争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●護衛艦「いずも」+F-35..
at 2017-06-22 21:48
●北の弾道ミサイルのターゲッ..
at 2017-06-13 22:44
●三隻の空母派遣は米国が本気..
at 2017-05-27 22:16
●韓国には嘘をつくことが恥ず..
at 2017-05-26 13:00
●文在寅は、ガチガチの「従中..
at 2017-05-12 22:52
●くたばれ「吉田ドクトリン」
at 2017-05-07 23:02
●日本は占領憲法で独立国家と..
at 2017-05-03 09:09
●北のテロは日本にとってミサ..
at 2017-04-29 10:10
●北朝鮮が戦争を起こしたら・・・
at 2017-04-25 08:33
●もし水爆が日本に落とされれ..
at 2017-04-21 21:32
●北朝鮮から日本にミサイルを..
at 2017-04-14 08:47
●北朝鮮の危機迫る !!
at 2017-04-13 13:47
●北朝鮮のミサイル4発が、日..
at 2017-04-06 22:24
●南朝鮮の次期政権は北朝鮮の..
at 2017-04-05 21:58
●元北朝鮮兵器開発者は語る
at 2017-04-01 15:21
●中国に迫る経済大崩壊
at 2017-03-30 21:49
●日本にとって脅威、中国が配..
at 2017-03-27 22:08
●レーダー5号機は、他国の軍..
at 2017-03-18 23:18
●中国人曰く、「いつまでたっ..
at 2017-03-12 11:59
●2013年のエドガー・ケイ..
at 2017-03-11 15:20

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

●中国は靖国神社を焼き払う・・・石平氏インタビュー

e0199834_7421762.jpg

中国問題評論家 石平(せき・へい)1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学科を卒業。88年に来日し、神戸大学文学研究科博士課程修了。民間研究機関に勤務した後、評論活動に入る。現在、拓殖大学客員教授。『中国の経済専門家たちが語る ほんとうに危ない! 中国経済』(海竜社)など多数の著作を持つ。


中国評論のスペシャリストの石平氏が中国の狙い、占領された場合の日本の姿、そして今、日本が為すべきことについて直言する。

2010.11.06

尖閣事件で、民主党政権は外交的に最悪の負け方をしました。

あからさまに圧力をかけられた中での譲歩は、敗北以外の何物でもない。

「日本は圧力をかければ、必ず折れる国」というイメージを国際社会に与えてしまった。中国が強硬姿勢をとればとるほど、国際社会の反発も強まるし、もし本気でフジタの社員に何かすれば、国際社会を完全に敵に回します。

本来、日本は何も恐れずに国内の法律に基づいて堂々と中国人船長を処分すればよかったのです。




日本は瀬戸内海の中の一つの小さな島になる

中国にとって尖閣諸島は、覇権を拡大する一つの突破口であり通過点です。漁船を大量に派遣して、島をとって、既成事実を積み上げていくつもりです。その先に日本の支配があるのですが、現実感を持てない人も多いでしょう。

しかし、実際に中国は遠く離れた南沙諸島を自国の領土と言って武力支配しています。でも、中国にとって領土かどうかは本質的な問題ではなく、戦略的に必要だから奪い取っているだけです。

日本では、自衛隊や米軍を配備すれば中国を刺激すると反対する人もいますが、第二次大戦を思い出して下さい。イギリスやフランスが、ヒトラーを刺激したらいけないと言い続けた結果、誰もナチスの暴発を止められなくなりました。

確かに軍隊を動かせば中国を刺激するかもしれませんが、このまま南西諸島に自衛隊を配備せず、米軍を追い出せば、どこからでも占領されてしまいます。

これで平和が守れるわけがない。東シナ海が中国の海となって、日本は瀬戸内海の中の一つの小さな島になってしまいます。




戦争被害を蒸し返し3千兆円の賠償を求める

もし、中国が日本を占領したら、直接統治するかどうかは分かりませんが、間違いなく国家を破壊します。まず自衛隊を解体します。軍隊を支配下に置けば何でもできるからです。

そして、靖国神社を焼き払うでしょう。もちろん戦争の賠償も蒸し返します。中国国内で、「俺のじいさんが殺された」という戦争被害者が、一夜にして3千万人ぐらい名乗り出てくるかもしれません。1人1億円の賠償としたら3千兆円です。

