争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●北朝鮮の核兵器、2020年..
at 2017-07-24 22:27
●北朝鮮が日本攻撃を決めれば..
at 2017-07-14 08:23
●護衛艦「いずも」+F-35..
at 2017-06-22 21:48
●北の弾道ミサイルのターゲッ..
at 2017-06-13 22:44
●三隻の空母派遣は米国が本気..
at 2017-05-27 22:16
●韓国には嘘をつくことが恥ず..
at 2017-05-26 13:00
●文在寅は、ガチガチの「従中..
at 2017-05-12 22:52
●くたばれ「吉田ドクトリン」
at 2017-05-07 23:02
●日本は占領憲法で独立国家と..
at 2017-05-03 09:09
●北のテロは日本にとってミサ..
at 2017-04-29 10:10
●北朝鮮が戦争を起こしたら・・・
at 2017-04-25 08:33
●もし水爆が日本に落とされれ..
at 2017-04-21 21:32
●北朝鮮から日本にミサイルを..
at 2017-04-14 08:47
●北朝鮮の危機迫る !!
at 2017-04-13 13:47
●北朝鮮のミサイル4発が、日..
at 2017-04-06 22:24
●南朝鮮の次期政権は北朝鮮の..
at 2017-04-05 21:58
●元北朝鮮兵器開発者は語る
at 2017-04-01 15:21
●中国に迫る経済大崩壊
at 2017-03-30 21:49
●日本にとって脅威、中国が配..
at 2017-03-27 22:08
●レーダー5号機は、他国の軍..
at 2017-03-18 23:18

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

カテゴリ:ガンバレ、ニッポン。( 29 )

●●世界の国歌と比べてみても、『君が代』は素晴らしい!


e0199834_2317293.jpg

世界各国の国歌の内容を見ると、改めて「君が代」は素晴らしいと思えた。何より、一番平和で大らかで詩だと思う。それに比べて他の国は、なんと血生臭いことか。多分、独立するのに多くの血が流されたからなんだろうが、それにしても・・・・・



君が代


国歌として最も古いのは、16世紀後半のオランダ国歌「ウィルヘルム」だが、国歌の「歌詞」としては、『君が代』はオランダ国歌よりも、さらに600年も古く、世界最古である。

1869年(明治2年)、大山巌が、天皇が臨席する儀式用の歌として『君が代』を選んだ。当初、イギリス人の軍楽隊教師が曲をつけたが定着しなかった。

その後、1880年(明治13年)、宮中の雅楽の楽人がメロディーをつけ、ドイツ人が編曲し、天長節に初めて演奏され、1893年(明治26年)8月12日、文部省が『君が代』等を収めた「祝日大祭日歌詞竝樂譜」を官報に告示。小学校の儀式用唱歌とされた。

1903年(明治36年)、ドイツで行われた「世界国歌コンクール」で『君が代』は一等を受賞した。



e0199834_23185158.jpg



―――――――

◆バジル・ホール・チェンバレン翻訳の『君が代』

バジル・ホール・チェンバレン(1850年10月18日~1935年2月15日)は、イギリスの日本研究家で、元東京帝国大学文学部の名誉教師である。俳句を英訳した最初の人物で、『古事記』などの英訳などでも知られる。

A thousand years of happy life be thine!
Live on, my Lord, till what are pebbles now,
By age united, to great rocks shall grow,
Whose venerable sides the moss doth line.

汝(なんじ)の治世が幸せな数千年であるように
われらが主よ、治めつづけたまえ、今は小石であるものが
時代を経て、あつまりて大いなる岩となり
神さびたその側面に苔が生(は)える日まで





――世界の国歌――



■オランダ「 ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ」(15番まであります。)

父なる神よ
奴らの邪悪なたくらみを許すな
私のこの無実の血で
奴らの手が染まることのないように



■アメリカ「星条旗」

危険きわまりない戦闘の最中にも
我らが死守する砦の上
星条旗は雄雄しくひるがえっていただろうか?
赤き閃光を引く砲弾の降りそそぐ夜を徹して
おお我らの星条旗は
ゆるぐことなく
いまだ、そこにはためいていた



■中国「義勇行進曲」

奴隷となりたくない人々よ!
我らの血と肉をもって築こう
我らの新しき長城を
中華民族
最大の危機に際し
ひとりひとりが最後の鬨(とき)の声をあげるときだ
起て! 起て! 起て!
我ら万人心を一つにして
敵の砲火をついて前進しよう!



