争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●北朝鮮が、日本への核攻撃予..
at 2017-09-16 08:17
●金正恩は「無血開城」せよ ..
at 2017-09-14 20:22
●今こそ、日本は核論議を活発..
at 2017-09-09 10:24
●日本はスイスの高い危機意識..
at 2017-09-06 22:39
●中国人が考える、中国人の「..
at 2017-08-29 23:46
●中国が目指すのは侵攻型の空..
at 2017-08-21 10:28
●「狂気の独裁者」金正恩、グ..
at 2017-08-19 12:56
●北朝鮮「有事には米国より先..
at 2017-08-06 16:47
●比大統領、金正恩は「ばか者..
at 2017-08-03 23:42
●よくぞ、やった!!「AIキ..
at 2017-08-03 16:44
●印度軍 vs 中国軍
at 2017-08-02 09:23
●北朝鮮の核兵器、2020年..
at 2017-07-24 22:27
●北朝鮮が日本攻撃を決めれば..
at 2017-07-14 08:23
●護衛艦「いずも」+F-35..
at 2017-06-22 21:48
●北の弾道ミサイルのターゲッ..
at 2017-06-13 22:44
●三隻の空母派遣は米国が本気..
at 2017-05-27 22:16
●韓国には嘘をつくことが恥ず..
at 2017-05-26 13:00
●文在寅は、ガチガチの「従中..
at 2017-05-12 22:52
●くたばれ「吉田ドクトリン」
at 2017-05-07 23:02
●日本は占領憲法で独立国家と..
at 2017-05-03 09:09

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

●「生まれ変わるなら日本」8割超 20代で急増 国民性調査


日本人の83%が「生まれ変わるなら日本に」と考えている
e0199834_13463630.jpg


http://www.sankei.com/life/news/141031/lif1410310002-n1.html


日本人の83%が「生まれ変わるなら日本に」と考えていることが、文部科学省所管の「統計数理研究所」が30日発表した国民性調査で分かった。5年前の前回調査より6ポイント増え、とくに20代男性が21ポイントも急増した。

専門家は、平成23年の東日本大震災で日本人の秩序ある行動が海外から称賛されたことなどが影響したのではと分析しており、若者たちが自信を持ち始めている姿がうかがえる。

調査は昭和28年から5年ごとに行われており、今回は13回目。昨年10~12月、20歳以上の男女6400人を対象に面接方式で実施した。


それによると、「生まれ変わるなら日本か外国か」との設問に、83%が「日本」と回答。平成21年に実施した前回調査の77%を上回った。

とくに20代の急増が目立ち、男性は75%(前回54%)、女性は72%(同64%)が日本を選んだ。


同研究所によると、日本への生まれ変わりを選んだ回答者の多くが「(日本人の)心の豊かさ」を評価する傾向がみられた。

「日本人の長所」を10項目から選ぶ設問(複数回答可)では、「礼儀正しい」が77%(同60%)、「親切」が71%(同52%)と、いずれも過去最高を記録した。


同研究所の吉野諒(りょう)三(ぞう)・調査科学研究センター長は「震災時の秩序だった行動が国民意識に反映されていると考えられる。一方で、海外で深刻化した経済不況やテロなども国内に目を向けるきっかけになった可能性がある」と話した。


e0199834_8173863.jpg



e0199834_1635524.jpg





[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-31 16:30 | ガンバレ、ニッポン。

●日中韓は、暗い過去ではなく明るい未来に、そろそろ目をむけようではないか。

e0199834_8181412.jpg

”優しさ”には、日本も中国も同じ。必ず、お互い分かり合える時がくるだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141026-00000026-rcdc-cn&pos=2


2014年10月24日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、あるユーザーが日本の北海道にある「盲導犬老犬ホーム」を写真入りで紹介した。