政治的には、マスメディアやネットをコントロールして、選挙で親中派の政治家を当選させる。そして、法律で「平和に対する罪」をつくらせれば、中国政府に都合の悪い人たちを完全に取り締まれます。

当然、私のような「反動分子」は人民の敵ということになって刑務所に連れていかれる。リバティの読者も気をつけてください(笑)。日本の経済界は完全に中国側に立つでしょう。言うことを聞かない企業は潰しますから。

つまり、日本人は奴隷となるのです。日本は資源がありませんから、資金と技術力を奪う。経済的な収奪の対象以外の何物でもなくなります。




高度成長した中国経済はバブル頼みの「アヘン経済」

こうした状況をつくらせないために、今必要なのが日本人の意識変革です。

まず非現実的な憲法、特に9条を改正する必要があります。そして自衛隊の立場を明確にして国防力を強化する。さらに日米同盟を強化して、それを軸にアジアの民主主義国で、中国の覇権主義を跳ね返す国際包囲網をつくるのです。

そうやってがんばっていれば、これから中国国内でもいろいろな問題が起きてきます。

現在の中国経済はバブルを頼りに成長を維持してきた「アヘン依存症の経済」です。アヘンを断てばそれで終わりだし、吸い続ければますます弱っていく。


例えば、不動産バブルが続く中で、政府が引き続き金融緩和を続ければ、インフレに拍車がかかります。かと言って金融緩和をやめたら不動産バブルが崩壊します。いずれにしても、成長率が6%ぐらいに下がっていきます。

でも中国経済は体質的に低成長に耐えられません。高度成長の中でも暴動が年に8万件も起こる国ですから、低成長になれば、失業や貧富の格差など社会的矛盾が拡大し、大変なことになります。

そうした問題が顕在化したときに、中国政府は国民の不満をそらすために周辺国を攻めてくるかもしれない。

そのときにこそ、日本はしっかりと踏ん張らないといけません。国際包囲網をつくって、中国国内の共産主義政権の崩壊プロセスを加速させ、民主化、自由主義化するように促すのです。

それこそが、日本が果たすべき役割だと思います。 (談)


e0199834_7482630.jpg



[PR]
by cosmic_tree | 2014-09-30 07:49 | 反日国家(支那・朝鮮)

●大分のこの反日団体をすぐに潰そう、でないと大分県民が可哀想すぎる!

e0199834_14123828.jpg


また大分…?教職員ら渡航自粛期間に訪朝「研修」


2014.9.28
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/140928/lif14092805000003-n1.html


中国「南京大虐殺記念館」も訪問

大分県教職員組合が主催する教職員対象の海外研修として、平成22、24年度に公立小中学校の教職員ら計41人が北朝鮮を訪問したことが27日、わかった。

日本海に向けたミサイル発射などへの制裁措置として、政府が北朝鮮への渡航自粛を要請した期間だった。参加者は北朝鮮の指導者をたたえる施設のほか、中国の反日宣伝活動の拠点「南京大虐殺記念館」なども訪問しており、公教育を担う教職員の研修先として極めて不適切といえる。



24年度の海外研修は7月27日~8月3日に実施し、教職員計21人が参加した。

産経新聞が入手した行程案や手配した旅行会社によると、中国・瀋陽経由で北朝鮮・平壌入りし、3泊4日滞在した。平壌では金日成(キムイルソン)主席と金正日(ジョンイル)総書記の銅像がある万寿台(マンスデ)や、朝鮮労働党の政治思想を象徴する主体(チュチェ)思想塔などを訪問した。


訪朝と前後して、中国の南京大虐殺記念館(江蘇省)や撫順戦犯管理所(遼寧省)も訪れた。

南京大虐殺記念館は、信憑(しんぴょう)性のない資料も交え、戦争被害や旧日本軍の「残虐性」を強調する展示が問題となっている。撫順戦犯管理所は戦後、900人以上の日本人らの思想改造を行った施設とされる。




22年度も7泊8日で同様の施設を訪問し、教職員20人が参加した。

日本政府は当時、日本人拉致問題に加え、18年7月のミサイル発射や同年10月の核実験を受けて、北朝鮮への渡航自粛を出していた。県教委も見直しを求めたが、県教組側は、ほぼ行程案通りに実施した。

県教組の海外研修は30年以上前から続き、行き先はアジアと欧州を交互に設定している。今年度はマレーシアなどに行ったという。

県教委の野中信孝教育長は「今年度は訪朝を取りやめており、県教委の自粛要請が受け入れられたと思っている」と述べた。

22年当時、県教組の幹部だった男性は「私自身も訪朝したが、訪朝の経緯などは答える立場にない」と語った。大分県教組は「取材には応じられない」とコメントした。



e0199834_1421373.jpg

e0199834_14185394.jpg






[PR]
by cosmic_tree | 2014-09-28 14:14 | ●阿呆!

