争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●もし水爆が日本に落とされれ..
at 2017-04-21 21:32
●北朝鮮から日本にミサイルを..
at 2017-04-14 08:47
●北朝鮮の危機迫る !!
at 2017-04-13 13:47
●北朝鮮のミサイル4発が、日..
at 2017-04-06 22:24
●南朝鮮の次期政権は北朝鮮の..
at 2017-04-05 21:58
●元北朝鮮兵器開発者は語る
at 2017-04-01 15:21
●中国に迫る経済大崩壊
at 2017-03-30 21:49
●日本にとって脅威、中国が配..
at 2017-03-27 22:08
●レーダー5号機は、他国の軍..
at 2017-03-18 23:18
●中国人曰く、「いつまでたっ..
at 2017-03-12 11:59
●2013年のエドガー・ケイ..
at 2017-03-11 15:20
●第2次大戦中、日本政府や日..
at 2017-02-28 12:28
●海自の新型護衛艦を4年間で..
at 2017-02-18 23:08
●日本の主要メディアはほとん..
at 2017-02-13 20:34
●尖閣と竹島は、昔から「我が..
at 2017-01-29 23:32
●呉善花(オ・ソンファ)さん..
at 2017-01-22 23:41
●トランプに期待するな、「日..
at 2017-01-19 21:42
●国と国の約束を違(たが)え..
at 2017-01-11 22:44
●防衛省、ミサイル防衛「TH..
at 2017-01-05 23:56
●春風献上 2017
at 2017-01-01 00:00

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

カテゴリ:●自分の国は自分で守る( 93 )

●「零戦」の遺伝子を引き継ぐ純国産戦闘機「心神」推参。

ゼロの遺伝子が日本を護る
e0199834_22282452.jpg


203X年、極悪国が尖閣に侵攻した、


6:02 からが見もの。とても楽しい、面白い。是非、現実にこうなってほしいね。





e0199834_14335161.jpg





脅威の高速性と航続距離、格闘戦能力と強武装で世界最強の戦闘機と評されていた「零戦」
e0199834_1426085.jpg

e0199834_14185348.jpg

その「零戦」の遺伝子を引き継ぐ純国産戦闘機「心神」。今後、次々改善、改良され続けあの「零戦」と同じく世界一の能力を備えた戦闘機になっていく。もうどの国もお手上げだろう。
e0199834_1426149.jpg

e0199834_17331419.jpg

第6世代戦闘機 i3 FIGHTER

e0199834_17373513.jpg

e0199834_20553066.jpg








e0199834_21442986.jpg


それにしても、支那にはプライドはないのか、情けない。実際あるのは、金ではなく金メッキばかりだな。

e0199834_22461985.jpg

e0199834_2242521.jpg

e0199834_21473047.jpg

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150208-00000039-scn-sci

中国で「自国開発の戦闘機『J-15』は『Su-33』より優秀」の論調・・・ロシア専門家「コピー元の旧式機と比べられても」

サーチナ 2月8日(日)22時15分配信

中国メディアの環球網は4日、中国で、自国が開発中の戦闘機J-15(殲-15)についてロシアの戦闘機Su-33に対する優位性を強調する論調があることについて、ロシア人専門家から批判が出ていると報じた。

J-15開発にあたり「学習対象」になったSu-33はすでに旧型機であり、しかも「エンジン技術は学べなかった」などの指摘という。

J-15は空母に搭載する艦上戦闘機で、ベースはロシアが開発した艦上戦闘機のSu-33だ。中国は1990年代末にSu-33の売却をロシアに求めた。当初は50機を希望していたが、最終的には2機になってしまった。


中国はウクライナから購入した遼寧の改装に着手していた。しかしSu-33が2機だけでは、空母搭載用には全く不足している。中国はロシアからSu-33の大量売却を断られ、J-15の開発を決意したとの見方がある。

中国ではJ-15をSu-33と比較して「最高速度がはるかに速い」、「対地攻撃能力も優れている」、「先進的な電子装置を供えている」との論調がある。しかしロシアの専門家からは反発の声が上がっているという。


まず中国が、ロシアから大量の戦闘機用エンジンを買い続けているとの指摘がある。そのため、中国はJ-15のエンジンを開発したが、寿命が異常に短いなどで「使い物にならなかったのだろう」との見方がある。