■ポルトガル「ポルトガルの歌」

武器を取れ!
武器を取れ!
大地に大海に!
祖国のために戦わん!
大砲に向かって進め、進め!



■フランス「ラ・マルセイエーズ」

圧制に抗する我らのもとに 
血まみれの旗ひるがえり
聞け、戦場にあふれるおびえた敵兵の叫びを
子供たちや妻の喉を掻ききろうとしている
市民たちよ
武器をとれ!



■トルコ「独立行進曲」

この怒りは何なのか?
我らの国旗のために流した血は
自由と独立がなければ無駄になる



■ルーマニア「目覚めよ、ルーマニア人」

いまわしき圧制の足枷を引きちぎり
今こそ輝かしき地平を目指せ
深きまどろみを振りはらい
凶暴なる敵にみせしめよ



■メキシコ

メキシコの民よ、聞け
戦いの鬨の声
剣と鞍の用意は整った
大砲のとどろきで大地の底までふるわせろ



■デンマーク「麗しき国(Der er et yndigt land)」

ふたたび敵を追いつめんと進軍した
彼らの屍は
今はこの地に眠る
石柱と塚の下に



■アイルランド「兵士の歌(Amhrán na bhFiann)」

いざ今宵、命知らずの俺たちは
悲しみも喜びもアイルランドに捧げ
大砲とどろき
銃声つんざくなか
兵士の歌をくちずさむ



■ウクライナ「ウクライナは滅びず」

敵は陽にさらされた朝露のごとく死に絶える
そして兄弟よ、我らは幸福に満たされ
祖国に生きるだろう
自由を勝ち得んと魂も肉体さえも顧みず
兄弟よ我らコサック魂を知らしめよ



■セルビア・モンテネグロ「聞け!スラブの民よ」

生きよ、生きよ、スラヴの精神よ
永久に生き続けよ
地獄の穴などものともしない
火を噴く砲撃などものともしない



■ポーランド「ドンブロフスキのマズルカ(ポーランドは未だ滅びず)」

我らここにあるかぎり
たとえ敵に蹂躙されようとも
剣もて闘い討ち取らん



■ベトナム「進軍歌」

遠く轟く銃声も
我らの行軍の歌にかき消され
栄光への道のりを
敵の屍を踏み越えて進む
すべての困難を克服し
抵抗の基盤を築くのだ
民族の切なる願いが有るかぎり
我ら戦場に赴き 闘おう!



■ロシア「祖国は我らのために」

ロシア、我等が聖なる帝国
ロシア、最愛の祖国
強大な意思の力
偉大なる栄光
常しえに誉れ高くあらん



■ドイツ「ドイツ人の歌」

祖国ドイツに統一、正義そして自由を!
友よ、共に進もう!
兄弟のように、心を重ね、手を取り合って
統一、正義そして自由は幸福の証し
幸せの輝きの中 栄えよ、祖国ドイツよ!



■イギリス「神よ女王陛下を守り給え(God Save the Queen)」

神よ我らが慈悲深き 女王陛下を守りたまえ
我等が高貴なる女王陛下の永らえんことを
神よ我らが女王陛下を守りたまえ
勝利・幸福そして栄光を捧げよ
御代の永らえんことを
神よ我らが女王陛下を守りたまえ

―――――――――――――――――

世界の国歌と比べてみても、『君が代』は素晴らしい!

『君が代』を堂々と歌おう!


e0199834_23202017.jpg

e0199834_15395724.jpg





[PR]
by cosmic_tree | 2013-12-22 22:09 | ガンバレ、ニッポン。

●日本は正念場・・・アメリカの最も重要なパートナーは中国


e0199834_853440.jpg

アメリカにとって「アジアで最も重要なパートナー」を選ぶ質問では、日本ではなく中国がトップとなった。
e0199834_86488.jpg


アメリカの最も重要なパートナーは中国!? 日本は日米両国の発展を考えるべき
2013.12.20

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7124


外務省は19日、米国で行われた日本に関する世論調査の結果を発表。現在の日米安保を維持すべきだと考える人が過去最低の67%という厳しい結果となったと20日付各紙が報じている。本調査は、今年7~8月、一般国民1000人と、政財界や宗教界、マスコミ関係者ら有識者201人を対象に行ったもの。