●福島瑞穂の守護霊=「中国に占領されたら、社民党と共産党とで内閣をつくる」

この帰化人は本当に極悪の売国奴だ。
e0199834_22174929.jpg

e0199834_22211184.jpg


http://the-liberty.com/article.php?item_id=6307


北朝鮮の日本人拉致に関して、「拉致にも理由があるでしょう」、福島の守護霊は、中国や北朝鮮を礼賛し、日本人を拉致誘拐したことまで正当化した。

<守護霊は、実は自分自身の魂の一部である。したがって「守護霊の霊言」とは、いわば本人の潜在意識にアクセスしたもの。>





私はもちろん、国家解体論者よ。

守護霊は表面で話すことよりも、より率直に本心を語るため、「この人がこんなことを」と驚くようなことを語ることも多い。

しかし、本心で考えていることは必ずその人の行動面に影響を与える。ゆえに、守護霊による霊言では、マスコミ報道や本人自身の発言より深いところになる「本音」を聞くことができるのだ。



福島の守護霊は、質問者の鋭い質問に対して、たびたび怒りを露わにしながらも、「本音」を次々と語り出した。

社民党は今回の公約で「消費税増税法廃止」を掲げている。ここまでは幸福実現党とも同じ主張だが、一方で社民党は「富裕税の導入」や「相続税の最高税率の引き上げ」「法人税率の引き下げの転換」など、幸福実現党とは正反対の増税策も同時に主張している。

この点について質問者から「企業増税をしたら、給料は減っていきますよ。国の富が減って、国民は貧乏になっていく」と指摘されると、こう断言した。


「私たちの頭には、もう国家なんてないのよ。社会しかないんです」


では、国家と社会の違いとは?

「国家は、独裁者や人の意見を聞かないような指導者が出てくる可能性がある。社会には、そういうものは存在しない」

福島は民主党政権下で、一時期、内閣府特命担当大臣として入閣したが、入閣する目的とは?
「私が(内閣に)入ることによって、国家が崩壊するわけですからね。ええ、国家解体論者ですよ、もちろん」

マルクス主義からすれば、国家という概念は最終的に死滅する。福島氏守護霊は、みずから「国家解体論者」と明言するのは、社会主義者としての宣言とも言える。




強制収容所がなかったら、左翼じゃありませんよ。

福島の守護霊は、本心を包み隠さず語り出した。

「大企業狙い撃ちは当然ですよ。大企業は強いんですから。中小や下請け、仕入れ先とかに、いっぱいしわ寄せを行って、利益を出していくんですから」

「左翼は、全体主義はねえ、みんな強制収容所を持ってますから。それがなかったら、もう左翼じゃありませんよ」

そして、「中国共産党から資金援助を受けていたか」との質問に対しても、「いや、(日本)共産党に行っていたよ。社会党なんて、ささやかなものですよ。中国も金がないのか、あんまり援助してくれないのよ。やっぱりね、力がなくなると、見捨てられるのよ」

と、共産党と社会党が中国共産党から資金援助を受けていたことを認め、現在は勢力が縮小しているため、援助が少なくなっていることも明かした。




北朝鮮の拉致にも、理由があるの。

福島本人も社民党は、「リベラル勢力の結集」を訴えているが、日本で「リベラル」というと、「自由主義」と訳されることも多く、穏健な勢力を見られがちだが、福島氏守護霊は、この「リベラル」の本質についても明かす。

リベラルって、左翼よ。本当は共産主義なんだけど、共産主義は評判が悪いから、社会主義と言ったり、社会民主主義と言ったり、言い換えているだけであって、本質は一緒。悪徳な権力者たちを強制収容所に全部送って、人々を洗脳するやつも送って、言うことを聞くやつだけを、ちょっと管理者で残して、あとはフラットな社会をつくる。これがリベラルの本質です」


福島の守護霊の目から見ると、日本全体がきわめて右翼に見えるらしい。

「日本人の、この差別意識って、すごいんですよねえ。やっぱり虐げられた人たちを見るにつけても、共感するものがありますよね」

それに対して、中国や北朝鮮はどのように見えているのか?