盲導犬の役目を終えたイヌたちが、職員やボランティアの温かい介護を受けながら、静かに余生を送る様子を伝えた記事は、中国ユーザーの大きな反響を呼んでいる。

以下は主なコメント。


「涙で写真が見えない」

「泣きたくなった」

「なんて素晴らしい施設なんだ!」
「盲導犬に心から感謝する日本人を、私は尊敬します」

「そこの日本の悪口を毎日言ってるヤツ!日本には学ぶべきところがあると本当に思わないのか?」

「中国では絶対にありえない話」

「中国だったら、食べられて終わり」

「私もここで働きたい!」

「だから私は日本が好きなんだ」

「これこそが文明国家!」

「日本人の資質には1000年たっても追いつかないと思う」

「イヌにこれだけ優しくなれるんだったら、人間にはもっと優しくなれるよね」

「日本人は本当にひとことでは語れない民族だな」

「日本人って残酷なの?優しいの?」


(翻訳・編集/本郷)

e0199834_82341100.jpg




http://www.recordchina.co.jp/a91889.html

中国を侵略した国は多いが、なぜ日本人を最も憎むのか=幼少から反日叩き込まれたパブロフの犬―中国ネット

2014年7月30日、「中国を侵略した民族は多いが、中国人はなぜ日本人を最も憎むのか」と題した文章が、中国のネット上で話題を呼んでいる。


筆者は「国が子どもたちに『標準的な回答』を教え込めば、数世代後には、国民の多くが判断力と思考能力を失うことになる」と警鐘を鳴らす。

その具体例として、中国人は珍宝島(ダマンスキー島)と聞けばソ連を憎み、軍歌「血染めの風采」が流れればベトナムを憎み、国民党反動派で台湾を憎み、粉ミルク規制問題で香港を憎み、世界の警察が各地で石油を略奪していると聞いて米国を憎むとし、「自ら思考することはほとんどなく、他人から与えられた回答を習慣的に受け入れている」と指摘する。

その上で、「最もたたき込まれているのは、疑いもなく日本だ」とし、「多くの中国人が『日本人』の3文字に条件反射するのは、まるでパブロフの犬のように、長期にわたって訓練された結果だ」と指摘している。

(翻訳・編集/NY)



[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-27 08:25 | 元気がもらえる!

●忘恩の徒・韓国が日本と国交断絶したい?どうぞどうぞ、日本は一向に構わない。


恩を仇で返す韓国、嘘で塗り固めた国の歴史など、まもなく世界中で暴かれる事だろう!




このひどい記事。本当に呆れる。

e0199834_1242872.jpg



韓国政府、外務省の慰安婦記述削除に懸念表明=韓国ネット「国交断絶しろ」「右傾化する日本に天罰を」



http://www.recordchina.co.jp/a95648.html

2014年10月12日、韓国政府は元従軍慰安婦に「償い金」を支払ったアジア女性基金の拠出呼び掛け文をホームページから削除した日本の外務省の対応を非難した。韓国外交部は「深刻な懸念と遺憾の意を表明せざるを得ない」と述べた。複数の韓国メディアが伝えた。


これについて、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

●「過去を反省しない限り、君たちとの未来はない」

●「日本が早く慰安婦問題を認めて、慰安婦たちに謝罪することを願う」

●「国交の断絶だけが答えだ。すぐに邪悪な日本と国交を断絶しろ」

●「歴史問題に謝罪するどころか、どんどん右傾化する日本には、神の天罰が下るぞ」

●「安倍政権下で、日本が変わるのを待つのは無駄だ」

●「安倍が政治から退いて、安倍と違って戦犯を参拝せず、自分たちがしたことを認める日本の首相が出てくることを望む」

●「忘れないようにしよう。私たちの敵は北朝鮮であり、日本だ」

●「日本も中国も韓国を軽視する。韓国にもっと力があれば周辺国が韓国を軽視することはない」

●「国連は日本に制裁処置を適用しろ」

(翻訳・編集/まるみ)



e0199834_13388.jpg

e0199834_22362128.jpg

バカタレ




[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-19 13:00 | 反日国家(支那・朝鮮)

●アホでひどい国だ。中国で安全な食べ物はすべて共産党幹部だけのもの。

e0199834_1226449.jpg

e0199834_20303631.jpg

e0199834_11552933.jpg


本当に国民のことなど、二の次三の次だ。真実など、一切国民に知らされない中国。いずれ、大きな大きな反動がきっとくることだろう!