有識者とは区別して行った一般国民対象の調査で、「日米安全保障条約を維持すべきか」という質問に対し、「維持すべきだ」と回答した人は一般で67%(前年より22ポイント減)、有識者で77%(前年より16ポイント減)となり、共に急落した。


さらに、「アジアで最も重要なパートナー」を選ぶ質問では、日本ではなく中国がトップとなった。日本を選んだ人は一般で35%(前年より15ポイント減)、有識者で39%(前年より1ポイント減)に対し、中国を選んだ人は一般で39%、有識者で43%という結果だったという。


アメリカ国民が日米同盟の維持に消極的になっている原因としては、アメリカの財政赤字や軍事予算の削減に伴い、尖閣諸島問題を中心とする日中の衝突に巻き込まれることを本音では避けたい考えがあると見られる。日本としては、集団的自衛権の行使を認めるなどして、協調関係を深めたいところだ。


一方、アジアの重要パートナーとして中国を選ぶ国民が増えている背景には、中国市場への期待と共に、経済面における日本への失望や不満が渦巻いていると考えられる。

実際、TPP交渉では、同盟国である日本とアメリカが最も対立しており、年内妥結は見送られることになった。自民党は、麦やコメなど農産品5項目を関税撤廃の対象外にすることを求める一方、アメリカ側が求めている日本市場での自動車の安全性や環境の基準緩和については拒否し続けている。

国防面でアメリカ頼みを続け、経済面では「国益」ばかりを主張する日本の姿勢は、国際社会ではエゴイズムに取られかねない。トータルで見た同盟国の協力関係という意味では、日本はアメリカから物を買って、経済を支えようとする面が足りないのではないか。


そうは言っても、中国の一党独裁の全体主義体制は、自由主義を掲げるアメリカとは根本的に相容れない価値観だ。それに、太平洋からアメリカ軍を追い出そうとしている覇権主義の中国政府は、アメリカを「重要パートナー」とは見ていないだろう。

アメリカがアジアで手を組むべき国は、同じく自由の価値を認めている日本しかない。そのためにも、日本は日米両国が発展する道を考え、世界のリーダー国としての自覚を深めていくことが大切だ。
(雅)

e0199834_7343194.jpg








[PR]
by cosmic_tree | 2013-12-22 07:29 | ガンバレ、ニッポン。

●日本は善の善なる者になろう!


e0199834_8562227.jpg

e0199834_840115.jpg



孫子の最強の兵法

是故百戦百勝、非善之善者也。不戦而屈人之兵、善之善者也。(百戦百勝は善の善なる者にあらざるなり。戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり)

〈意味〉戦えば必ず勝つ。いわゆる『百戦百勝』が最高にすぐれたものではない。最もいい方法は、敵兵と戦わずして屈伏させる戦い方である。

アメリカの庇護のもとに戦後の繁栄を享受してきた日本では、軍隊といえば「戦争するもの」という固定観念が定着してきた。

しかし盤石な防衛体制を固めることは、敵に戦を諦めさせて平和を守るための定石と言えるのです。






e0199834_8514743.jpg

e0199834_8571076.jpg

e0199834_8573171.jpg

e0199834_1752112.jpg



e0199834_8455151.jpg









[PR]
by cosmic_tree | 2013-11-13 08:40 | ガンバレ、ニッポン。

●やるじゃないか、外務省!“竹島”宣伝動画対決、日本が圧勝。

竹島が歴史的にも、国際法上も、日本固有の領土であるのです。


〈日本語〉








竹島は、日本固有の領土であることを内外に説明するために、外務省が新たに英語版の動画をUPしました。


〈English〉









日本人も外国人も竹島問題の真実を、これを見てを知って下さい!どこかの国は、嘘も千回云えば真実になると思っているそうですが、やはり嘘は千年たっても嘘です。朴さん、あなたが、一番勉強してくださいね、頼みます。






“竹島”宣伝動画対決、日本が圧勝、「グッド!」数は韓国版の50倍―中国紙



中国紙・環球時報は13日、日本メディアの報道を引用し、日本が動画共有サイトで公開している竹島(韓国名:独島)の領有主権を主張するPR動画の再生回数が56万回を超え、同じ時期に公開した韓国版のPR動画を圧倒していると報じた。