次に、Su-33はロシア軍がすでに配備し、他国にも多く売っている機体だ。いわば旧型機であり、開発中のJ-15と比較するのは公平でない。

ロシアの軍事専門家、キリル・リャボフ氏は「中国は自分の新しい飛行機を、ロシアの古い飛行機と比較して、あれこれと優位性を誇張する。

(中国が主張する自国の飛行機の特徴は)実際のところ、ロシアの新しい飛行機ならば、すべて備えている能力だ」と批判した。

リャボフ氏は「われわれの飛行機の方がしっかりしているのは明らか。中国は学ぶことがとても速い。ただ、ひとつだけは学んで持って行くことができなかった」と述べ、エンジンを“モノにできなかった”ことを皮肉った。

中国についてはさらに、「彼らは金を持っている。だから、わがままでイカれた考えを、現実のものにできる」と、中国に対する厳しい見方を重ねて表明した。

(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:123RF)









e0199834_23155113.jpg

●中国や韓国が、日本をことさらに侮辱する外交攻勢を仕掛けている。しかし日本政府の対応といえば、「遺憾の意」を示すばかりだ。日本はもう一度、「サムライ国家」としての意気を示し、ふとどき国家を「叱る」義務がある。
e0199834_2312719.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ







[PR]
by cosmic_tree | 2015-02-09 14:20 | ●自分の国は自分で守る

●いずも型護衛艦・2番艦(24DDH) 2015年8月27日(木)14時15分に命名・進水式、ワクワクする。

護衛艦「いずも」

e0199834_12405211.jpg



いずも型の2番艦、8月27日(木)14時15分、命名・進水式。とても楽しみだ。名前は「しなの」でどうか。


戦艦「大和」と「武蔵」の不具合を改善し、より完成度の高い戦艦となるはずだった航空母艦「信濃」 ↓
e0199834_819357.jpg

信濃(しなの)は、日本海軍に所属した航空母艦である。建造中の大和型戦艦三番艦を、戦局の変化に伴い戦艦から航空母艦に設計変更したものである。艦名は旧国名の信濃国から採られた。1944年、未完成のまま回航中に米潜水艦「アーチャーフィッシュ」の魚雷攻撃を受けて、一度も実戦に投入されることなく沈没した。1961年にアメリカ海軍最後の通常動力推進空母「キティホーク」(満載 83,301t)が登場するまでは、史上最大の排水量を持つ空母だった。

e0199834_22282452.jpg


e0199834_1242312.jpg

e0199834_1714866.jpg

甲板をこう変更して使えると便利だ。

e0199834_9561145.jpg

カタパルト、2つ。完璧。

e0199834_1714866.jpg

24DDHは2015年8月27日進水予定

e0199834_12411512.jpg

ジャパン マリンユナイテッド株式会社(Japan Marine United Corporation)は、2013年1月1日にユニバーサル造船株式会社と株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドが合併して誕生した日本の造船会社である。
e0199834_839491.jpg



1番艦「いずも」(22DDH)は平成22年度(2010年度)予算で建造費1,139億円(初度費込み:1,208億円)が計上されている。

平成24年(2012年)1月から約3年の工期を目標に建造中であり、平成26年度(2014年度)末に退役予定の「しらね」を代替する予定である。

2番艦(24DDH)は平成24年度(2012年度)予算で建造費1,155億円が計上されており、平成28年度(2016年度)に除籍が見込まれている「くらま」を代替する予定である。



艦名

艦名についてはひゅうが型に引き続き旧国名を採用している。1番艦「いずも」の名は令制国の出雲国に由来し、旧海軍の出雲型装甲巡洋艦「出雲」に続き日本の艦艇としては2代目となる。

旧海軍の象徴として国民から親しまれた戦艦「長門」の名前を継ぐ「ながと」を推す声もあったが、日本国内外で波紋を呼ぶ可能性があることから見送られた。


e0199834_9561145.jpg

e0199834_12525476.jpg

e0199834_12421758.jpg

e0199834_7385362.jpg

e0199834_10254194.jpg

これが完成形だな。とてもワクワクする。あくまでも、自衛だから、何の問題もない。強い番犬が来たみたいなものだ。本当に楽しみだ。






e0199834_23155113.jpg

●士の道は義より大なるはなし。
e0199834_2302391.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ









[PR]
by cosmic_tree | 2015-02-07 12:43 | ●自分の国は自分で守る

●「情報収集衛星 打ち上げ成功」とイスラム国の影で国防が強化されている。

着々と打つべき手を打ってくれている。ありがたい。
e0199834_22282452.jpg

e0199834_12105542.jpg

e0199834_8252967.jpg

今回の情報収集衛星(高度な偵察衛星)は、地球上のあらゆる地点で、1メートルの大きさのものを識別できるんだってさ。でも実は1メートルは他国に遠慮した数字で、本当は1センチだろうけど。

日本の光学技術は世界で一歩抜けているのは周知の事実。特亜はとてもビビってる事だろうな。敵に回すと本当にやっかいな国だと思う、日本は。

凝り出したら止まらないのが日本、次々に世界最高のモノをさらに発展させていく。一旦火がつくと終わりがない。現時点で決して満足しない国民性なのだ。

だから、やるときは徹底してやる。一切妥協しない。嘘吐き国家達よ、あんたらが寝ていた我々を起こしたのだ。そっとしておけば良かったものを、バカタレが。日本は今、次々と国士達が目を覚まそうとしている。

誰に対しても嘘をつき、嘘で国民を洗脳し、挙句の果てに嘘の話を全世界に拡めようとしている嘘吐き国家達よ、反省して詫びるなら、今しかないぞ。我々はどこぞの阿呆みたいに千年も許さないというような心の小さな国ではない。反省して、全ての嘘に対して誤るのなら、今すぐ許す。恨みもしない。

でないと、このロケットのようにあらゆるものが、次々改良されて、信じられないようなモノが開発されていく事になるであろう。

e0199834_1626934.jpg


H2Aは21回連続の打ち上げ成功、成功率は脅威の96・2%。

政府の情報収集衛星を載せたH2Aロケット27号機は2015年2月1日午前10時21分に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。衛星はその後、地球を回る軌道に投入され、打ち上げは成功しました。


今回打ち上げられた情報収集衛星は、日本の安全保障に関する情報などを集める事実上の偵察衛星です。



電波を使って、夜間や悪天候でも地上の撮影ができるいわゆる「レーダー衛星」で、高度数百キロの上空から、地上にある1メートルの大きさのものを識別できるとされ、災害時にも活用されることになっています。

情報収集衛星には「レーダー衛星」のほか、カメラで地上を撮影する「光学衛星」があり、政府は現在、これらの衛星を2機ずつ運用して、


地球上のあらゆる地点

を1日に1回以上撮影できる態勢をとっています。



今回の「レーダー衛星」は運用中の2機の故障に備えて開発された予備機で、この衛星により、今の運用態勢を確実に維持することにしています。



安倍晋三首相は、政府の「情報収集衛星レーダー予備機」を載せたH2Aロケット27号機の打ち上げ成功について、「わが国の衛星による情報収集体制を確実なものとし、安全保障、危機管理に万全を期す所存だ」とするコメントを発表した。



e0199834_16254565.jpg

情報収集衛星
(じょうほうしゅうしゅうえいせい、英称:Information Gathering Satellite、IGS)は、日本の内閣官房が、安全保障や大規模災害への対応、その他の内閣の重要政策に関する画像情報収集を行うために運用している人工衛星である。事実上の偵察衛星を指す。




e0199834_23155113.jpg

●日本を今一度せんたくいたし申候。

e0199834_16373439.jpg

美人より美心
言葉で語るな、心で語れ
良い人生は、良い準備から始まる
人を大切にする人は人から大切にされる
人間関係は、相手の長所と付き合うものだ
仕事では頭を使い、人間関係では心を使え
挨拶はされるものではなく、するものである
わかるだけが勉強ではない、出来る事が勉強なのだ
仕事は言われてするものではなく、探してするものである
人は何をしてもらうかではなく、何が人に出来るかが大切なのだ







[PR]
by cosmic_tree | 2015-02-01 16:30 | ●自分の国は自分で守る