争いごとを好まないのは、人間としての美質だ。だが眠っていてはいけない。おとなしく隷属すれば、平和がやってくると思ってはいけない。智慧ある者は、必ず正義に目覚めるものなのだ。


by 世界樹

プロフィールを見る

記事ランキング

最新の記事

●日本にとって脅威、中国が配..
at 2017-03-27 22:08
●レーダー5号機は、他国の軍..
at 2017-03-18 23:18
●中国人曰く、「いつまでたっ..
at 2017-03-12 11:59
●2013年のエドガー・ケイ..
at 2017-03-11 15:20
●第2次大戦中、日本政府や日..
at 2017-02-28 12:28
●海自の新型護衛艦を4年間で..
at 2017-02-18 23:08
●日本の主要メディアはほとん..
at 2017-02-13 20:34
●尖閣と竹島は、昔から「我が..
at 2017-01-29 23:32
●呉善花(オ・ソンファ)さん..
at 2017-01-22 23:41
●トランプに期待するな、「日..
at 2017-01-19 21:42
●国と国の約束を違(たが)え..
at 2017-01-11 22:44
●防衛省、ミサイル防衛「TH..
at 2017-01-05 23:56
●春風献上 2017
at 2017-01-01 00:00
●中国は、イプシロンの事を実..
at 2016-12-29 00:21
●安倍首相よ、順序が違うだろ..
at 2016-12-23 00:56
●次期イージス艦27DDG・..
at 2016-12-15 22:23
●櫻井よしこ・呉善花、この二..
at 2016-12-11 22:08
●朝日の若宮は朝鮮大好き、日..
at 2016-12-07 20:55
●言葉は生きている。拡散した..
at 2016-12-04 00:36
●頼むぞ、「心神」。(X-2..
at 2016-11-30 00:12

カテゴリ

全体
正しき心の探求!
みんなで学ぼう仏法真理
日本の過去・現在・未来!
●阿呆!
●自分の国は自分で守る
●歴史戦に勝利する
最悪の民主党とマスコミ
反日国家(支那・朝鮮)
元気がもらえる!
ガンバレ、ニッポン。
天変地異!
世界の感動とビックリ!
面白い雑学!
素晴らしい人物!
幸福実現党
洪正幸(子房)さん
懐かしい!
お気に入りの曲!
気に入ってるCMです。
奇跡の霊言、感謝。
何でやねん!
日本の味方
感謝
その他!
the-liberty
<月9ドラマ>
それ行け!天安悶
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

外部リンク

検索

ブログパーツ

  • 日本よ、侍国家たれ。

Happy Story 1


感謝の心を育てる魔法の言葉『ありがとう』


「ありがとう」。なんと美しい言葉でしょう。
この言葉は、言った人を美しくし、言われた人を幸せにします。

e0199834_17103212.jpg


私たちは幼い日、いろいろな場面で必ず言うようにしつけられました。

先日、あるスーパーのレジでお金を支払った母親が、 「ありがとう」 と言って買った物を受け取っているのを見た 小学一、二年生ぐらいの女の子が、 「どうして、ありがとうと言うの? 買ってあげたんだから、お店の人だけ言えばいいのに」 と言いました。

その後、お母さんはどう話されたかは分かりませんが、お互いに「ありがとう」の言葉は人を温かくして、疲れまでも忘れさせてくれるでしょう。
 
意味が理解できないような幼い時から「ありがとう」という言葉はしっかり教えてほしいです。人は、見えない多くの人から助けられて生きているのだから。



「ありがとう」は本当に摩可不思議な言葉。
素直な心を育てる魔法の言葉。
お互いのきずなを強めてくれる愛の言葉

ありがとうにありがとう!!

この言葉が存在してくれて、ありがとう!!






最後までお読みいただき、ありがとうございました。"^_^"
[PR]
# by cosmic_tree | 2010-09-23 16:53 | 日本の過去・現在・未来!

石原都知事に同感!

