する日本人を、私は尊敬します」

「そこの日本の悪口を毎日言ってるヤツ!日本には学ぶべきところがあると本当に思わないのか?」

「中国では絶対にありえない話」

「中国だったら、食べられて終わり」

「私もここで働きたい!」

「だから私は日本が好きなんだ」

「これこそが文明国家!」

「日本人の資質には1000年たっても追いつかないと思う」

「イヌにこれだけ優しくなれるんだったら、人間にはもっと優しくなれるよね」

「日本人は本当にひとことでは語れない民族だな」

「日本人って残酷なの?優しいの?」


(翻訳・編集/本郷)

e0199834_82341100.jpg




http://www.recordchina.co.jp/a91889.html

中国を侵略した国は多いが、なぜ日本人を最も憎むのか=幼少から反日叩き込まれたパブロフの犬―中国ネット

2014年7月30日、「中国を侵略した民族は多いが、中国人はなぜ日本人を最も憎むのか」と題した文章が、中国のネット上で話題を呼んでいる。


筆者は「国が子どもたちに『標準的な回答』を教え込めば、数世代後には、国民の多くが判断力と思考能力を失うことになる」と警鐘を鳴らす。

その具体例として、中国人は珍宝島(ダマンスキー島)と聞けばソ連を憎み、軍歌「血染めの風采」が流れればベトナムを憎み、国民党反動派で台湾を憎み、粉ミルク規制問題で香港を憎み、世界の警察が各地で石油を略奪していると聞いて米国を憎むとし、「自ら思考することはほとんどなく、他人から与えられた回答を習慣的に受け入れている」と指摘する。

その上で、「最もたたき込まれているのは、疑いもなく日本だ」とし、「多くの中国人が『日本人』の3文字に条件反射するのは、まるでパブロフの犬のように、長期にわたって訓練された結果だ」と指摘している。

(翻訳・編集/NY)



[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-27 08:25 | 元気がもらえる!

●「君が代」が日本の国家で善かった。

すぎやまこういち氏の語りに感動した。




また、君が代には、次のようなエピソードがあります。日本の代表的作曲家山田耕作氏は、若い頃ドイツに留学していました。その頃、ドイツの大学の音楽教授たちが、世界の主な国歌について品定めをしました。その結果第一位に選ばれたのが日本の「君が代」でした。


e0199834_2223220.jpg




<君が代 独唱 野々村彩乃さん>

e0199834_2219282.jpg








e0199834_22294621.jpg

[PR]
by cosmic_tree | 2014-08-23 22:03 | 元気がもらえる!

●ちょっと長いですが、この本の皆さんの感想です。本当の韓国がわかります。

e0199834_21365352.jpg


虚言と虚飾の国・韓国 呉 善花 (著)



〈内容紹介〉

韓国はウソまみれ!

反日民族主義、歴史捏造、エゴイズム、経済の成功……。韓国では、自分に都合のよい「空想」をもって、現実を見ようとしない自民族中心主義が学問の領域まで及んでいるのであるから問題は深刻である。ウソで自らを飾り立てる韓国は、このままでは倫理崩壊の道をひた走るばかりである。彼らはなぜウソをつくのか?本書を読めば、韓国の真実がわかる。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
〈著者紹介〉

呉 善花(オ・ソンファ、1956年9月15日 - )
韓国生まれの日本評論家、教員、言論家。済州島出身。大東文化大学(英語学専攻)卒業後、東京外国語大学地域研究研究科修士課程(北米地域研究)修了。拓殖大学国際学部教授。元韓国籍で日本に帰化。

〈来歴・人物〉

子供時代を済州島で過ごす。1983年に留学生として来日。大学院進学後に執筆活動を始め、日本で働く韓国人ホステスを題材とした「スカートの風」はベストセラーとなった。後にシリーズ化し、「続 スカートの風」「新 スカートの風」が出版されている。他の著作に、『「日帝」だけで歴史は語れない』、『攘夷の韓国 開国の日本』(山本七平賞受賞)などがある。

戦前に日本在住経験のあった母親からの影響もあり、片言の日本語を披露しては済州島民に喜ばれていたと幼少期を振り返っている。学校教育によって一時は反日主義に傾倒したが、来日した後にさまざまな葛藤を経て知日派になった。

韓国併合を全否定しないことや日本の自虐史観の改善を求めていることから、韓国では親日派、「韓国を卑下する書籍を出版してきた」という否定的評価を受けている。また、韓国における漢字復活論支持者でもあり、自著でもたびたびハングル専用教育の弊害について言及している。

