争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

【産経抄】騒げば騒ぐほど、世..
at 2017-11-13 22:57
●米空母3隻と自衛隊、その意..
at 2017-11-13 08:38
握手で読むトランプ外交…日本..
at 2017-11-12 22:37
北朝鮮の電磁パルス攻撃で「ア..
at 2017-10-29 09:19
川柳〈失言を居眠りをして待つ..
at 2017-10-22 14:22
●日本の本当の力は、計り知れ..
at 2017-10-19 22:57
●【米海軍の新兵器】見えず音..
at 2017-10-17 20:09
●第三次世界大戦は起こるか?
at 2017-10-13 09:36
●北朝鮮の「浸透工作員」とは
at 2017-10-08 10:26
●【永久保存版】北朝鮮から見..
at 2017-10-02 19:49
●ソウルの慰安婦像「撤去不可..
at 2017-09-28 21:41
●「韓国化」する朝日新聞
at 2017-09-22 00:09
●北朝鮮が、日本への核攻撃予..
at 2017-09-16 08:17
●金正恩は「無血開城」せよ ..
at 2017-09-14 20:22
●今こそ、日本は核論議を活発..
at 2017-09-09 10:24
●日本はスイスの高い危機意識..
at 2017-09-06 22:39
●中国人が考える、中国人の「..
at 2017-08-29 23:46
●中国が目指すのは侵攻型の空..
at 2017-08-21 10:28
●「狂気の独裁者」金正恩、グ..
at 2017-08-19 12:56
●北朝鮮「有事には米国より先..
at 2017-08-06 16:47

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

<   2011年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

世界中から総スカン もう1000億円もスッた政府・日銀の円売り介入

世界中から総スカン もう1000億円もスッた政府・日銀の円売り介入
(日刊ゲンダイ2011/11/4)

まるで怒られに行くG20
G20の首脳会議が3日、仏カンヌで始まった。ドジョウ首相とチビッコ財務相も勇んで乗り込んだが、欧米各国が日本を見る目は冷ややかだ。

「野田と安住は怒られに行ったようなもの」(金融関係者)なんて声もある。

怒りの原因は、政府・日銀が10月31日に行った過去最大7兆5000億円規模の単独為替介入だ。すでに欧州中央銀行(ECB)のゴンサレスパラモ理事が「単独介入は世界の安定に悪影響を与える」とコメント。

米財務省のブレイナード次官も「為替相場は市場が決めるべき」と間接的に批判している。野田と安住がG20の場でヤリ玉に挙げられるのは確実だ。


ま、海外からどれだけ文句を言われようが、円高阻止に成功しているならまだ許せる。でも、介入効果は1日ももたず、またまた円高に振れている。介入で大損をこいたのである。


「今回、政府・日銀は『指し値』を79円20銭に決めて円売り介入しました。しかし、1日には78円10銭辺りまで円高に戻った。

指し値から1円10銭の円高とすると、1・4%の評価損が出たことになり、わずか1日で1050億円が吹っ飛んだことになります」(経済ジャーナリスト・有森隆氏)


円高傾向は続いているから、評価損は今後もドンドン膨らむ。やるだけ無駄な単独介入のうえ、世界からは袋叩き。アホみたいな話だ。


G20ではギリシャ救済スキームも話し合われるが、野田は欧州金融安定化基金(EFSF)に日本からも資金提供することを表明する方針。

野田や安住はそうやって自分たちだけはいい顔をしたいのだろうが、今、EFSFに資金投入するなんて狂気の沙汰だ。こちらもコゲつく恐れがある。彼らに任せていたら、やっぱり、ロクなことにならない。
[PR]
by cosmic_tree | 2011-11-04 23:24 | 最悪の民主党とマスコミ

大震災前日、2011年3月10日のオープニングトーク 大地震の予兆




[PR]
by cosmic_tree | 2011-11-04 13:23 | 日本の過去・現在・未来!

中国のステルス戦闘機「殲20」、周辺14カ国を不安のどん底に―英紙

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110111/Recordchina_20110111025.html


2011年1月6日、英紙テレグラフは、中国の次世代ステルス戦闘機「殲(せん)20」の突然の登場が周辺国の高い緊張と関心を引き起こしていると報じた。11日付で東方網が伝えた。以下はその内容。

航空専門家は「殲20」の写真を見て、機体の横に映っている車の大きさから、「殲20」は同型の米国またはロシアの戦闘機と比べ、体積が大きく、長距離戦闘機として設計されていることが分かると指摘する。

「殲20」の突然の登場は、中国の周辺14カ国を不安に陥れた。彼らはステルス戦闘機を生産する技術など持っていない。



中国は再三にわたって、一連の行動は「平和的発展のため」「地域情勢を波立たせるつもりはない」と強調しているが、過去1年間の様々な出来事は問題をますます複雑にしている。

例えば、昨年9月、尖閣諸島沖で日本の海上保安庁の巡視船と中国漁船が衝突した事件。これにより日中関係の緊張は一時、ピークに達した。

米国も昨年、大手航空機メーカー、ロッキード・マーティン社が台湾向けに最新のパトリオットミサイルを販売することを認めた。

これに対し、中国は弾道ミサイル迎撃テストを実施し、自らの実力をアピールしている。(翻訳・編集/NN)
[PR]
by cosmic_tree | 2011-11-04 11:32 | 反日国家(支那・朝鮮)

2011.3.11 まだTVでは放送されてない大津波動画





[PR]
by cosmic_tree | 2011-11-04 10:32 | 日本の過去・現在・未来!