-------------------------------------------------------------------------------------

http://www.gruri.jp/article/2014/08120900/

中国「高級官僚2万人」のために存在する「食品特別供給センター」

「君がどんなものを食べているか言ってみたまえ。どんな人間かを言ってみせよう」(ブリア・サヴァラン)。よしんば、このフランスの大食通にこう迫られたとて、北京に集まる無慮(むりょ)2万の高級官僚が口を割ることはない。何せ彼らは、庶民の食卓にはのぼらない、ことに貴重で安全な食物をこっそり口にしているのだ。そして、その食材を管理するのが、「食品特別供給センター(特供)」である。

***

1949年の建国以来、中国では、指導者に対して食材が“特別提供”されてきた歴史がある。わけても故郷である湖南省・長沙の鮮魚を好んだ毛沢東は、これを専用機で毎週のように空輸させていたという。


爾来(じらい)、あくまで属人的だったこの仕組みが、国家機関として確立されたのは、2005年4月のこと。当時、化学肥料まみれとなった農作物や過剰に成長ホルモンを投与された家畜、そして水質汚染が猖獗(しょうけつ)し、社会問題化していた。

「そういった汚染食物から高官の健康を守る目的で、この組織は作られました。様々な約束事をクリアした農場や放牧場だけが、特供の指定を受けることができるのです」

と解説するのは、さる全国紙の中国特派員である。


「野菜も家畜も、自然環境での生育・飼育が絶対条件。また、遺伝子組み換え技術の応用はおろか、農薬の使用さえ認められない。1項目でも基準以下だと、指定を外されるのです」

差し当たって、遼寧省の米、湖北省の水産物、雲南省の茶葉、内モンゴルの牛・羊肉が、厳しい審査を潜り抜けて“特供御用達”となり、官僚の美食を支える。



■安全な食べ物といえば

施設はそれぞれ2メートルの鉄柵で囲まれ、出入口には警備員が常駐している。一般人は近づくことができず、それとは対照的に、高官を乗せた黒塗りの車が時折滑り込み、品定めをしていくこともあるのだ。

「環境保護区に指定される北京郊外の西山なる地区にも、高級官僚専用の野菜や果物の生産基地があります。大都市といえばPM2・5ですが、そこはうんと空気が澄んでいましたね」(在北京のジャーナリスト)


むろん、こうした“ユートピア”の存在は、拡大する格差に喘ぐ庶民の手前、積極的に喧伝されることはなかった。

「ともすれば、彼らがたきつけられ、暴動を起こしかねない。それゆえ当局は、組織に関する報道を厳しく検閲しています」と、ジャーナリストの高口康太氏が指摘するように、内外のメディアが何かにつけてスクープしても、政府は特供の存在を否定し続けたのだった。


それが、あにはからんや、今回の摘発により、

〈偉い人は、食品安全の問題に関心がない。彼らは特供食品を食べているから〉

〈中国で安全な食べ物といえば、特供食品だけだ!〉


などと、ウェブ上では、民衆の憤怒の声が、いや増しに高まっているのだ。瓢箪(ひょうたん)から駒のような話だが、早晩、高官が吐露せねばならぬ日がやってくるはずだ。どんなものを食べているか、を。

「特集 中国から来る『汚染・腐敗』食材から身を守れ!」より


中国では「毒菜」と呼ばれている

e0199834_1219010.jpg

e0199834_12223352.jpg

e0199834_1337374.jpg

e0199834_13395742.jpg

e0199834_13471625.jpg

e0199834_13433029.jpg




e0199834_12283659.jpg



[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-17 11:58 | 反日国家(支那・朝鮮)

●韓国人大学教授が語る日本統治時代の真実・・・「日本に感謝しています。」




国を挙げて反日を続ける韓国。韓国では日本統治時代を肯定することはタブーとされている。

そんな中、韓国の大学教授が「日本統治時代の真実」を語る。


本当に勇気のある人だ。
e0199834_20504476.jpg







「日本の統治時代は良かった」と言った老人が撲殺される様な国で、日本を褒め称える事を言うのは命がけのはず・・・こういう人もいるのだなぁ。それにしても、やっぱり日本人は素晴らしかった。





e0199834_21105591.jpg





[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-16 21:09 | 素晴らしい人物!