「テレビ朝日も朝日新聞も、みんな右翼ですよ。中国が空母造っているとか、フィリピンを占領しようとしているとか、パラオ諸島を取りにいこうとしているとか、事実に基づかないことを平気で報道している。これは絶対右翼ですよ」

「まあ、北朝鮮は、右翼的なところと左翼的なところと両方あるわね」

北朝鮮が日本人を拉致していることに関しても、「理由によるでしょう。拉致にも理由があるでしょう」このように、福島氏の本心である守護霊は、中国や北朝鮮を礼賛し、日本人を拉致誘拐したことまで正当化した




中国が占領したら、日本人を通して支配するつもり。

福島守護霊は、「もう自衛隊を廃止! 即廃止してねえ、スクラップにして鉄にして売ったほうがいいですよ」と、自衛隊の即時全廃を強調した。しかし、そのあとには外国の軍隊が入ってくるのではないか?

「(外国の軍隊が)入ったら、住まわせてあげますけれども。占領されても大丈夫です。私たちが、内閣を組織するようになるんですから。日本語をしゃべれるから、政治をちゃんとやってますよ。反対していた人たちは、みんな刑務所に入っていますよ」


そういう裏約束がすでにできている?

「当然でしょう。だって、彼らが直接支配できるわけないじゃない。日本人を通して支配するに決まってるじゃない。そのときには、私たちとか、志位さんとかが内閣をつくって歩き回ってる」このように福島氏守護霊は、あくまで自分たちが主役として日本を支配する側に回れると強調した。




原発あったら、日本に核ミサイルを造られ、占領できなくなるじゃない。

原発について社民党が強硬に反対していることについても、福島の守護霊は率直に語った。

「原発なんか、絶対にやめるべきですよ。原発なんかあったらねえ、2、3年経ったら日本に核ミサイル造られちゃう」

「プルトニウム、あんなに余ってんだから、日本の技術をもってしても3年かからないに決まってるじゃないですか。1年でできるかもしれないけど。そしたら占領できないし、日本を脅せないじゃないですか」

「向こうは核兵器を持っている。日本は持ってない。これ、戦いにならないじゃないですか。事実上戦争が起きないで、日本は平和な状態のままで、支配権が変わるだけですから」

ということは、「脱原発」を訴えるほとんどの政党には、中国の工作が入っていることなのか。

「だから、日本の多数派は中国の言う通りやっているわけで、安倍さんとか一部のタカ派の変な遺伝子変異を起こした人たちと、あんた方みたいな、ネオナチみたいなのだけが反対してるんじゃないですか」

このように福島の守護霊は、「脱原発」によって喜ぶのは中国であり、中国が恐れているのは日本が原発を再稼働し、いつでも核兵器を造れる用意をされることだという。そのため、早期から「原発推進」を訴え続けてきた幸福実現党に対しては、悪罵を投げつける。




専業主婦は、頭が悪いのよぉ。

夫婦別姓や「子育てからの解放」などを主張している福島。「家族」については、どう考えているのだろうか?

「家族なんていうものは、たまたまできるものであって、ほとんどの場合、偶然なんですよ」

「専業主婦は、まあ能力のない人は、しょうがないじゃないですか」

「専業主婦は、頭が悪いのよお。私みたいに優れた頭脳を持っていれば、そんなことができるわけないじゃない」

e0199834_8542322.jpg


このように、本音がポンポン飛び出した


霊言の後、大川隆法総裁は、「まあ、守護霊の言うことは、極端化していることが多いので、本人は表向きはここまでは言わないと思われます。まあ、虫眼鏡で見れば、このぐらいまで行きますよという方向性を持っている」と、守護霊が福島氏本人の舌鋒をさらに先鋭化させた発言を繰り返したことについて、本人にも分かるように解説した。


また、霊言を始める前に大川総裁が今回のタイトル「そして誰もいなくなった」の意味をこう語っていた。

「国民のためによきことを、と一生懸命言って、福島党首は次々と悪人を撃っているんだと思いますけど、そして誰もいなくなって、最後に、よき社会ができるはずだったのに、国家も社会も破壊していたのは、実は自分だったという結論になるのではないか」