中国は理不尽なやくざと同じ
石原都知事が訪中中止を明かす
産経ニュース(2010/09/21)
e0199834_11373114.jpg


中国・北京市への来月中の訪問を予定していた東京都の石原慎太郎知事は21日、尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件への中国側の強硬姿勢を受けて、

「あんな不愉快な国には頼まれても行かない。閣僚級交流を停止するというが、私は閣僚級以上ですから」

と述べ、訪中を取りやめる意向を示した。

石原知事は同日開会した定例都議会の後、報道陣に対し、「中国がやっていることは理不尽な、やくざがやっていることと同じ」と怒りを見せ、「何で政府は実行処置をとらないのか。

例えば日本の潜水艦が韓国や北鮮、中国の領海を侵犯したら爆雷を落とされる。何で日本はやらないのか。防衛省はアメリカとの防衛演習を尖閣でやればいい」などと語った。

さらに石原知事は、尖閣諸島の問題が「日米中関係の試金石になる」と指摘。「アメリカは必ず化けの皮をはがす。

日本に対し、アメリカが動かないということになれば、東南アジアにおけるアメリカの権威失墜が歴然となる。世界の不信を買う最初の取っかかりを作るのは尖閣だ」と力説した。

一方、11月に東京でアジアの大都市がアジア地域の発展に取り組むために結成した「アジア大都市ネットワーク21」の総会が開かれることを指摘された石原知事は「中国がアジアにとって迷惑な存在だったら、皆で防がないといかん。日本も過大な努力をしなくてはいけない」とした。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。"^_^"
[PR]
# by cosmic_tree | 2010-09-23 11:38 | 日本の過去・現在・未来!

尖閣諸島!

e0199834_118263.jpg


「諸君!」2006年2月号 掲載

魚釣島に日本人が住み着くようになった経緯はこうだ。1884年、冒険心に富んだ福岡出身の証人・古賀辰四郎は、人跡未踏の尖閣諸島に探検隊を送り込んで調査を行った。

「魚釣島」と称されるとおり、周辺海域の魚影は濃く、とくに鰹の大きな群れが島の近場を回遊し、人間に警戒心を持たないアホウドリは簡単に獲れた。

これは将来有望だと判断し、古賀は魚釣島に移住開拓を図るのである。古賀が開拓に着手するまで、尖閣諸島に関してはどの国も詳しいことを知らなかった。

ただ、古賀らが移住する13年前の1871年に「牡丹社事件」が起こっている。この事件は、宮古島の貢納船(納税品を運ぶ船)が暴風雨で遭難して台湾南部に漂着したのだが、「牡丹社」という原住民の村落に助けを請うたところ、救助されるどころか逆に乗組員66人のうち54人が惨殺されてしまった事件である。

日本政府は中国(清)に対して謝罪と賠償を求めたが、中国政府は「台湾は化外の民」であり「教化の及ばぬ地」であるからと拒否した。

当時の中国政府は、台湾でさえ「(中国の)支配が及ばぬ地」と宣言していたのである。ちなみにこの事件は1874年に日本帝国初の海外出兵「征台の役」に発展する。

古賀辰四郎にとって尖閣諸島は「絶海の無人島」であり、100年以上も後になって日中間の領有問題になるなどとは夢にも思わなかったであろう。

魚釣島で古賀の事業は成功した。豊富な鰹などの海産物は缶詰や干物に加工され、また無尽蔵とも思えるアホウドリなど海鳥の羽毛採取は莫大な利益をあげた。

当時、義和団事件(1900年)や日清・日露戦争が勃発したが、寒冷地が戦場となったため、帝国陸軍にとって寒中行動の克服は焦眉の急であった。

古賀が生産した缶詰や羽毛は軍隊食や防寒衣類の必需品となり、巨額の特需が発生した。いわば「国策事業」として、古賀の会社も発展を遂げたのである。

尖閣諸島開拓の父ともいえる古賀辰四郎は、シベリア出兵が開始された1918年に62歳の生涯を終えた。

以後、太平洋戦争で沖縄近海の制海権が奪われ、油や食料の輸送が困難となって島を引き払う終戦の直前頃まで、嫡男の古賀善次が事業を引き継いで発展させた。

父の後を継いで善次が「島主」になった翌年の1919年(大正8年)、ひとつの事件が起こった。

中国・福建省から船出した中国の漁船・金合丸が暴風雨に遭遇し、魚釣島に漂着座礁したのである。

この船には福州(今の福建省)の船主兼船長・郭合順以下31名が乗り組んでいたが、尖閣周辺の波浪は嵐の余韻で渦を巻き、激しい潮流に翻弄され、座礁したまま身動きがとれなくなって、魚釣島の島民に助けを求めた。