●セルビア人に"日本のイメージ"を聞きました。

e0199834_13431971.jpg



セルビア共和国
Republic of Serbia


1.面積
77,474平方キロメートル(北海道とほぼ同じ)
2.人口
712万人(2011年国勢調査)
3.首都
ベオグラード(人口164万人)
4.民族
セルビア人(83%),ハンガリー人(4%)等(2011年国勢調査)
5.言語
セルビア語(公用語),ハンガリー語等
6.宗教
セルビア正教(セルビア人),カトリック(ハンガリー人)等

e0199834_22201771.jpg


e0199834_2220221.jpg



[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-14 22:21 | 日本の味方

●明治天皇の玄孫(孫の孫)である竹田恒泰氏の本。

e0199834_17342919.jpg

日本は現存する唯一の古代国家 「日本人はなぜ日本のことを知らないのか」


ご存じ、明治天皇の玄孫である竹田恒泰氏の本です。

この本は、「日本は現存する唯一の古代国家」であるという事を、当時者である日本人がほとんど知らないことに問題意識を持ち、そのことを多くの人に知ってもらうために書きました。

学校教育で建国の歴史を教えない国は、世界中で、日本だけではなかろうか。我が国は現存する世界最古の国家である。日本人なら素直に喜び、誇りに思えるこの重大な事実を、なぜ日本人は知らないのか。


日本が最古の国であることを知ったとき、私は心から感動し、「日本はすごい国なんだ」と思った。これほど日本人に誇りを持たせる重要な歴史を教えないとは、不自然極まりない。

そしてその結果、現在の日本は、建国記念の日に建国を祝う国民がほとんどいないという、世界的に見て、極めて異常な状況にある。

日本国が存在することのありがたさを、日本人は実感していない。これは国家・民族の危機であろう。戦後教育の誤りは、国を滅亡させる力をも発揮しうるのである。



日本の建国は、「日本書記」によれば、初代神武天皇が即位した紀元前660年(約2700年前)となります。ところが、これは、考古学会から反対があり、学界としては認められていないようです。

ちなみに、大東亜戦争開戦の前年の1940年(昭和15年)に神武天皇即位から2600年を記念した「紀元二千六百年記念行事」が日本政府が中心となって祝われました。

竹田氏は、三世紀前期に奈良県の三輪山の麓にある纒向遺跡(前方後円墳)が作られたことがヤマト王権の成立であるとみなしています。

纒向遺跡のような巨大な墳墓を作るためには、膨大な費用と人工が必要であり、それを調達できる強大な国家が成立していたとの判断で、至極まっとうな意見だと思います。(個人的には、日本建国は神武天皇まで遡ると思っていますが...)


この計算では、日本の建国は約1800年前となります。ちなみにこの本に書かれている日本以外の国の建国は、以下の通りです。日本がダントツの一位ですね。


1位:日本(1800年以上前)
2位:デンマーク(約1000年前)
3位:英国(約950年前)



<国連の常任理事国の建国>

アメリカ:約240年前
フランス:約225年前
中華人民共和国:65年前
ロシア:23年前



このように世界に誇るべき日本の歴史を、当の日本人はほとんど知りません。その理由は、私たちが学んだ日本の歴史の教科書にそのような誇るべきことは書かれていないからです。


これは、米国の日本的なものを徹底的に貶めた占領政策と、何と言っても日教組の力が大きいと思います。戦前は、普通に教えていた古事記や日本書紀など建国に関わる古代の神話に関して、戦後は何も教えていないのです。


日本の天皇は、初代の神武天皇から今上天皇まで途切れることなく続いています。異論のある方もあるかと思いますが、少なくとも人民から攻め滅ぼされることなく、日本の統治者として君臨し続けてきたことは事実です。

鎌倉時代から武家政権になりますが、天皇家を滅ぼして自分が日本の頂点に登ったものはいません。


現在の皇居は、もとは江戸城だったので別ですが、本来皇居にはお堀もなければ、城壁もありません。その必要がなかったからです。

誰も天皇を攻めて、自分が日本の皇帝になろうと思った人はいないのです。

源頼朝も徳川家康も征夷大将軍という朝廷の官位を天皇から任命される立場であり、天皇の臣下だったのです。


私たちは、歴史でお隣の中国が、随、唐、宋、元、明など王朝がどんどん移り変わるのを学んできましたが、日本自体は、その国体がずっと変わっていないという世界的に見ても特殊な国であることを全く認識していないと思います。