日本政府は先月16日、竹島が「日本固有の領土」であることを海外に向けて宣伝するためのPR動画を外務省のホームページと動画共有サイト「Youtube」で公開した。同31日には英語版の公開も開始。11月12日までの再生総数は延べ56万6000回に上った。


超党派による「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の会長を務める山谷えり子参院議員(自民党)は動画の感想について、「1分27秒と簡潔で、竹島が歴史上も国際法上もわが国の領土であることを分かりやすく説明している」と述べている。


一方、韓国外交部が同じく独島の領有主権を宣伝するために作成した動画は、日本のNHKドラマの一部が無断で使用されていたことが発覚。NHKからの指摘でようやく気付き、その後、削除する事態に追い込まれている。


時を同じくして韓国慶北警察庁も同様の動画を公開したが、2週間の再生回数は9000回で、「グッド!」数は日本のわずか50分の1というありさまだ。


米紙ニューヨーク・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナルで独島(竹島)宣伝活動を展開した韓国誠信女子大学の徐敬徳教授も、韓国で「独島の日」とされている10月25日に領有主権を宣伝する動画を「Youtube」で公開したが、今月11日までの再生回数はわずか1万6000回にとどまっている。


韓国外交部は1日、日本が英語版の公開を始めたことを受け、「強烈な抗議」を表明し、「韓国政府は日本のいかなる『独島が韓国領であることを打ち消す試み』にも断固として抗議する」とした上で、日本側に「直ちに(動画を)削除するよう」要求している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)









[PR]
by cosmic_tree | 2013-11-04 17:50 | ガンバレ、ニッポン。

●テレビドラマ「半沢直樹」に見る「正しき者は強くあれ」



正義を実現するためには、正しい者が強くなければいけない


e0199834_21493132.jpg

2013.08.25

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6558


TBSテレビ日曜日、連続ドラマ「半沢直樹」が初回から好調で、3週連続で視聴率首位を守っている。視聴率が30%を超えた日もある。視聴率競争でここ数年4位が定着しているTBSだが、久々の大ヒットだ。


ドラマ「半沢直樹」の主人公・半沢直樹は、東京中央銀行・大阪西支店の融資課長。「やられたら倍返し」を信条にしている。支店長の強引な指示で融資した5億円がこげつき、全責任が半沢直樹に押し付けられてしまう。


部下の手柄は上司のもので、上司の失敗は部下の責任にされることがあるサラリーマン社会の中で、小気味いい捨てセリフと共に、知恵と行動力と粘りで5億円を取り返し、支店長に罪を認めさせていく爽快感が共感を呼んでいる。6話からは舞台を東京に移して、120億円の損失を出した老舗ホテルの経営再建を、半沢直樹が任されることになる。




このドラマが大ヒットしているのは、半沢直樹が理不尽な仕打ちを受けながらも、泣き寝入りをしたり、卑屈になったりせず、あくまで正義を追求していくその姿勢にあるだろう。

正しき者が強くなければ、会社も国も守れないのだ。「仕方がない」と諦めるのではなく、堂々と正論を述べ、反撃する勇気と気概が必要であることが、このドラマから伝わってくる。




翻って現実の国際政治に目を向けると、韓国が竹島を不法に占領し続け、今月13日には韓国の国会議員12人が竹島に上陸した。上陸を強行することで竹島が韓国のものであることを、国際社会に対しても主張している。


同じく13日には元従軍慰安婦と称する女性12人が、日本政府に1人あたり1億ウォン(約860万円)の慰謝料支払いを求めて、ソウル中央地裁に調停を申し立てている。




従軍慰安婦問題は全くのでっち上げであることがわかっているのに、である。慰安婦の像もアメリカ各地で建てられており、さらなる設置が予定されている。


竹島への韓国上陸にしても日本政府は、抗議をするだけで有効な手を打つことがない。



そのことが日本人の自虐史観を深め、韓国や中国などに罪を重ねさせてしまっている。



半沢直樹のように「やられたら倍返し」までは必要ないが、領土を取られたら取り返す、狙われている領土は取らせない、歴史のでっちあげは認めない、というこの国を守る強い姿勢を打ち出さなくてはいけない。