善次の陣頭指揮のもと、金合丸の乗組員全員は無事救出された。手厚い保護を受けた遭難漁民たちは、やがて石垣島に送られ、半月余の後に台湾経由で故郷の福建省に無事帰還することができたのである。

その後、魚釣島における善意の海難救出に尽力した古賀善次ら島民7名に対し、中国(中華民国)在長崎領事の馮冕より感謝状が届いた。

その感謝状には、海難発生場所として「日本帝国沖縄縣八重山郡尖閣列島」と記されているのだ。

e0199834_11111799.jpg

感謝状の原文は中国語だが大意は以下の通りである。

 「感謝状
中華民国八年冬、福建省恵安県の漁民である郭合順ら三十一人が嵐(原文では風)に遭って遭難し、漂流して、日本帝国沖縄縣八重山郡尖閣列島内の和洋島(魚釣島の別名)に漂着。日本帝国八重山郡石垣村雇用(後に助役)・玉代勢孫伴[たまよせそんばん]君は親切に救護し、故国に生還させてくれたこと、まことに義を見てためらわないものであり、深く感服し、ここにこの書状の贈呈をもって感謝の気持ちを表すこととする。
  中華民国駐長崎領事馮冕 印
  中華民国九年五月二十日 公印 」
 
*ゴシックおよび( )内は筆者

これを一読すれば、中国政府が尖閣諸島を「日本の領土」だと認めていることは明らかである。

感謝状は表記の玉代勢氏のほか、石垣村長(当時)の豊川善佐氏、古賀善次氏、そして通訳を務めた松葉ロブナストさんら計7人に贈られた。

ここに取り上げたのは、私蔵されていた感謝状を玉代勢氏が1996年1月に石垣市に寄贈したもので、現存するのはこれ1枚だけである。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。"^_^"













[PR]
# by cosmic_tree | 2010-09-23 10:59 | 日本の過去・現在・未来!

中国が世界一は?

e0199834_10465922.gif


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 

平成18年(2006年)11月5日(日曜日)  
通巻第1611号(11月4日発行、臨時増刊号)




 中国が世界一は?

  人口
  外貨準備高
  粗鋼生産量(ついでに言うと「割り箸」の生産も世界一)
  携帯電話普及台数
  直接投資の外資導入(総合ではアメリカ)




 こんなのも世界一、

  軍事予算の拡大比率
  公害・環境汚染(大気汚染ワースト25都市のうち17)
  炭坑事故の死者(毎年5000人から8000人)
  死刑(公開処刑は庶民の娯楽)
  暴動事件(昨年87000件)
  交通事故(年間20万人以上)
  自殺者(年間23万人前後)
  密出国者数
  駅弁大学の数(各地で学生暴動)
  汚職(外貨持ち出しでも世界一)
  海賊版、版権違反



 なんといってもこれこそ世界一。
  
  悪智慧とずる賢さ
 























[PR]
# by cosmic_tree | 2010-09-23 10:48 | 反日国家(支那・朝鮮)

中国が世界をメチャクチャにする

e0199834_10394952.jpg


China Shakes the World(原題)
(ジェームス・キング著 草思社 2006年10月 1600円+税)


中国は石油をはじめ世界中のエネルギー資源を食い漁り、そのかわりに安価な製品を輸出して世界中の中小製造業を倒産させ、自国では農民の暴動、環境破壊、人権無視と植民地支配を続けている。