高速鉄道の工事が90%中断 中国経済の牽引役に急ブレーキ

高速鉄道の工事が90%中断 中国経済の牽引役に急ブレーキ
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3183

中国の京華時報は29日付で、7月に浙江省で起きた高速鉄道事故の影響で、中国鉄道省が資金不足に陥り、国内で建設中の鉄道の90%超の工事が中断していると報じた。

鉄道省はこれまで4年間で総延長1万キロを建設し、拡大路線をひた走ってきた。同省の負債が6月末の時点で約25兆円に達したが、事故のために銀行融資や債券発行による資金調達が滞り、建設作業員への賃金未払いも発生している。


鉄道省の年間の利益は1千億円だけしかなく、借金返済もままならない状態で、鉄道省解体論が強まっている。

中国は特にサブプライムローン危機以後、高速鉄道や道路、地下鉄など交通インフラ投資や不動産開発によって、10%前後の経済成長率を達成してきた。主要都市の不動産価格も下落傾向にある中で、インフラ建設にも急ブレーキがかかった格好だ。

中国のバブル崩壊のカウントダウンが始まっている。(織)
[PR]
by cosmic_tree | 2011-11-01 21:17 | 反日国家(支那・朝鮮)

これは、ひどいわ!

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/27533


すでに日本の上を行く中国の年金システム
年寄りほど厚く、若者は働けど働けどもらえない・・


2011年10月31日(Mon) 山谷 剛史
 
9月6日「外国人就業者も中国の社会保険に強制加入」しなければならないという、「中国国内就業外国人の社会保険加入に関する暫定弁法」が発表され、10月15日に施行された。

7月に施行された「社会保険法」がベースで、実際どれだけ払うかは各省市の細則によるが、だいたい給料の4割前後となる(これは中国人にも当てはまる)。

毎月の年金の負担額が平均月収を上回る


社会保険費用が高すぎることを示唆した絵
 
日本人が多く駐在する上海の場合、1人当たりの会社と個人の合計負担額は上海人の平均月収以上となる月5610元(約6万7500円)となるという(平均月収が上海の平均月収の3倍以上である場合)。

日中間の社会保障協定の締結はまだのため、社会保険料を日本と中国で二重に支払う必要があり、かつ保険期間は通算されるわけではないことなどが問題視されている。

上海など日本企業が多い地域では、早速ジェトロなどによるセミナーが行われるなどしている。が、日系企業が少ない地域では関心はあるものの手探り状態だ。

中国に骨を埋める気のない日本人にとって中国の社会保険は、払ったところで中国の社会保障制度から受けられる恩恵は少ない。

しかし当の中国人にとっても社会保険は、特に多くの若い世代にとって、正体が見えない無用の長物だ。

中国社会保険が注目を浴びているようなので、日系企業向けの対策はその道のプロに任せるとして、中国庶民の目線で中国人にも不透明な中国の社会保険の話を書いていこう。

社会保険は「基本養老保険、基本医療保険、失業保険、生育保険、労災保険」からなる。養老保険は年金、医療保険は健康保険である。

中国人にとって最も身近な社会保険はこの養老保険と医療保険だろう。社会保険を払っている中国人は、病院や薬局で使える電子マネーが入った「社会保障カード」を持っている。

この「社会保障カード」は、毎月自動的に給料から天引きチャージされ、病院や薬局で利用できる電子マネー「医療保険カード」機能を内包する。

そんな「社会保障カード」は近い将来「身分証明書」と一体化され一枚になる。

養老保険は中国の国情において中高年に優しい年金保険だ。公務員、ないし「単位」という職場に属する準公務員の場合、社会保険料を払わなくても地域によるが年所得の70~90%を毎年年金として貰うことができる。

公務員に比べ圧倒的に不利な民間企業


現代中国で存在感を出しつつある保険会社

一方、民間企業で働いた場合、年所得の4割程度しか毎年の年金が貰えない(「日本の国民年金はもっと酷いだろう」という意見もあるだろうが、本題とは外れるので省く)。

中国の中高年が働き盛りの頃は、国民の多くが民間企業に属さず、公務員、ないし「単位」という職場に属する準公務員ばかりだった。

職場を見ているうえで言えば、中国の公務員は想像以上に働かない。日本でも働かない公務員の話も聞くが、中国の公務員はその上を行く。

公務員の門戸は狭く、民間企業への就職活動では極めて激しい競争を強いられ、民間企業で働いたところで4~5割社会保険料を取られる若者世代とは処遇があまりに異なるのだ。