現在は日本に帰化している。日本語読みではなく朝鮮語読みのまま「オ・ソンファ」と名乗っている理由について、朝鮮語にはない「濁音」が苦手で、自分の名前の日本語読みの「ご・ぜんか(呉善花)」を上手く発音できないためと説明している。




■多くの人達の感想。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

最も参考になったAmazonカスタマーレビュー
225 人中、219人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
1.韓国幻想を、完膚なきまでに打ち砕く衝撃の一冊だ。 2012/10/27By daisy


2008年6月に三交社より発刊された『韓国 倫理崩壊 1998~2008』を改題・改訂した新版。「看板に偽り無し」を実感させられるのは、本書の論考が数多くのニュースソース、それも「朝鮮日報」や「中央日報」「東亜日報」など韓国大手メディアに拠るものが非常に多い点。

つまりはそれらが韓国の堂々たる主張であり、自らを客観的に見ることの出来ない韓国をそのまま現しているといっても過言ではない。

迷惑な隣国の国民性を識るには最適の一冊であり、国内マスコミが躍起になって持てはやすK-POPやドラマを通じて蔓延る韓国への幻想を完膚なきまでに打ち砕く衝撃の一冊だ。

余談だがこのレビューを書いている2012年10月現在、京都大学の山中教授によるiPS細胞の研究がノーベル賞に輝いた事は記憶に新しい。

本書には「近年の嘘つき事件の最たるもの」として、ソウル大学医学部が持ち上げた「ES細胞」捏造事件についても触れている。iPS細胞が輝く分、暗い影を落とすES細胞。他にも、2012年現在の視点で本書と向き合うと、いろいろなものが浮かび上がって来るかも知れない。


84 人中、82人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.悲しくても「敢えて言う」祖国批判 2013/5/9 By 昭和弐拾八號

読者-特に40代以下の若い人の中には、本書を読んで「まさか、この21世紀の、OECD加盟国(日本は1964年、韓国は1996年に加盟)である自称・先進国の韓国で、そんな奇妙で馬鹿げた出鱈目が横行しているなんて、信じられない。 

呉善花女史は、自分を迫害した祖国を恨みに思い、殊更、朝鮮民族を醜悪に描写し、誹謗しているのではないのか?」と思うことがあるかも知れない。 しかし、残念ながら著者の指摘は殆どが正しい。

著者の指摘に疑問を持つ人は、日本の嫌韓ないし韓国・朝鮮人批判(実際、批判するしかないから仕方ないとも言えるのだが・・・)の著作だけ読んでいても疑いの気持は晴れないであろう。 

そんな人たちにお薦めの、絶好の媒体がある。それは、韓国の新聞社が日本語で公開しているインターネット新聞「中央日報」と「朝鮮日報」の各日本語版で、日本でいえば朝日と毎日みたいなものであるが、特に、面白さでは中央日報をお薦めする。 

率直にいえば、中央日報の知的レベルはおまけして日本の「中学生新聞」といったところで、記事の過半数は、呆れ果てるを通り越して愉快ですらある。 

ここまで幼稚だと寧ろ腹は立たないが、幼稚で馬鹿馬鹿しいから危険でないとは言えないのは、ご存じの通りである。

捏造が得意な中国人すら呆れるほど、自意識過剰で嘘まみれの悲しい国・民族"KOREA"。 インターネットメディア「サーチナ」で、中国人ブロガーたちの韓国「ウリジナル」に対する酷評を参照していただければ、それが分かるであろう。 

インターネット論壇を見る限り、中国の知識階層の何割かは自国政府の嘘八百を見抜いて冷ややかな論調だが、韓国では、大学教授からマスコミから一般市民に至るまで、本気で反日・侮日・仇日で凝り固まってしまっている。

ここまで自国民を洗脳してしまうと、あとで自分達が困ったことにはなりはしませんか。親日派も20%くらい残して泳がせておいたほうが韓国という国家・朝鮮民族にとって安全だったのでのでは?と、余計なお節介を言いたくなる(しかし、勿論もう手遅れだ)。

切り取り強盗の中共が「為にする」悪質なデマ/プロパガンダに、例の「南京大虐殺」があるが、それに匹敵するコリアンの極めて悪質・卑劣な事実無根のプロパガンダが「(偽)従軍慰安婦」である。 

現在、世界最大の娼婦輸出大国として世界中から顰蹙を買っている韓国(なにせ、娼婦たちが昼の日中に、売春を取り締まらず商売させろと大規模デモをやって、世界中を驚倒させたのを忘れたとは言わさない)の、文字通り天に唾する行為であり、捏造慰安婦は、遠からず韓国自身にブーメランとなって帰ってくるであろう。 