著者のジェームズ・キング氏は北京在住。フィナンシャル・タイムズ記者から現在はBBC、CNNの解説者。
[PR]
# by cosmic_tree | 2010-09-23 10:41 | 反日国家(支那・朝鮮)

仰天人事、岡崎国家公安委員長

産経新聞 9月18日(土)1時44分配信

仰天人事、岡崎国家公安委員長 反日デモに参加、在日朝鮮人から献金…

菅改造内閣のサプライズ人事といえば、警察の「総目付」役である国家公安委員長に、岡崎トミ子参院議員が就任したことだ。首相経験者の一人は「仰天した」というが、岡崎氏の過去の“特異な”言動を振り返るとそれも納得できる。

岡崎氏は通常国会の会期中の平成15年2月、ソウルの日本大使館前で韓国の慰安婦問題支援団体主催の反日デモに参加し、韓国人と一緒に大使館に向かってこぶしを振り上げた。このデモに日本の国会議員が加わったのは初めてだった。


岡崎氏は当時、「反日デモではなく、日本政府に謝罪と補償を求めるデモだ」と釈明したが、現場では日の丸に「×印」をつけた看板も並べられていた。このときは、民主党の役職停止処分となっている。

e0199834_23221747.jpg


16年3月には、女性国会議員のメールマガジンで、こんな独特の見解も表明している。

「外国人犯罪が増えているというが、日本人が犯した場合には立件もされないような軽微な犯罪が多い」

同年4月には、岡崎氏の政治団体が13年に、外国人からの寄付を禁止した政治資金規正法に違反し、北朝鮮籍で朝鮮学校理事長の男性と、韓国籍のパチンコ店経営者からそれぞれ2万円ずつ寄付を受け取っていたことも発覚した。

岡崎氏は当時、この理事長とは、朝鮮学校の運動会に出席するなどで「日ごろから懇意にしていた」と説明した。パチンコ店経営者からの寄付は、産経新聞の指摘を受けるまで「違法と気付かなかった」としたが、こんな国家公安委員長で本当に大丈夫?(阿比留瑠比) 










最後までお読みいただき、ありがとうございました。"^_^"











[PR]
# by cosmic_tree | 2010-09-22 23:08 | 日本の過去・現在・未来!

中国河南省 「毒漬けキノコ」10トン押収 市場にはすでに流通している

大紀元 2010/9/15
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/09/html/d61582.html

e0199834_2313220.jpg


中華人民共和国、河南省鄭州市郊外にある「毒漬けキノコ」の製造拠点がこのほど摘発され、強い発がん性のある工業用塩を使って漬け込んだキノコ約10トンが押収された。河南省地方紙・大河報が報じた。

押収された10トンのエノキダケやフクロダケなどは、1500個の桶に、食用に禁止されている工業用塩に漬け込まれていた。工業用塩は、人体に対して強い毒性があり、10gの摂取で死に至る危険性があるという。経営者は、禁止されていることを知りながら使っていたことを認めた。

また、製造拠点は衛生状況が粗悪で、悪臭が漂っていたという。

同拠点で作られた多くの工業用塩漬けキノコはすでに小売商に出荷し、瓶に詰め替えられてから、ホテルやレストランに販売されたという。


                                  (翻訳編集・張YH) (10/09/15 07:29)





最後までお読みいただき、ありがとうございました。"^_^"
[PR]
# by cosmic_tree | 2010-09-22 19:33 | 反日国家(支那・朝鮮)

菅直人 守護霊の霊言

e0199834_16171892.jpg


菅守護霊への霊言がなされたのは、鳩山総理が辞任表明をした6月2日です。
     
------------------------------------

<菅さんは、中国に対しては、どう思われているのでしょうか?>

(菅直人守護霊)
ん? 中国っていうのは、それは偉大な国だよな。


<今、中国一党独裁で、共産主義ですが?>

(菅直人守護霊) 
まあ、そうは言っても、なかで勢力争い、派閥争いをしている以上、政党があるのと、ほとんど一緒なんだよ。


<菅さんは、共産主義に関しては、どのようにお考えですか?>


(菅直人守護霊)
共産主義? 共産主義っていうのは、君、「市民の味方」と言う意味においては正義なんだよ。


<そうですか?>


(菅直人守護霊) 
市民の味方である限りは正義だ。

<日本の政治家として、あるいは、総理にならんとする政治家として、中国に対して、どう対応されるんでしょうか?>

(菅直人守護霊) 
いやあ、もう、敵の懐のなかに飛び込むのが一番だ。中国の懐のなかに飛び込んでしまって、「日本と中国は一蓮托生で、運命共同体です」と言えば、もう、平和な未来が開けるんだよ。