正義を実現するためには、正しい者が強くなければいけないのだ。
(静)



e0199834_033324.jpg



[PR]
by cosmic_tree | 2013-08-26 21:50 | ガンバレ、ニッポン。

●尊敬する櫻井よしこさん

e0199834_0184476.jpg


沖縄での苛烈なせめぎ合い 介入する中韓とメディアの偏向


『週刊ダイヤモンド』 2013年6月1日号

http://yoshiko-sakurai.jp/2013/06/01/4726

5月19日の日曜日、祖国復帰41周年を記念する会で講演するため、沖縄を訪れた。日帰りではあったが、県議会・市議会・町議会議員、防衛関係者、教育関係者ら、多くの人々とも意見交換した。そこであらためて感じたのは沖縄でのせめぎ合いの苛烈さである。


ありきたりの表現で言えば、保革勢力のせめぎ合いである。しかし、それだけでは言い切れない複雑さが沖縄にはある。中韓両国が影響を及ぼすべく、さまざまな形であらゆる問題に介入し、そうした外国勢力に呼応する動きが沖縄側にも顕著である。


複雑な状況を正しく読み解くにはメディアが正しく情報を伝えなければならない。だが、沖縄の大メディアはその本来の役割を果たさないどころか、むしろ偏向することで沖縄の実態を見えにくくし、特定のイデオロギーを広げる結果を招いていると思われる。



例えば、5月15日に「琉球民族独立総合研究学会」が設立された。16日付の「琉球新報」はこれを社会面1面の半分近くを占める大きな記事に仕立てた。が、同学会がこの大報道に見合う幅広い支持を沖縄県民から得ているわけではない。むしろ現地には、独立論への忌避感のほうが圧倒的に強い。


独立学会設立の1週間前に中国共産党機関紙「人民日報」が「沖縄は昔は中国の属国、日本が武力で併合した」という論文を掲載したが、同論文に見られる中国の言語道断の主張への反発は非常に強い。


中国側の主張はその後さらに過激になった。「人民日報」の論文を受けて、「人民日報」傘下の「環球時報」が11日の社説でさらに踏み込み、沖縄奪還のための三つの具体策を中国政府に提案したのである。


(1)琉球問題に関する民間の研究・討論を開放し、日本が琉球を不法占拠した歴史を世界に周知させる、(2)中国政府自身が琉球問題を国際会議に提起する、(3)琉球国の復活を目指す組織を中国が育成、支持すべきだ、というのだ。


右の3段階の攻略を続ければ20~30年で中国の実力は強大になり(沖縄の日本への帰属を打ち消すことも)幻想ではなくなると結論づけている。



独立学会設立が発表されたのはこのような状況下でのことだった。両者、つまり沖縄の独立を喧伝する少数の人々と中国側との間にどのような連携があったか否かは、私は現時点では確認できていない。



だが、「環球時報」は、沖縄独立の動きにただちに反応して、「中国の民衆はこれを支持すべきだ」と賛意を表した。


菅義偉官房長官が「『人民日報』の記事が中国政府の立場だとすれば、断固として受け入れられない」と抗議したのに対し、中国外務省は抗議は「受け入れられない」とし、このような問題提起がなされるのは、日本が尖閣問題で「絶えず挑発行動を取り、中国の領土主権を侵犯したからだ」と、逆に日本を非難した。



時期を同じくして、沖縄2区選出の衆院議員、照屋寛徳氏が「明治以来の近現代史の中で、時の政権から沖縄は常に差別され、今なおウチナーンチュ(沖縄出身者)は日本国民として扱われていない」「沖縄は日本国から独立したほうがよい、と真剣に思っている」とブログに書いていたことを、5月15日に、「産経新聞」が報じた。


立法府の一員が「沖縄人は日本国民として扱われていない」という、事実に反する重大発言をし、「独立」を「真剣に」勧めるというのは異常事態であり、重大な問題だ。


しかし、沖縄の2大紙はこれを全く報じない。沖縄の有権者が照屋氏の主張を知った場合、照屋氏ははたして次回、議席を確保できるか、疑問である。


そのような懸念故に沖縄の大新聞は報じなかったのではないかと現地の人々が語っていたが、もっともな推測であろう。沖縄でのせめぎ合いはこの瞬間も続いている。





[PR]
by cosmic_tree | 2013-06-06 00:19 | ガンバレ、ニッポン。

●早く、原発再開を希望する!