善悪を超えた世界最古の商売は、合法・非合法にかかわらず(特に現代では)こっそりやるものである。 

自分達コリアンが目下、全世界でこの商売を盛大にやっていながら、昔の(かつそれが合法だった時代)のことを、しかも朝鮮人慰安婦を募集したのは朝鮮人業者が主体であったのが史実と判明しているのに、針小棒大に捏造して旧宗主国(自分達も「内鮮一体」政策の下、日本国民であったのに)を軽々に中傷するものではない。

慰安婦問題に限らず、歴史の解釈は自由であっていいが、史実そのものを後で逆転させたり、無から有を捏造することは許されない。 しかし韓国人は、肥大した自尊心の満足のために、捏造という「禁断の木の実」を食べてしまった。


【結論】
妄想の世界から抜け出せない韓国人に、道理を説いたり忠告したりしても無駄である。 まして、その場しのぎで下手に出るのは最大の愚策である。 

我が国は、なぜか愚策を(しかも主として自民党政権下で)何十年と続けてきた。その結果がこの体たらく。欺瞞に立脚した不正常な日韓関係(駄々っ子甘やかし)は、結果的に韓国人を有利にはしなかった。 

日本人も韓国人も、どちらも(特に韓国人自身がであるが)不幸になったのである。

しかし、もう韓国を甘やかす必要はない。韓国人が「世界の中で、日本国にだけは、どんな無理難題を吹っかけてても、失礼な態度をとっても、事実に反した出鱈目な要求をしてもいい。」という、旧宗主国に甘えてきた、ふざけた時代は、2012年を以って終わったのである。 

仮に将来、朝鮮半島にまともな政府が出現し、いかに韓国人が過去の反日・侮日を反省し態度を改めようと、向後3世代100年は、日本がコリアンの面倒を見ることは有り得ないであろう。


【基本的に著者主張どおりだが、部分的には異論のある記述】
p.44「およそ反日と不可分の民族主義を高唱した国は、世界の中で韓国が唯一である。」 →反日を国是とする奇怪な国・民族は、中共・北朝鮮・韓国の2民族3カ国である。

p.50「漢字排斥がもたらした弊害・・・概念語や専門用語のほとんどすべてが漢字語であるのに・・・大部分の韓国人が抽象度の高い思考や議論を苦手とするようになってしまった。なぜ漢字廃止、ハングル専用などいうバカなことをしたのか。・・・偏狭な民族主義・愛国主義だからできた暴挙であった。」 

→昭和40年頃まで、韓国の新聞は「漢字ハングル交じり文」で書かれており、日本人にも一見して大意が取れるものであった。 

もし、日本語がすべてカタカナ(あるいはラテンアルファベット)だけの表記になったと想像すれば、漢字・漢語系語彙との関係でハングル専用と同様な事態になるだろうから、著者の主張に賛成するが、一方、朝鮮と並んで支那の古い属国で漢字表記国家だった越南(ベトナム)が、フランスの支配下になって漢字および漢字から派生したチュノムを廃してラテン文字に切り替えたにも関わらず、ベトナム人がそのために幼稚・劣等民族になったとは聞かない(漢語由来の語彙は、今なお日本語・朝鮮語と変わらないくらい多いというのに)。 

従って、ハングル専用の弊害を、漢字を残した日本と比較しただけでは不十分で、ベトナムの正書法変更との言語学的な比較検証が必要と思われる。 案外、新たな発見があるかも知れない。

【日韓問題考察のためお薦めする代表的参考書】
鄭大均(著)「在日・強制連行の神話」文春新書
黒田勝弘(著)「韓国人の歴史観」文春新書
月刊WiLL 2013-5月号 総力大特集「韓国人の嘘が止まらない!」
金完燮(著)「日韓禁断の歴史」
水間政憲(著)「「日韓併合」の真実」
黄 文雄(著)「韓国は日本人がつくった」
金 文学(著)「「反日」という甘えを断て―韓国民に告ぐ!! 」祥伝社黄金文庫
崔 基鎬 (著)「韓国 堕落の2000年史―日本に大差をつけられた理由」祥伝社黄金文庫
三橋貴明・ 渡邉哲也(著)「完全にヤバイ!韓国経済」 (2009/7/7)
三橋貴明(著)「グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本」(2012/6/21)

187 人中、179人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3.韓国の真実を知ろう。 2013/2/10  By s.blue

本書を読んで、韓国や韓国人の言動について、不可解に感じていたことが腑に落ちました。

ネットで「韓国とは鎖国すべきだ」「韓国人はキ○ガイだ」という書き込みがあるのを嫌韓の人の過剰な、アレルギー的な反応だと思っていましたが、必ずしもそうではなく、自分が無知だったのだと理解できました。