<中国とどんどん付き合っていくということでしょうか?>

(菅直人守護霊) 
中国のほうがアメリカよりも近いんだし、中国の経済圏は、これから2倍になり3倍になり5倍になるんでしょう? 中国と取引さえすれば、充分に食っていけますからね。まあ、アメリカとだんだん疎遠になっていくのは、しかたないんじゃないか。



<法人税を今より上げる?>

(菅直人守護霊) 
うん。大企業等は、法人税を上げなきゃいけない。まあ、中小零細企業については、やはり、少し助けてやらなければいけないので、法人税は少し下げてもいい。

しかし、大企業等については、そんなに助けてやる必要はない。今、大企業は、赤字を出して、うまく逃げ込んでいるけれども、このへんは、ちょっと問題があるな。やっぱり、利益に対して税金をかけるんじゃなくて、資産に対して税金をかけなきゃいけないね。


<え、資産に対してですか?>


(菅直人守護霊) 
うん。含み資産がそうとうある。大企業は、土地とか建物とか株とか、いろんな含み資産をたくさん内部留保しているので、こういう部分の純粋資産に対して税金をかける。そういう感じで、大企業から取ってやろうと考えています。

だから、「金をためたやつから取る」ということだ。


<それは二重課税ではないでしょうか?>


(菅直人守護霊) 
うーん。だけど、儲かりすぎたんだからしょうがないよな。
法人税は、まあ、五十パーセント以上には上げられないと思うけれども、内部留保として金をためた企業については、それを取り上げていくつもりでいる。やっぱり悪いことをしたんじゃないか。

本来、消費者に還元しなきゃいけないものを還元しないで、自分たちの利益としてため込んでいるんじゃないか。

そういう悪質性があるので、その部分については、やっぱり、ちゃんと税金として取り上げて、国家のほうから一般消費者に還元するのが筋だと思っている。

<まあ、あなたは、菅さんの潜在意識でもあるのですが、菅さんは、潜在意識下で、「企業はよくない」と思っているということですか?>

(菅直人守護霊) 
当然だろう。そんなに、いいわけないじゃない。企業にもよるけれどもね。まあ、零細企業はいい。それは、ほほえましくていいけれども、大企業になると、基本的に嫌いだな。


<でも、大企業があるから、何十万人という雇用が生まれるし、富が創造されるし、税金も納めてくれるのではないでしょうか?>

(菅直人守護霊) 
そういう言い方もあるけど、大企業では、悪い人間が参謀みたいな頭脳集団をつくっていて、「国家から、どうやって、うまく利権を引き出し、かつ、税金を払わないようにするか」というようなことを一生懸命やっているからねえ。


<大企業の内部留保を減らしてしまうと、再びリーマン・ショックのようなことが起きた場合、今度は大企業まで潰れてしまうかもしれません。しかし、そうなると、下請けも潰れてしまいますが・・・・>


(菅直人守護霊) リーマン・ショックは、金が余っている富裕層がいっぱいできたから起きたのであって、みんなが平等な生活をしておれば、あんなものは起きないんだよ。健全な生活をしていれば、ああはならないんだ。うん。


(菅直人守護霊) 
基本的には、国会議員よりも多い収入を取るような企業家は許さないんだ。


(菅直人守護霊) 
本心とまではいかないけど、まあ、ちらっとぐらい見せてやるよ。で、他に何が聞きたいんだ?