「リベラル」という言葉に郷愁を感じて、「よき社会」にしてくれると思って社民党を支持する方々には、ぜひ、この福島氏の「本心」を知っていただきたいものである。



このほか、福島の守護霊は、以下のような点についても語った。


●福島が考える、北朝鮮が拉致をした「理由」とは?
●福島が首相になったら、国会の人数をどうするか。
●社民党が目指す「優しい社会」とは?
●キリスト教についてはどう考えているか。
●日本神道に強い恨みを持っている?
●同じ東大法学部卒だった大川隆法総裁について、どう見ているか。
●中国が工作を行っている政党とは?
●過去世はロシアの貴族だった?
●もう一つの過去世では、朝鮮半島の王族で、日本に攻め亡ぼされた?



e0199834_22312187.jpg



[PR]
by cosmic_tree | 2014-09-23 22:24 | ●阿呆!

●沖縄独立?!・・・創価学会員 --- 大城 浩 沖縄県知事選に出馬表明。

e0199834_9593725.jpge0199834_9595769.jpg



この男は創価学会員。沖縄を中国領にしたいのか?
e0199834_1951438.jpg


2014年11月に行われる沖縄県知事選に出馬表明している創価学会の大城 浩が「沖縄独立政策」を掲げ、物議を醸している。

大城は最近、11月に行われる沖縄県知事選に無所属?で出馬を表明。

「1年以内に琉球国を独立させる」ことを基本政策に掲げ、安全保障政策では「米軍を撤退させ、その代わりに韓国や中国などの軍隊を置く」

と訴えている。



この男は、日本人じゃないな、きっと外国人に違いない。でなきゃ、中国軍や韓国軍を呼ばんだろう。売国奴とは、こんな人のことだ。


e0199834_19524753.jpg


沈黙を破れ―創価学会・次なる改革

著者略歴

大城 浩
1966年4月沖縄県那覇市に生まれる。創価学会2世として育ち、幼い頃から宗教には強い関心を抱き、特に沖縄創価学会の組織においては学生時代からリーダー格としての重責を担い、学会内部にも精通した青年理論家としてその動向が注目されている。

1999年全ての役職に終止符を打って、現場での布教の重要性を最優先し、現在も宗教の真理を説き、創価学会の布教活動に専念している






[PR]
by cosmic_tree | 2014-09-19 19:57 | 反日国家(支那・朝鮮)

●この赤日新聞の若宮という男には、本気でむかつく。裁かれろ!


e0199834_22493571.jpg


若宮啓文が言う三兄弟とは
e0199834_18221185.jpg

長男は偉大な中国、次男は勉強好きのお兄さんの韓国、三男は反省できない思い上がった日本。



http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014070331558




[東京小考] 三兄弟、長い葛藤の物語

JULY 03, 2014 04:06
음성듣기

昔昔、ある村に三人の兄弟が隣り合わせて住んでいました。長男は子供のころから漢字をはじめ、多くのことを弟たちに教えました。末っ子は勉強好きな次男にもいろいろと習って育ちました。

でも、体力に恵まれない次男に比べて末っ子は元気よく、ちょっと欲張りだったので、次男に刃向うこともありました。それでもすぐ仲直りしたものです。

そんな兄弟たちを恐怖に陥れたのは、外から肌の色の違う人々が入ってきてからです。長男が痛めつけられるのを見た末っ子は、いち早く外から多くを吸収し、喧嘩の仕方も鍛えました。兄たちにも影響を与えたのですが、やがて次男を守ってやるといって強引に敷地を占領し、自分の家にしてしまったのです。

思い上がった末っ子は、長男にも挑みかかりました。一家の支配を狙ったのです。激しい兄弟喧嘩になりましたが、末っ子が隣村のボスまで敵にしたのが運のつき。結局はボスにこっぴどく殴られ、家も焼かれてしまったのです。

その後、心を入れ替えた末っ子は、ボスの手厚い保護のもと、ひたすら商売に精を出して成功します。でも、次男には次の悲劇が待っていました。

実は、次男には問題児となって家出した双子の弟が北方にいて、彼が殴りかかってきたのです。血みどろの喧嘩になり、やはり隣村のボスに救われたのですが、そのとき喧嘩に加わって次男を苦しめたのが長男でした。隣のボスと反目していた長男は、北の問題児とすっかり仲良くなっていました。