韓国は、これまで想像したこともなかったような異常な国であり、民族であると知りました。マスコミなどで、北朝鮮のことを「やっかいな隣人」と表現することがありますが、根底に流れるものは、韓国も北朝鮮も似たり寄ったりのようです。

最近「竹島問題」や「慰安婦問題」など、韓国との外交問題がよく話題に上りますが、日本人に相対するのと同じような感覚で外交を行うのがいかに危険かわかります。「騙されるほうが悪い」という文化を持っている民族だという認識が必要です。

日本の政治家は、この本に書いてある程度のことは「必ず」知っている必要があります。いや、むしろすべての日本人が知るべきです。韓流などといって浮かれている場合ではありません。学校指定図書として、すべての学生に読ませたい内容です。

韓国に援助などしなければ、日本もいまほど不景気に悩まされることはなかったかも知れません。恩を仇で返す韓国。韓国は古くから伝統的な「侮日」の文化を持っているのです。(ちなみに、中国も韓国とよく似ているところがあります。)

日本人が書いたこの手の本は、日本の立場から、日本に都合よく書かれているのではないか、という疑念がありますが、この本の著者は、韓国人(いまはやむをえず日本に帰化していますが)です。

また、韓国に対して厳しい指摘をしつつも、韓国の認めるべきところは認めていると感じられ、客観的な立場から書かれた、信頼できる本だと思われます。

具体的な内容については、レビューのなかでは触れませんが、ぜひ一人でも多くの日本人に読んでもらいたいと強く望みます。

ちなみに・・・韓国がいかに良識を外れた国であったとしても、すべての韓国人がそうであるとは限りません。著者のように心ある韓国人がいるということも忘れてはいけません。我々は韓国人ではなく、(良識ある)日本人なのですから。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4.最後にしたい韓国本 2013/6/1  By テニスおやじ "ふくちゃん" (八王子)

レビュー対象商品: 虚言と虚飾の国・韓国 (WAC BUNKO) (新書)

わたしたち日本人は日常あらゆるところで韓国人と関わり合いを持ちます。

そして、善意からいろいろなことをしてあげても最後は裏切られる、そして少なからず被害を受ける、こうした経験は多くの人がしているでしょう。そしてこの本を読むと「なるほど」とうなずいてしまいます。

やはり韓国人に対する温情の貯金はもう使い果たしたというべきでしょうか。私に関しては「もうこりごり」というのが本音です。

個人的な体験ではスポーツジムでしつこく付きまとわれ、韓国の話、自分がいかに優秀人間かという自慢話を韓国人の留学生にされました。

日本の偏差値50以下の大学に30歳を超えて入学しそしていつまでも韓国に帰らない、留学生なのに英語が一言もできない、相手かまわず誰にでも「飲みに行きましょう」「家に遊びにいってもいいですか」といい5年間ぐらいジムのなかをうろついていました。

どんなスポーツをやるにしても、基礎とマナーが必要という常識がまるでなく、いきなり自分が一流と勘違いし、周囲が冷笑していることに全く気がつかない御仁はあらゆるところから追放されました。

そして決まり文句は「日本人は冷たい」、、、呆れてものが言えませんでした。彼はまたどこかで同じ問題をおこしながら日本のどこかでうろうろしているのでしょう。

こうした韓国人の行動が痛いほどよくわかる本でした、別に他人の国がどのような常識を持とうとも知ったことではありませんが、少なくとも自分の周りにはいてほしくありませんね。

こんな話をシンガポールとタイでしたところみなさん同感でした。シンガポールでもテニストーナメントでINかOUTで大喧嘩をして迷惑をかけているのは韓国人です。

スカッシュコートでも周囲は恐怖して相手にしないように気を付ける、そしてタイでは、あきらかな人種差別や使用人やマッサージのおばさんに対する暴力でタイで嫌われているのも韓国人です。

やはり恨みの感情の教育や、独善性をはぐくむ教育はこうした人格をつくるのでしょうか、そんな偉大な文化や文明をお餅なら自分の国から出ないでくださいね、バカが喜ぶ3流ドラマは例外的に迷惑がかからない唯一の韓国文化なのかもしれません、とにかくかかわりを持つのはもうお断りです。

この本を最後に韓国本を読むのもやめにしたくなりました。自分の意識からも消えてもらいたい人たちです。とにかくスルーがきほんです、、、


追記ですが、3年ほど前シンガポールの人材派遣業の会社Aで韓国人の現地(シンガポール)採用の人材を探そうと、ソウルに支社を作る計画を立てたそうです。このA社の情報はどうしてか韓国に伝えられ、即座にA社のPCは韓国人のエントリーシートで満杯になったそうです。