7月の電力・ガス料金は値上げラッシュ 円安で大手14社全て過去最高。



産経新聞 5月30日(木)17時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000565-san-bus_all


電力10社と都市ガス大手4社は30日、原燃料費調整制度(燃調)に基づく7月の電気・ガス料金を発表した。円安で液化天然ガス(LNG)や石炭などの輸入価格が上昇し、14社全てが料金を値上げする。


現在の燃調制度が適用された平成21年5月分以降、14社全てで過去最高の料金とする。


燃調は原燃料費の変動に応じて料金を毎月見直す仕組み。14社の一斉値上げは4カ月連続になる。電力10社は6月に比べ、標準的な使用量の家庭で27円(四国)~116円(東京)値上げする。これを受け、7月の料金は東京が7920円、関西が7655円になる。


東北と四国は電気料金を原価から見直す抜本的な値上げを7月1日から実施すると政府に申請している。予定通り実施された場合、7月の料金は燃調と抜本値上げ分とを合わせて、東北が7638円、四国が7689円になる。


都市ガス4社の値上げ幅は、東京ガスが80円、大阪ガスが82円、東邦ガスが76円、西部ガスが57円。7月分の燃調は2~4月の燃料費などを元に算出する。足元の為替レートはさらに円安に振れて輸入価格を押し上げており、値上げ基調は今後も続きそうだ。






[PR]
by cosmic_tree | 2013-05-31 21:12 | ガンバレ、ニッポン。

OECD学習到達度調査 日本の読解力15位→8位

経済協力開発機構(OECD)は7日、2009年に65カ国・地域の15歳を対象に実施した「生徒の国際学習到達度調査(PISA)」の結果を発表した。

低迷が続いていた日本の順位は、文章やグラフの内容を読み取る読解力で8位と、前回の15位から大幅回復。数学的応用力と科学的応用力も順位を1つずつ上げ、それぞれ9位と5位となった。

トップクラスには日本以外のアジア諸国・地域が目立ち、初参加の中国・上海は3分野で1位を独占した。
 
PISAは3年に1度、読解力、数学的応用力、科学的応用力の3分野で行われる。今回はOECD加盟34カ国、非加盟の31カ国・地域で、約47万人を対象にテストを実施。日本は全国から抽出された185校の高校1年生約6千人がテスト問題に取り組んだ。
e0199834_18541318.jpg


読解力は00年の水準にまで戻したが、トップグループとの平均点の差は大きく、1位の上海と比べると36点低かった。文部科学省は、読解力が向上した理由を「始業前の読書活動などの取り組みが進んだ」と分析。

知識や技能を実生活で活用するPISA型の設問を07年度から始めた全国学力テストに取り入れ、学校現場に浸透したことも一因とみている。
 
数学的応用力と科学的応用力も平均点や順位はそれぞれ少しずつ上がったが、トップクラスには戻れなかった。数学的応用力は00年は1位、科学的応用力は00、03年と連続2位。

 
いずれの分野でもトップクラスの国と比べると、日本は得点の低い生徒層が多く、基礎的なデータ情報を解釈したり、自分の知識・経験に結びつけて考える力が弱いという結果が出た。
 
生徒へのアンケートも併せて行われ、「趣味で本を読む」割合は56%で、00年より11ポイント増加。ただ「趣味で読書をすることはない」割合も44%で、OECD平均(37%)を上回った。
 
全体ではアジア勢の躍進が目立ち、2位は読解力が韓国、数学的応用力は初参加のシンガポール、科学的応用力はフィンランドが入った。

■OECDの国際学習到達度調査(PISA) 義務教育段階の学習内容をどれだけ日常生活や社会生活に生かせるか、3年ごとにテストで調査する。2000年にスタートした際は、31カ国の参加だったが、65カ国・地域まで拡大した。

出題は「読解力」「数学的応用力」「科学的応用力」の3分野で自由記述式か選択式で構成され、解答までのプロセスや概念の理解が重視される。

[PR]
by cosmic_tree | 2010-12-09 18:55 | ガンバレ、ニッポン。

Halluc II

すごい車、未来の車



[PR]
by cosmic_tree | 2010-11-04 20:19 | ガンバレ、ニッポン。