このような事こそ、学校できちんと教えるべきですね。


ところが、私たちの頃もそうでしょうが、現在の日本の教科書には初代天皇である神武天皇の記載がなく、天皇とは日本人にとってどのような存在であるかも教えていません。

「国内では地方の豪族が反乱をおこし、政権のなかでも、豪族どうしの争いが続きました」の一文の後に、なんと、ここで突如、天皇が登場する。次の文である。

「女帝の推古天皇が即位すると、おいの聖徳太子が摂政となり、蘇我馬子と協力しながら、中国や朝鮮に学んで、天皇を中心とする政治制度を整えようとしました」

日本の歴史の教科書に登場する最初の天皇は、第三十三代推古天皇だった。しかも、三十三代であることは本文から読みとることはできない。

「豪族どうしの争い」の結果、推古天皇が勝利を収めて初代天皇に即位したかのような書きぶりである。実際、推古天皇が初代天皇と勘違いしている中学生は多い。


私も、神武天皇に関しては、学校ではなく手塚治虫の「火の鳥」で知ったと記憶しています。

「何でも○国が起源」、「○国が世界一」などと捏造することが必要な国とは違い、日本には世界に誇れるものがあるのですから、事実を正確に子供たちに教えて欲しいと思います。


竹田氏は、世界的な歴史学者であるアーノルド・トインビーの言葉を紹介しています。

「十二、三歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」

日本人にはお勧めの一冊です。




e0199834_1733446.jpg






[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-14 17:34 | ガンバレ、ニッポン。

●中国よ、やめておけ、日清戦争の二の舞いになるぞ!

正直に言う、実は支那など、少しも怖くないのだ。太古の昔から日本は支那などに一度も負けたことがないんだから。中国よ、日本を相手にすると、本当に怖いぞ、どうなっても知らないぞ。

e0199834_12443833.jpg



72時間以内に日本を壊滅状態に、中国の新しい原子力潜水艦23隻が海軍基地に出現―中国メディア

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141011-00000021-rcdc-cn


2014年10月7日、中国メディア・雷霆軍事網は中国遼寧省の葫芦島人民解放軍海軍基地に新しい原子力潜水艦23隻が出現したと伝えた。以下はその概要。

現在、中国が保有する核兵器の威力は24~72時間以内に日本に対して2~5発の核ミサイル攻撃が可能。中国の最初の核攻撃で、日本は東京などの大都市が壊滅状態になる。

さらに、日本の4大軍港の呉、横須賀、沖縄、佐世保を攻撃目標にすれば、海上自衛隊へのダメージは計り知れない。

中国が日本に対して核攻撃を行っても、米国が核ミサイルを中国へ打ち込むことはない。米国防省は軍事報告書のなかで、これを指摘している。

米国は現在、4300発の核ミサイルを保有しているが、中国の核ミサイル製造速度には目を見張るものがある。

中国はわずか6年で浙江省東部の沿岸に核ミサイル631発を配備したが、その半数は日本に照準を合わせている。中国は日本の軍備拡張を理由に、自身の軍備増強を着々と進めているのだ。

(翻訳・編集/本郷)


e0199834_13512170.jpg



[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-12 12:43 | 反日国家(支那・朝鮮)

●はっきり言う、我々は昔から、中国など怖れた事がないのだ。

中国の国防産業は日本の技術に完全依存・・・中国メディア

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/397910/

中国メディア・網易軍事は9日、中国国防産業が完全に日本の技術に依存していると報じた。日本は現在、中国に対する精密電子部品の最大の輸出国となっており、こうした部品の多くは軍事装備にとって重要なものだ。

中国の工業はレベルアップが急務となっているが、ハイエンドなコンピューター数値制御(CNC)の工作機械の自主開発の問題が解決できず、中国の先進製造業発展の足かせとなっている。

中国はこの分野のシステムや重要部品を依然、輸入に頼っており、2012年の段階でシステム関連の自給率は5%未満。95%を輸入に頼り、そのうち3分の1が日本からという状況だった。


中国は海外から技術を取り入れることで市場を握ろうとしたが、それは市場を失うことにつながり、技術も手に入れてはいない。

工作機械の専門家によれば、中国の技術レベルは世界の先進国より少なくとも15年は遅れている。日本の経済評論家、長谷川慶太郎氏は2005年、日本の雑誌に「中国の未来は日本次第」と題した記事を発表した。



この報道に対して、中国のインターネット・ユーザーたちが続々とコメントを寄せた。一部を拾ってみる。

「中国と日韓、欧米などとの差は巨大だ。中国は炭素繊維や電子部品、半導体などを長期にわたって日韓などの国からの輸入に頼っている。もし禁輸になれば結果は想像できないほど大きいだろう。中国が本当に強大になるには、まだ長い道のりを歩む必要がある」