そして人材は将来軍の幹部や大統領になってもおかしくないほどの人材が大量に応募してきたそうです。こんなことは韓国以外ではありえない、ミヤンマーですらあり得ないそうです。

どうして????と質問されて困りましたが、この本をプレゼントすれば謎が解けるので是非とも次にシンガポールに行くときは持ってゆこうと思います、早く英語訳を出してください。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5.わかりやすいのにとても深い、必携本。2013/5/31By sea and sky 2010
レビュー対象商品: 虚言と虚飾の国・韓国 (WAC BUNKO) (新書)

単なる嫌韓本ではないですね。論評の根拠を参考文献ふくめて、完璧に提示している点が素晴らしい。また、当の国の人ならではの、自主的客観評価もまとを得ていて納得させられる内容ばかり。

家長制度などを絡めて展開する見識などは他の本でも見受けられますが、この著者は、では、なぜそうなのか、そしてそうなのかになる、元はなんなのか、その元は、本質はなんなのかと、かなり深い部分まで掘り下げたうえで、さらに深く掘り下げて、それでもさらに掘り下げる内容ばかりです。それらが重箱の隅的な、狭小なものでない点は必読でしょう。

ある程度、かの国の民族性は理解していたつもりでしたが、さらにその根幹、下手する当の国民でさえよくわかっていない部分まで納得できます。

感情的に韓国を口撃する内容の書ではありません。ですが、日本人のほとんど全国民に配布すべきくらいの、わかりやすい的確な必携書でしょう。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6.日本よりポーランド・ヴェトナムと比較しては, 2013/5/17By アキレスの踵 "アレキシス" (三重県)
レビュー対象商品: 虚言と虚飾の国・韓国 (WAC BUNKO) (新書)


呉さんはじめ、黄文雄さん、石平さんなど中韓の文化の本質にまで踏み込んだ著作があいつぎ、わたしが若い頃読んだ比較文化論より確実にレベルが上がっていて、あらゆる論点を論じ尽くしたといえるほどです。御三方の英知と勇気に敬意を表したい。

しかし韓国は日本と比較するより、第三国と比較するほうが特徴がはっきりするのではないでしょうか。

例えばポーランドはロシアから何度も支配され、国土を蹂躙されてきました。しかしポーランド人は、「西欧の文化をロシアに伝えてやったのはポーランドだ。ロシアはその恩を忘れて、独自の文化を生み出したと思っている。」などと幼稚な民族主義に走ったりしません。いったいなぜなのでしょうか?

韓国と条件がよく似た国がヴェトナムです。中国に何度も国土を蹂躙されて長く朝貢を続け、文化的にも支配されてきました。そのせいで強烈な反中民族主義があり、漢字を廃止したことでも両国は同じです。

しかしヴェトナム人は歴史をねつ造してまで偉大な歴史があったことにして、集団妄想に陥ったりしません。いったいなぜなのでしょうか? 韓国は反日感情が暴走して歯止めが効かなくなりつつあり、みずから中国の支配下に入ろうとしています。両国の対中感情を比較すれば、違いがよくわかるのではないでしょうか。

こうしてみてくると、隣国が世界中を見渡してもかなり特殊な文化を持つ国だとわかります。関わりたくないという人が多く、わたしも同感です。しかし史実をねつ造してまで日本を貶めたいという衝動にかられた隣人がいて、日本国内にも喰い込んでいるというのに、それは甘えと逃避でしかありません。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7.真の愛国心2012/11/27By 富樫 攻治 レビュー対象商品: 虚言と虚飾の国・韓国

母国に身内を残しながらの執筆には、大変な葛藤を想像できます。売国奴と罵られることも当然予想しながら書かざるをえないと思う心情が伝わる。根底にあるのは、母国が世界に尊敬される国に変わってほしいと願う愛国心ゆえと理解します。

かつて金大中元大統領の弁に、「北朝鮮は病的なほど体面を重んじる」と評したことがあったが、それはそっくり韓国にもあてはまると思って私は聞いた。これは、国民性では括れない政治的な病理だと思う。

一度国民教育に差し込んだ嘘を覆すには、今の韓国には大変なリスクとエネルギーを要し難しいとは思うが、呉さんのような理性的な知識人と政治家がより多く出てくることを願わずにはいられない。同時に日本の政治家にも。






[PR]
by cosmic_tree | 2013-08-11 21:37 | 元気がもらえる!