そのころ末っ子はこの喧嘩を横でながめながら、商売繁盛の道を歩んだのですが、それでもボスの後ろで何かと手伝い、次男を応援しました。そして、長い話合いの末、やがて次男と仲直りし、破壊された家の再建に協力します。

かつての恨みが消えなかった次男も、豊かになった末っ子と手を結んで力をつけるのが得策だと考えたのです。こうして次男も見違えるように元気になり、家も立派になって行きました。



時代は進み、末っ子は長男とも劇的に仲直りします。長男も貧しさから脱するには、やはり末っ子の協力が必要だったようで、しばらく蜜月の関係が続きました。長男と次男のにらみ合いが続く中で、末っ子は両者とうまく付き合ったわけです。

過去に兄たちに悪さをしたことを反省し、謝罪もして、一家の平和に尽くしてきたつもりでした。

ところが、さらに時代は変わります。いつの間にか長男と次男も仲直りしていたのですが、長男は恵まれた体力と能力を生かして、どんどん商売を発展させ、末っ子をしのぐ勢いになりました。次男にとっても、長男は末っ子より頼もしい存在になったのです。


一方で、反省ばかり求められてきた末っ子には自尊心もあり、反発の言動が出てきて二人の兄を怒らせます。敷地の境界争いも火を噴き始め、二人は末っ子と目も合わせぬまま、一緒に「過去」を突きつけるようになりました。

兄たちにとっては、なかなか過去の傷が癒えないのですが、「反省しろ」「謝れ」と言われ続けた末っ子も心の傷がうずきます。「いつまで謝ればいいのか」「仲直りして、あれだけ協力したのに…」と。


さて、商売の成功とともに昔日の栄光を取り戻したい長男は、せっせと腕力も鍛え、村の内外から警戒と反発を買い始めました。これに対抗しようと、末っ子はボスのご機嫌をとり、ボスの危機には駆けつけますと言い出します。喧嘩は一切ごめんだといってきた末っ子の変身は、また兄たちの警戒を招きました。

そんな中で、長男が次男の家を訪問します。末っ子は目をしかめますが、それは北の問題児も同じこと。末っ子と問題児が急接近したのも理由あることかも知れませんが、話が複雑になるので、それには触れずにおきましょう。


自分が人にされた恨みはよく覚えているのに、人を傷つけたことや、してもらった恩は忘れてしまう。そんな人間が多い中で、次男が長男に示す寛容は見上げたものでしょうが、それだけなら長男の思うツボ。その寛容を弟にも示しつつ、みんな謙虚に仲良くしようと旗を振れば、次男の株は大いにあがるでしょうに、さてどうなりますか…。長い長い三兄弟の葛藤物語、続きはまたに致します。


(若宮啓文 日本国際交流センター・シニアフェロー 前朝日新聞主筆)
e0199834_18263967.jpg

この男は、今、韓国の大学の教授をしているらしい。そのまま、韓国に帰化しろ。二度と帰ってくるな。

e0199834_22585747.jpg



e0199834_104937.jpg





e0199834_23254771.jpg


[PR]
by cosmic_tree | 2014-09-14 22:53 | 最悪の民主党とマスコミ

●韓国・中国こそ『歴史』を直視せよ~慰安婦と日韓併合の嘘を暴く!

e0199834_2155109.jpg

e0199834_2340248.jpg

韓国・中国こそ正しい歴史を学びなさいと強く言いたい。下の映像を英語・韓国語・中国語・他、あらゆる言語に翻訳して世界中に拡散してほしいと願う。日本人はもちろんのこと、近所の国の人も歴史の真実を直視してほしいのだ。近所の嘘つきのせいで嘘八百の歴史が世界に広がっていることが許せん。腹立つ。支那朝鮮よ、嘘は何百回ついても嘘は嘘のままなのだ。へたないいがかりをつけて、カツアゲ(多額の賠償金)をするのを、もうやめろ。はっきり言う、真実は徐々に世界中に広がりつつあるのだ。自分たちで自分の首を締めていることに早く気付け。このままなら、君達は確実に閻魔様に舌を抜かれるだろう。


e0199834_2341383.jpg











e0199834_21575735.jpg









[PR]
by cosmic_tree | 2014-09-11 21:39 | 反日国家(支那・朝鮮)