「日系企業で働いていて、中国と日本のエンジニアリング技術分野での差について知っている。問題はエンジニアの専門的な素養や知能ではなく、管理と意識の面にある」

「中国は日本と同じぐらいの時期からCNC工作機械を研究しているが、どうしてこんなに遅れてしまったのか?それは文革で優秀な科学人材がいなくなったことが原因だ」

「どうりで日本人は中国を恐れないわけだ!中国は日本人が作る部品がなければ武器を使えないか」

「それが戦争に踏み切れない理由」

「遅れていることは認めて、日本によく学ぶべきだな」

「これでも日本製品をボイコットすると?」

「これは氷山の一角」

「日本人もバカじゃない。中国に売るのは精度の低い民用レベルの工作機械だ」

「日本の工作機械を手放すことができない、というのは言い過ぎな気がする。日本が中国経済から離れることができないと言うべき」

「いつでも日本製品を売っては褒めちぎり、他の国の製品を悪く言うヤツはいるもんだ。中国は日本から離れられないだと!?笑ったわ」

(編集翻訳 恩田有紀)


e0199834_221395.jpg

e0199834_2213357.jpg




e0199834_22513938.jpg











[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-10 21:43 | 反日国家(支那・朝鮮)

●これが、本音だろう。中国国内でどんどん吹聴しなさい。許す。


7年間日本にいた中国人が、東日本大震災で帰国して大後悔。帰国後に知った「本当の日本の素晴らしさ」。帰国は悪夢だった。



中国メディア・花生網に3日、「帰国後の後悔 帰国後に初めて知ったこと」というタイトルの文章が掲載された。文章では日本に7年間住んだ中国人が帰国したさいに覚えた後悔の気持ちについてつづられている。内容は以下のとおりだ。


2014年9月で、日本から帰って来て3年半が経過した。東日本大震災と放射能漏れの影響によって、多くの中国人が日本を離れたが、私もその1人だ。

帰国後、金持ちの家柄でもない自分が下した帰国の決定がかくも愚かなことだったということに、初めて気づいた


それから、日本への思いがどんどん募るようになっていった。

日本にいたころ、学校を卒業したばかりの私は自分の能力によって年収400万円の仕事を見つけることができた。職場に複雑な人間関係はなく、自分のことをやっていればよかった。

帰国後、中国では何をするにもコネクション、人脈が必要であり、上司にこびへつらう能力がより重要であることに気付いた。身も心もヘトヘトだ。


日本にいるときには、年間10数日の有給休暇が付いていた。そして、数えられないほどの法定祝日もあった。帰国後、中国では電話の電源を毎日365日切ってはならず、上司の呼び出しを待っていなければならないということに気付いた。



日本にいるときは、600円でご飯とスープ、デザート付でおかずの量も十分なランチが食べられた。帰国後、同じレベルのランチが東京の2倍の金額を出さないと食べられないことに気付いた。なのに、帰国後の給料は日本にいたときの半分以下なのだ。

日本にいるときは、職場のある街に100平方メートルあまりの高級マンションを、内装を加えても7、8年分の給料分で買える。帰国後、7、8年分の給料では、トイレしか買えないことを知った。


日本にいるときは、コンビニエンスストアでたばこ一箱や酒一本、さらには消しゴムを一つだけ買っても、店員は礼儀正しく、親切だった。帰国後、スーパーマーケットのレジ係がみんな顔をこわばらせ、眉間にシワを作り続けていることに気付いた。



多くの事柄において、恐ろしいのは対比すること。日本に行っていなかったら一生この差は意識しなかっただろう。残念ながら私は7年も日本に居てしまったのだ。

7年はあまりにも長く、私を日本の生活スタイルにならせるには十分だった。日本のコンビニ店員のスマイル、青く広がる空に清らかな川……みんな慣れてしまったのだ。

現在、帰国したことで得られたのは、日本より高い不動産価格、日本と同じ物価、ひどい環境、落ち着きのない同胞……そして、日本時代の半分にも満たない給料だ。

少なくとも自分にとっては、帰国は悪夢だった。


しかも永遠に覚めることのできない悪夢なのだ。


(編集翻訳 城山俊樹)


e0199834_21441550.jpg



[PR]
by cosmic_tree | 2014-10-08 21:44 | 反日国家(支那・朝鮮)