<普天間問題についてです?>


(菅直人守護霊)
ああ、普天間基地、君、それは、非常にきわどい問題だよ。言い方を間違うと、失脚する。鳩山パート2になるじゃないか。

君は、さっき何とか塾とか言っていたけど、もしそれが嘘で、君がマスコミだった場合、失言を引き出されたら、わしはすぐに失脚するじゃないか。言葉を選ばなきゃ危ねえや。


<そのへんのマスコミ対応がすごくうまい菅さんにとっては……>

(菅直人守護霊) 
いやあ、君、なかなか、うまいな(会場笑)。うーん。失言を引き出されると、わしもやられるので、よく考えて言わないかんと思うが……。

まあ、日米関係は友好的にやりたいとは思うが、将来的な軸足としては、日中関係を拡大する方向を目指していることは間違いない。こういう言い方かな。うん。


<つまり、日米関係は大事だと言いつつも、将来的には、中国お一緒のやりたいという感じですか?>

(菅直人守護霊) 
これは言い方を間違うと、僕を失脚させるおそれがあるから、言い方を間違うわけにはいかん。
ただ、まあ、日本という国に、これだけアメリカ軍の基地があるのは、やっぱり異常だよな。君たち、幸福実現党か?「このままでは、日本は中国の植民地になるぞ」とか言ってるけど、もうすでにアメリカの植民地になったまま、65年ずっと続いているんじゃないか。

沖縄なんか、「アメリカから独立した」って言っても、まだこれだけアメリカ軍の基地がある。これは独立していない。だから、アメリカの植民地のままじゃないか。これではいけない。アメリカ軍の基地は、やっぱり、段階的に減らしていかなきゃいけないな。

まあ、そうだね。「3年に1基地ぐらいずつ減らしていて、向こう30年ぐらいで、日本からアメリカ軍の基地は、全部、撤去したい」というあたりが、わしの本音かな。うーん。


<菅さんのお考えで行くと、論理的帰結として、沖縄は中国に取られることになりかねませんが?>

(菅直人守護霊) 
沖縄なんか、私は住んでいないから、どうでもいいんだよ。


<え、どうでもいいんですか?>

(菅直人守護霊) 
だから、沖縄の自治だよ。今は、地方分権の時代ですから、もう沖縄島民の住民投票で、「中国国民になるか、日本国民になるか」を自由に決めさせて、もし意見が割れたら、沖縄を半分に割ったらいいんだよ。



<沖縄を護る気はないんですか?>

(菅直人守護霊) 
全然ないな。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。"^_^"
















[PR]
# by cosmic_tree | 2010-09-19 21:09 | 正しき心の探求!

キッシンジャー博士が時代の潮流を読む!

e0199834_20135055.jpg



中国の覇権主義に対してはディベートで打ち返せ


中国は、「沖縄は、もともと中国の領土だった」などと言い始めましたから、今、どんどんと中国艦隊や圧倒的な漁船団で、沖縄の島に近づいて、実効支配しようとしています。

次は、「九州も、本州も、中国のものであった」と言うかもしれません。そのくらいのことは、彼らは簡単に言いますし、「漢字を教えたから、 国ぐらいもらってもいい」というぐらいのことは平気で言います。

まあ、中国人の言葉は、そのまま信じてはいけないのです。そうとう、脅しも含まれているので、本当は、アメリカ人と同じように、ディベート(討論)をしなければいけないのです。

言われたら、言い返さなきゃいけないのに、日本人は、とても受動的で、言い返せずに、本気に受け取ってしまうところがあるんですね。

だから、中国人を説得するためには、アメリカのように、ディベートをすべきで、言われたら、やはり、ちゃんと打ち返さなければいけないと思うんですね。言われたことに対して、打ち返さなければいけないと思いますね。

日本を一方的に悪だと決めつけて、謝罪外交をさせ続けることは、彼らの軍事拡張の口実にしか使われていないのは、もう明らかであるので、やはり、ここを見分けられなければ、日本の政府当局者は「無能だ」と言わざるをえないのですね。