現在、上海や北京では核家族化が進んでいるという話も聞くが、それ以外の地域において、老夫婦2人+夫婦2人+子供1人の3世代5人の大家族が同じ屋根の下で生活するのが一般的だ。

親となった1980年代生まれの「80後」と呼ばれる世代は、同時に甘やかされ欲しいモノを何でも買い与えられたことから「小皇帝」と呼ばれているが、そうなった背景としては、彼らの親世代が定年退職前も退職後も楽して高収入を得ているからという理由もある。

80後の世代が民間企業の会社員になってからも、高額な年金を貰う親世代が何もせずして大黒柱となっているケースはよくある。

日本で言う団塊世代前後の中国人は多くが公務員で、マイホームも非常に安価で入手でき、それを地価上昇の中で売ることで資金にし、新居を購入することができた。

しかし数十年後、今の現役世代が退職する頃にはその多くが民間企業退職後の慎ましい年金で暮らすことになる。その間に不動産バブルが中国全土的に崩壊し、不動産の価値も随分と下がるかもしれない。

居住している町以外では使えない健康保険


社会保障カード

現在消費の中心となっているのは親の財布をもバックにした80後の世代だが、将来的に彼らやその下の世代が安泰な老後が得られるか疑問だ。

中国では一見、社会保険制度が整っているように見えるが、人々は社会保険を信頼し切っておらず、頼りなくも思っているため、詳しい内容を知らないし、知ろうともしない。

それは、社会保険の担当部署で公金を私利私欲で使ってしまう汚職事件がきりがないほどある、また資金の運用に不安を持っていることもあるが、それだけではない。

中国の社会保険の最もおかしな点の1つは、社会保険は支払いカードが発行された省市でしか利用できないという点だ。つまり中国の居住都市以外で病気や怪我をしたら社会保険カードが現地の病院で利用できない。

また転職をする際に行政同士の引き継ぎがうまくいかず、それまで支払っていた社会保険が継続されずゼロになるケースが多々発生している。

最近発生した浙江省湖州市などで発生した抗議デモの原因のひとつに社会保障に対する不満が関係していると、現地中国人の複数のブログなどで指摘されている。

後者については、特に省や市など地域をまたいだ転職でトラブルが頻繁に発生し不信感を抱かれていることから、全国統一のシステムを構築することで解決しようとしている。


銀行では投資型年金の保険商品を扱っている

ただ外地に転職する際などにそれまで積み立てていた支払いの経歴が無になってしまう可能性を秘める社会保険制度では、それに信頼を置けと言う方が変というもの。

中央政府は信用していても地方政府は信頼していないため、市民は社会保険改革に期待を寄せていない。

この摩訶不思議な点を解決すべく、民間の保険会社から全国の病院で利用できる医療保険付投資型年金保険の商品が多数登場している。

一般的に保険会社ではなく、各銀行に保険会社の担当者がいて相談・契約をする。保険会社の歴史が浅いので「本当に20年後、30年後に回収できるのか」という不安が抱かれつつも、節税でき銀行に預けるよりも利率は高いので、買える人々の間でそれなりに人気のようだ。

社会保障の厚い国へ向かう中国人


保険会社から出ている様々な保険商品のパンフレット
ただ商品は安い商品でも都市部の平均月収の半分程度もする。「月1000元(約1万2000円)から」で、5000元、10000元単位の商品も多数ある。

民間の保険商品は日本と比べて庶民に根付いていない。中国の金持ち向けは細かい財テクは気にしない。市民向けフィナンシャルプランナーがいることもなければ、ネットで保険比較解説記事が出ているわけでもない。

中国国外へ居を構える移民は相変わらず多いが、その大きな理由の1つがその国での社会保険への信頼と充実だ。

メディアでは「信頼できる社会保険制度を構築すれば海外に逃げた中国人はある程度戻ってくる」と現状の社会保険制度を暗に問題視している。

「上に政策あれば下に対策あり」の伝統の下、商店や食堂や小さな会社など自営業を営むことで社会保険料を払わず、社会保険を受けようとしない市民もゴマンといる。

収入ピラミッドの下の方で社会保険料を納めている若いサラリーマン層が一番報われていないのが現実だ。本当に信頼できる社会保険制度を構築できるのはいつの日か。とばっちりを受けている若者が報われる日がやって来ればいいのだが。

最後に。以前「中国にうっ積する「世代間格差」というマグマ 巨大噴火に政府の準備はできているか」という記事を書いている。興味があれば読んでほしい。


©2008-2011 Japan Business Press Co.,Ltd. All Rights Reserved.
[PR]
by cosmic_tree | 2011-11-01 16:43 | 反日国家(支那・朝鮮)