彼らが考えている覇権主義的な拡張は、やはり、ディベートをして撃ち落とさなければいけないのです。

そういう意味では、日本のマスコミも非常にだらしないと思います。


日本は立場をはっきりさせよ


中国には13億人もの人口があります。世界の人口の5人に一人は中国人なんです。

だから、中国に関しては、完全に排除はできないけれども、「一方的に、他国の権益を侵害するようなことをさせない」という、国際的なパワーは、やはり必要だと思います。

日本は、放置すれば、「一国平和孤立主義」で逃げようとする可能性が高いので、これだと、アメリカからも中国からも、両方から責められ、非難され続けて、自分の居場所がなくなる可能性が、とても高いですね。

やはり、国民に考えを問うて、立場をはっきりさせるべきです。

「例 えば、日本は、アメリカや韓国と一緒に、自由と繁栄を護る体制のなかで未来を構築していく。北朝鮮や中国が、国際法的に見て非合法な攻撃や、他国侵略をし た場合、米韓が合同で防衛し、それを阻止すると言うなら、日本も、協力して、一緒に戦わざるをえない。

そのためには、与野党の枠を超えて、憲法改正をする なり、法律を作るなりして、きちんとジョイン(参加)できるようにする」というようなことを意思決定する必要があります。今、すでに、その段階にきていま す。

あるいは、あなた方が、既にウォーニング(警告)を出しているように、なすすべもなく放置すれば、必ず中国の支配に入っていきます。 そして、オバマさんたちが、アメリカを、だんだんと後退させていって、「もう、アメリカは、軍事的なことには、一切手を出さない」と、今の日本みたいな状 態になる可能性もあるんですね。

ベトナム戦争やイラク戦争、アフガン戦争と、いろいろ戦争をして、戦死者がたくさん出て、批判も出てきているので、「もう戦争はしません」というようなかたちで、引いていくこともないとは言えません。

でも、おそらく、アメリカで民主党政権が8年以上続くとは思えないし、オバマさんが乗り切るかどうかは、ちょっと微妙です。まあ、オバマさんが乗り切らなくとも、ヒラリーさんなどが、あと4年やるかもしれません。

そ れでも、まあ、アメリカで民主党政権が続くのは、8年が限度かなとは思います。おそらく、その次にくるアメリカの政権は、非常にタカ派の政権であり、おそらく、外交的には強攻策をとってくると思うので、この8年間を、日本はどのように乗り切っていくかということが、極めて大事なことですね。

判断を誤ると、日本という国が重大な危機を迎えることでしょう。


日本に左翼政権が続けば、日本が「戦場」になる


だから、ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国、そしてオーストラリアなども含めて、こういうところが連合をきちんと組んでいれば、中国もある程度、考え方を変えざるをえないと思うのです。

だから、これは、鳩山さんの最大の罪だと思うけれども、日本がアメリカから離れていったら、本当に中国の狙いどおりになります。既に今、中国が沖縄の海に進出し、はっきりと領有を主張し始めているではないですか。

万一、その反対の「中日安保条約」みたいなものをつくったら、今度は、本当に、アメリカ側との戦争になり、間違いなく日本が戦場になりますので、極めて危険です。

日本人が、「二度と戦争をしてはいけない」と勝手に叫んでいても、それはあなた方のマスターベーションのようなものであって、攻められて来ても、防 衛戦争を否定するのは勝手ですが、そんな論議はまったく通用しません。確実に国が無くなります。

だから、今、左翼政権が日本で続くことは、私は好ましいことではないと思います。

まあ、日本独自で軍事国家を目指すような行き方をすれば、政治的にはもたないかもしれないけれど、やはり、「ヨーロッパ、アメリカ、韓国などと、よく協調していく」という言い方で、ディフェンス(護り)を固めていくことが大事だと思いますね。

もちろん、沖縄を取らせてはいけませんし、今後、沖縄の離島が取られることを想定した訓練を自衛隊が始めるようですけれど、まずは、その前に台湾ですよ。

ア メリカが引いていって、要するに、「第七艦隊を派遣して戦う意思がない」ということが明確になれば、台湾は完全に取られます。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。"^_^"












[PR]
# by cosmic_tree | 2010-09-19 16:12 | 正しき心の探求!